FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

【熟女体験談】職場の垂れたおっぱいの婦人と中出しSEX

kage

2018/12/06 (Thu)

職場の五十路の婦人に中出ししました。

50歳だが、スタイルは良くおっぱいも垂れているが大きい。

俺は中出しする予定だったので、チンポでガンガン突けるように早漏防止のリドスプレーをしました。

五十路婦人のマンコは意外に綺麗で、クン二してあげました。

すぐにびちょびちょに濡れてきて、「欲しい」と熟妻。

生で入れようとすると、

「生はヤバイからゴム着けてちょうだい」

「外に出すから、生で入れたい」

「ゴムは嫌?」

「うん、生がいい。入れていい?」

「約束出来る?ちゃんと外に出してくれる?」

「わかったよ」

「う、うん、じゃあ、ゴム着けなくてもいいよ」

と生入れに成功!

意外に締まりも良く気持ち良いマンコでした。

ピストン運動していると、

「凄く硬くて気持ちいいよ。気持ちいいよ。」と熟妻も感じまくりです。

そのうち熟妻が「あ、あ、あ、イキそう」と絶頂を迎えそうなのに対して、俺はリドスプレーのおかげ余裕がありました。

「もうイクの?!先にイッたら駄目だよ、我慢してて」

「う、うん。。。あ、あ」と熟妻は我慢して悶えています。

それでも我慢できなさそうな熟妻「もう駄目、イッちゃう、、、、」

「絶対駄目だよ、イク時は一緒だよ。我慢してて」と俺はイジメる。

「あ、あ、我慢出来るか、わかんない。。。イッちゃ駄目?」

「駄目、先にイッちゃうなら、チンポ抜くよ」とピストンを止めました。

熟妻は「あん、止めないで、、、イクの我慢するから続けて。。。」と自ら腰を動かしてきました。

俺はその腰を押さえて動きを止めました。

「我慢出来る?絶対に先にイカない?!」

「うん、我慢してるから、突いて。。。」ともう限界そうな熟妻。

ピストン再開すると

「もう我慢出来ない、ホントにイッちゃうよ、イッてもいい?」

だんだん射精感がきてはいたけど、まだ我慢できそうではあったので、「先にイクなら、中にだしてもいい?」とピストンをまた止めました。

「え?!中はヤバイよ。。。外に出して」と熟妻。

「中がいい、中に出していいよね?」

「そんなに中がいいの?」

「うん、外は嫌だから、駄目ならチンポ抜いて止めるよ」と俺も射精我慢して強がってみた。

「え、、、わかんないよ。どうしたらいい?」と泣きそうな熟妻。表情がそそります。

「駄目ならチンポ抜くよ」と本当に少し抜くフリをすると、熟妻は「ちょと待って。。。抜かないで。。。」と腰を密着させてきました。

俺はゆっくりピストン再開しながら「中でいいよね?」

熟妻は「あーあ、あ、もう気持ち良くてわかんないよ。。。凄くいい、イクよ」

俺は「中でいいね?」

熟妻「あ、あ、あーもうイッちゃう、イ、イク」と本当にもう我慢限界で熟妻がイキそうだったので、ここでまたピストンを止めてイジメます。

「このまま中に出すよ」

「止めないで。。。外は絶対駄目?中じゃないと駄目なの?」

「外なんて気持ち良くないよ、俺も気持ち良く中でイキたい」と乳首に吸い付いた。

熟妻は「うん、いいよ」

「本当に中に出していいの?」

「中でイッていいよ、だから早くイキたい、イカせて、お願い、もうおかしくなりそう」

って熟妻がキスしてきたので

俺も中出しに向けて最後のピストン!

すると熟妻が「あー!イ、イク!!」って

膣がビクンビクンと痙攣し中イキしたので俺も射精しました。

終わったあと、熟妻は「中に出ちゃったね。気持ち良くて強く断れなかったよ」とまたキスしてくれました。

「次も中出ししたい」と俺。

熟妻「うん、大丈夫かな。。。いいよ」と了解してくれました。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: