FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

【熟女体験談】ケバいヤリマン義母と居酒屋の個室で座位中出ししてしまった

kage

2018/11/05 (Mon)

妻は結婚後もSEXに対してすごく真面目で
正常位しか許してくれなくて
その上、フェラチオは絶対しない無理だという

何故妻が堅物になったかのには
深い訳があった

彼女の母親が男にだらしながない性格で
妻が幼い時から日中男を自宅に連れ込んでいたらしい

まだ浮気とかSEXとかそういう知識がなくて
単なる母の友達だと思っていたと

でも小2の時に
母が他の男のチンコをしゃぶっている姿を見てしまい
妻は驚いて泣いてしまったらしい

その日の晩、父に昼間見た事を言ってしまい
母の浮気が次々と父にバレて離婚

そして父親に引き取られたと

父親の事は大好きらしいが
今でも妻は自分の母の事を心底嫌っている

絶対母のように淫乱になりたくないと思っていて、
子供の頃にみた母のフェラ姿が
今でもトラウマになり
その反動でSEXに対して物凄く消極的なのだ

それでも妻と仲良く暮らしていたが
夫婦間に亀裂が走る事件がおきた

自分の母を心底恨んでいる妻に内緒で
実は妻の母とSEXしてしまった

妻にバレたら絶対離婚は避けられないとわかっていても
義母に誘われると断れなかったのだ

今年60歳を迎える義母が
俺たち夫婦の自宅にやってきたのは
数ヶ月前

どこから聞きつけたのか

自分の娘が結婚したと知り
住所を調べてやってきたのだ

突然の来訪に驚く妻

そして

「あなたとは縁を切っていますから
もう来ないでくさい」

と冷たく言い放つ義母を外に押して
玄関のドアを締めてしまった

しかし義母も諦めない

ドンドンとドアを叩いてくる

これじゃ近所迷惑になると

「俺がちょっと言って話してくるよ」

と言うと、妻は凄い剣幕になって

「行かなくていいよ!
警察でも呼ばれて捕まればいいのよ」

と心の底から実母を恨んでいた

「でもさすがにこれじゃご近所さんにも
迷惑かかるし10分ぐらいで戻るからさー」

妻をなだめて、外に行き
この時、初めてヤリマンの義母にあったのだ

強烈な香水の匂いをさせ
厚化粧をしたケバい義母

いかにも男好きしそうないやらしい体をしていて
60歳を迎えた今もひと目で現役だというのがわかる

そして娘の旦那の俺にも
甘えるような、色目を使うような態度で
接してくるのだ

「タカユキさぁん、ごめんねー
娘があんなに怒っちゃってぇー」

と自分の事を棚に上げて
男に擦り寄ってくる義母

あまり長話をしても妻が怒るのは目に見えているので

とにかく今は妻は怒っているから無理

そして何からあれば自分に電話してくださいと
義母と番号交換して帰ってもらう事にした

自宅に帰ると冷たい口調で
妻が聞いてくる

「あの人なんだって?」

「まみ(妻)と話をしたいらしいよ
でもとにかく今日は帰ってもらったよ」

「ふん」

妻は結局義母の来訪で
次の日まで機嫌が悪かった

こりゃ相当根深いなぁー
仲良くなるのは無理かなー

俺は呑気にそんな事を考えていたのだが・・・

義母の本当の狙いは妻ではなく
娘の旦那である俺だったのだ

義母がきてから一週間後に
電話があったのだ

夜に時間があるか?
話があると

出来るなら妻と義母は仲直りするのが一番だと思い
妻に飲み会だと嘘をついて
義母と会う事にしたのだ

義母と待ち合わせして

「お酒を飲みながらの方が
リラックスして話せるでしょ?」

と言うので二人で居酒屋に入ったのだ

個室で向かい合うように座ったが
それでもケバい義母の甘い香水の匂いが漂ってくる

まるで男を誘惑するような淫靡な香

そして義母とお酒を飲むことになったのだが
一向に自分の娘である妻の話をしないのだ

最近、何をしたとか
どこへ行ったとか
世間話しかしてこないのだ

俺が業を煮やし聞いた

「まみと仲直りしたいんですよね?」

そしたら義母は意味深な顔をして聞いてくるのだ

「どうなの?上手くいってるの?」

「そりゃ上手くいってますよ」

「そっちじゃないわよ
あっちの方よ」

「え?あっち?」

「そう、夜の方よ
あの子、私がエッチしているとろこに
大分ショック受けてたからねぇー」

「そりゃ誰だって自分の母親が
浮気しているのを見たらショックうけますよ」

「あら?そう?タカユキ(俺)君もそうなの?」

義母が小馬鹿にするようなに見つめてきたので
俺はイラっとした瞬間

股間に衝撃が走ったのだ

びっくりして股間を見ると
義母の足が伸びていて
俺の股間を触り艶めかしい動きで足コキして
チンコをクチュクチュしてくるのだ

「あっ」

「どう?あゆとのSEX満足してないんでしょ?」

悪魔の囁きだった・・・

妻の事は愛している・・・

本当に愛しているが
SEXに関して欲求不満だったのも事実だった

もうちょっと夫婦の営みの時
弾けてもいいなじゃないか?

母のせいで
喘ぎ声を出すのも嫌がる妻

たまに人形を抱いているような味気無さも感じるのだ

そんな折に義母からの足コキ

イラつきも消え失せ
義母のテクニックに
あっという間に射精しそうになってしまう

さすがヤリマンなだけあって義母は
男のイク瞬間をわかっているのだ

イキそうになると足コキをやめて
そして俺の隣に座ってくるのだ

「たかゆき君って素敵ねぇ」

と耳元で囁くように言いながら
股間を撫でられ
そして耳を舐めてくる

「あっだっ駄目ですぅ
おっお義母さん」

「可愛いわねーもっとしてほしいのね
わかったわぁ」

義母は俺の耳、そして首を舐め回しながら
ズボンのチャックから勃起したチンコを出すと
絶妙な手つきでしごいてくる

「だっ駄目ですあっおっお義母さん・・」

「駄目なら逃げればいいじゃない
ほら認めなさい私としたいんでしょ?」

図星だった・・・

確かに逃げようとすれば
簡単に逃げれただろう

頭でわかっているが
体が動かないのだ

このまま激しく義母とSEXしたい・・・

本能が刺激のあるSEXを
求めてしまっているのだ

俺はなすがままの状態で・・・

義母は自分でスカートをめくり
パンツを脱ぐと座位で俺の上にのしかかってくるのだ

口には自分のパンティを咥えて
必死に喘ぎ声を出さないように我慢しながらの
激しいグラインド

妻では絶対味わえないSEXの快楽

全身に電気が流れるような快感を感じながら
居酒屋の個室で座位中出ししてしまったのだ

義母もようやく口からパンティを外し
挿入したままキスをしてきた

「美味しかったわ
タカユキ君のおちんちん」

そう言うと義母は身支度を整え
一人で帰ってしまった

俺はまだSEXの余韻に浸っていた

それから義母は月に数回俺に電話をかけてくるようになった

妻と仲直りする為ではなく
俺とSEXするために・・


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: