FC2ブログ
2019 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 04

【熟女体験談】童貞のママさんバレーコーチがときめいた一人の奥さんにセックスを懇願してみた結果・・・

kage

2018/12/29 (Sat)

二十歳で大学生だった頃、高校の部活でバレーをやっていた関係で

友人の母親に頼まれて日曜や土曜にママさんバレーのコーチをしていた。

僕はセンチというバレーをやっていた男としてはチビだったが

県大会位まで勝ちぬくだけの力のある高校だったこともあり

バレーに関しては人並み以上の情熱とプライドを持っていた。

そのママさんチームのエースが才でセンチという長身のみどりさん仮名だった。

体育館での練習で初めてメンバーと会った時、当時のブルマーは今のものと比べれば

まだハイレグ度が高かったが、おばさんのブルマー姿には全く感じなかったが、

みどりさんにだけは胸がときめいてしまった。

練習が終わり、帰宅途中で偶然にもみどりさんと他のおばさん人と

一緒に帰ることになり、おばさん人がそれぞれ途中で別れることになり

最後にみどりさんと二人きりで帰ることになった。

帰る方向が同じということでそんなことがその後、何度か続いた。

夏のある日、いつもどおり帰路で二人きりになった時、みどりさんが僕に

いつも土日の休みの時におばさん相手にコーチして感謝しているということで、

更に今日はだんなは夜勤で帰ってこないので

ひとりで食べるのも淋しいからということで夕飯をごちそうしてくれると言ってくれた。

まだ若い盛りで食べることが何より好きだったし、その言葉に甘えた。

みどりさんの家は僕の家と自転車で分ほど離れた所だった。

手料理のおいしい夕飯のあとでビールを飲んでいけばということで

下戸だったので断わればよかったのだが、みどりさんの好意を断わるのが

嫌だったので無理に飲んでしまった。

中瓶で本くらいだったが、かなり酔ってしまい茫洋とした気分だった。

自分でもどうしていいか分からなかったが、みどりさんが少し横になってから帰りなさいと言ってくれた。

リビングのソファで横になりながら、みどりさんがキッチンで洗い物をしている姿が目に入った。

ジャージ姿のみどりさんだったが、僕はあのジャージの下にはいつも体育館で目にする

セクシーなブルマー姿があると思うと、気分がムラムラしてすぐにペニスが固くなってしまった。

酔いでクラクラしながら僕はみどりさんに近づき、後ろからいきなり抱き締めた。

「僕、みどりさんが好きなんです。初めて会った時からずっと好きでした」

みどりさんは最初は「キャッ、やめて放して―」と声を上げて抵抗したが、

僕の力に勝てないと思ったようで

「分かったわ。だからもう、そんなに掴まないで放して」と言った。

僕は一端、手を放すとはっと我に帰り、そこに跪いてしまった。

そして「みどりさん、ごめんなさい、でも―僕まだ童貞なんです。だから―」

するとみどりさんが「だから何なの」と少し恐い感じで言った。

「だから、お願いだからみどりさんとセックスしたいです」

と顔から汗を流しながら言った。

みどりさんは僕を軽蔑したように見て

「私もう人妻なの」と言った。

「大好きです」と僕は全身が火照り、心臓の鼓動を感じながら言った。

「それにあなたよりも上なのよ、それでもいいの」と聞いた。

「僕、どんなことがあっても今日のみどりさんとのことは誰にも話しません」と言って

みどりさんの両手を強く握りしめた。暫くの沈黙のあと

「さあ立って」とみどりさんは僕を立たせて、いきなり僕の服を脱がせた。

トランクスだけになった時、「今度はあなたが私をパンティ一枚にして」と言った。

みどりさんの無表情さと言うことに唖然としながら

僕は余りに興奮して手が震えていた。

ジャージを脱がせて汗ばんだ黒いブラと紺のブルマーだけの桃色の熟れた肉体が露になった。

どうにもならないくらい僕は頭がクラクラで震えながら

ブラとブルマーをゆっくりと脱がせた。

するとブルマーの下にパンティは履いていなかった。

胸は案外小さかったが、学生時代からバレーをつづけてきたこともあり

余分な肉は全くない引き締まった綺麗な肢体だった。

僕はみどりさんの匂いにうっとりと包まれた。

みどりさんは言った。

「私、夏のバレーの時は履いてない時もあるの。汗であせもができるから。

さあ、一緒にお風呂に入りましょう」と言い、

みどりさんも僕も風呂でスッポンポンになって体を洗った。

どういう訳か僕のペニスは萎えてしまい、みどりさんの裸体を前に緊張しきってしまった。

みどりさんは恥じらいもせずそんな僕を見つめていた。

風呂から上がった後はもうベッドの中ではみどりさんの言うなりだった。

手取り足取り教えられた。

それからは誰にも分からないように逢瀬を楽しんだ。

僕はもうみどりさんにゾッコンの毎日だった。

大学卒業後はママさんバレーのコーチは辞めたが、

その後、一年ほどでみどりさんの夫は亡くなった。

夫はホテルマンだったが、華やかな業界が災いしたのか

みどりさんと結婚後も同僚との浮気を繰り返していたようで

その反発からかみどりさんは僕を吐け口にしたようだった。

子供もいなかったこともあり、僕が結婚してからもみどりさんは

僕を息子か年の離れた弟のように思ってくれている。

最近は僕も大人になったので、会えば必ずセックスということもなくなったが

途中、僕が遠方に転勤になった時ももう彼女から離れることはできなかった。

あの日以来、妻には悪いと思いながらも

僕は今でも月一でみどりさんと二人の隠れ家で会っている


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: