FC2ブログ
2019 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2019 03

【熟女体験談】熟女とJKに二股をかけてセックスしまくる男

kage

2019/02/08 (Fri)

俺25歳、会社潰れて無職1週間目突入。

JKは17歳、熟女は37歳×1、凸3。

2股疲れた、就職したい。

熟女と出会ったのは昨年の夏。

きっかけはツイッターで、音楽の趣味とか一緒だったから話が盛り上がってアドレス交換した。

1ヶ月くらいメールして一緒に飯に行った。

写メはあらかじめ交換していたんだけど、10歳離れてるとは思えないくらい童顔だった。

その日は飯だけで解散。

髪を撫でるのが好きなんだとか、そんな話した。

で、8月の末にまた熟女と会った。

その時は暑かったせいで熟女の髪が頬に張り付いていた。

少し駅でイチャついた後、喫茶店で茶をしばいた。

アイスコーヒーのグラスが妙にデカかったのが印象に残ってる。

ショートホープ尽きたし、店を出たらお互いに言うでもなくホテル行こうかという感じになった。

エレベーターですげえディープにキスされた。

5年ぶりとの事で、部屋に入るとシャワーも浴びずにチンコを咥えてきた。

生で2回戦、帰りには少し雨が降っていた。

俺はぶっちゃけ、手近に好きなように出来る穴ができたと思っていたが甘かったな。

今にして思えば。

帰りの電車でもう塾からのメールが酷いの。

「処女に戻ったみたいに泣かされちゃった」

とかさ、エロ漫画読みすぎだろうって思った。

飯も奢ってもらったし、モンハンしながら1人で家に帰った。

メールはその後ずっときて、"実は心療内科通ってる"とか"娘に彼氏ができた"とか別に聞きたくない個人情報まで聞かされた。

そんな初合体から2週間に1回くらいで会うようになった。

俺もG級クエ制覇しちゃって休日はやる事なかったしちょうど良かった。

熟女と会う時は昼間から酒飲んでラブホってパターンがほとんどだった。

3回目以降は熟女の中で何かが吹っ切れたのか、露骨にセックスしたがるようになってきた。

だいしゅきホールドこそされなかったけど、ゴムを着けた事は1度もない。

そんな爛れた生活が続くわけもなく。

そして、今月の頭に俺の会社が潰れた。

朝にいつも通り出社したら夜逃げしてたとか信じられなかったけど、とりあえずその日は友達と昼間から飲みにいった。

そのまま3軒くらいハシゴして、カラオケ行ってラーメンを食べた。

俺が

「今37で子持ちの女と付き合っちゅう、というのかな」

と切り出したら友達がベロベロに酔っぱらっていたはずなのに急に真顔になって

「捨てちまえ」

って言ってくるの。

正直、俺ももう面倒になってきていた部分もあったから

「切り時だな」

と言ったら友達に携帯奪われて勝手にメールを送られた。

文面は一言、

「お前とはもう会わん」

男2人で夜中ドクターペッパー飲みながら大爆笑している光景はただならぬものがあったろうと思う。

メール送信直後に電話が鳴った。

熟女からだった。

電話には出なかった。

怖くなって電源切った。

翌朝、恐る恐る電源をつけたら不在着信40件、

「今からこれ飲みます」

というメールに睡眠薬2シートの写真が添付されてたり、


「飛び降りたい」

とかそういう不穏なメール、それからツイッターでも死ぬ死ぬ言っていた。

時間を考えると、眠らず大騒ぎしているらしかった。

で、だ。

その熟女と今度会う事になった。

怖い。

さて、これは熟にはバレていないと思うが、熟と初めて会った日から数日後、俺はJKと知り合った。

JKの認識としては彼氏という事になっているような関係になっている。

JKとは地元で知り合った。

雨の日の夜、仕事帰りにコンビニに寄ったら傘も差さないでグシャグシャの千円札を1枚握り締めて女の子が立っていた。

当時は夏の終わりだったけど、風邪引くと可哀そうだから俺はコンビニで自分のタバコと傘を買ってビショビショのJKに渡した。

犬みたいな顔で喜んで、今度傘を返したいとアドレスを聞いてきた。

帰り道が一緒だったので途中まで送った。

JKが言うには、家族から頼まれてタバコを買いに来たが未成年なので買えなくて途方に暮れていたとの事。

「君はタバコ吸わないの」

と聞いてみたら、案の定

「1本もらっていいすか」

だと。

その2日後、JKからメールが来た。

「夏期講習終わったから、夕方会えませんか?」

との事。

初めて会った時は暗くて気付かなかったけど、その子かなりエロい身体してんの。

(確かフィリピンかマレーシアのクォーターって言っていた)

顔立ちがハッキリしていたし、陸上で鍛えた身体ははち切れそうな小麦色で、かなりそそるものがあった。

傘はそのままJKに進呈し、飯に誘った。

ラーメンを食いにいって、帰り道にタバコを吸っていたら一口くれと言うので、そのままキスをした。

レジェンド・オブ・メキシコだっけか?

ジョニー・デップが娼婦とセックスしてる最中に吐き出したタバコの煙を女に吸わせてむせ込ませるの、あれがやってみたかった。

そんなキスをするとJKは思いっきり照れて

「えっち」

と言った。

その時、あぁ…可愛いなと思って、公園のベンチでもう1度タバコ吸いながらキスをした。

キスというか、口の内側の粘膜を舐め回すような感じで。

夏だったせいで、制服のシャツの上からでもブラが透けて見えて思わず胸も触りながら、俺は8つも歳の離れた女の口をグチャグチャにしていった。

その日はペッティングだけで終わったが、セックスまでいくのはあっという間だった。

1週間後にはラブホ行ってセックスしていた。

彼女は処女じゃなく、短期のバイトしていた時に先輩に食われたらしい。

でも俺は処女厨でもないから特に気にならなかったし、存外濃いアンダーヘアとムチムチに張った尻や股がすげーエロくて、気が触れたようにやりまくってた。

行為はエスカレートして、ローター仕込んだり、深夜の公園のトイレでフェラさせたり、そりゃあまあ、小娘が体験した事のないような事をして手管にしていった。

調教っていうのかな。

ただ、問題がいくつかあった。

まず、向こうは僕を彼氏と認識していたという点。

やたら家に来たがったり、あとは自分の親に会わせたがっていた。

早めに結婚したいんだって。

残念ながら僕は結婚は考えていなくて、使った事のないような玩具に夢中になっていたというだけなんだと思っているという認識のズレ。

それに付随して、彼女の両親がカタギじゃないらしいという話も聞いて余計に結婚なんて考えられなくなった。

そんな風にJKと遊びつつ、熟女とのやり取りもしつつ、夏が終わった。

11月に入り、前述した通り俺の会社が潰れた。

熟女とは別れるという流れになり、27日に会う。

JKとは久しぶりに今日会って、回転寿司食ってゲーセン行った。

就職決まった祝いも兼ねて来月の誕生日にペアリング欲しいと言われた。

俺、そういう状況じゃあないんだ。

正直、ちょっと鬱陶しくなってる。

熟女を切ってJKも切っちゃおうかなと今日なんとなく思った。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: