FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

【熟女体験談】出会い系で発見した厚化粧のぶりっこメンヘラババアに強引に挿入して犯してやった

kage

2018/11/02 (Fri)

自分を綺麗、イイ女だと勘違いしている
四十路メンヘラババアの投稿を出会い系で発見

「下着姿だけで諭吉2枚お触りはNGでーす」

という狂気じみた投稿だった

こういう馬鹿なメンヘラババアに
乱暴するのが好きな俺はコンタクトをとった

そして会うことになって待ち合わせにきた

写メでは加工しまくってよくわかんねー感じだったが
実物は厚化粧のそこそこ綺麗なババア

でもあくまでそこそこで
すっぴんは酷いだろうなーってぐらいの厚化粧

話を聞くと自称人妻で
援交も、見せるだけなら
浮気にならないからとか勝手なことをほざいている

本当に人妻なのか?

こんなイカれたババアに旦那がいるはずねーだろ

と内心俺は思う

ほんとたまにこういうキチガイのメンヘラおばさんがいる

それでさっそくホテルにいき
目の前で洋服を脱いでもらう

下着姿は可もなく不可もなくって感じの
普通の体型

これで2万って馬鹿かよ

俺は

「さすがにこれで2万はきついでしょ
ちょっとパンツを脱いでよ」

と言うと、

「えーでもー」

と甲高い声で渋っているババア

「だって一万だよ
大学生だって2万だせばSEXさせてくれるんだよ
なのに一万で下着ってせめてパンツも脱いでよ」

ババアもイヤガリながらも
パンツを脱いでくれた

そして、そのパンツを奪い
手に持つとババアの体温の
ぬくもりを保っている

メンヘラババアの目の前で
クロッチに鼻をあてて嗅いでやると
嫌そうな顔をするのがたまらん

脱いだパンツの代わりに、
俺が用意したセクシーランジェリーコレクションを着けさせた

「これ穿いてみなよ」

と言いながら
まずは普通のTバックを履かせる

それから
オマンコが透けて見えるメッシュ素材のエロパンティ

オマンコの部分に穴が開いている
前面Oバックの穴開きパンティ

そしてロリ系のフリフリキュートな
また割れGストリング

最終的に紐の股割れGストリングを装着した頃には

「ハァハァハァ」

と下着ショーで
喘ぎ声をだしまくってる

ワレメの中に食い込んだ紐が
ババアのワレメを微かに広げている

「滅茶苦茶濡れてるじゃん」

ババアの割れ目をこすると
オマンコ汁でかなり濡れている

「あぁんだめ!お触りはNGだもん」

ここまでやってもカマトトぶっているメンヘラババア

「いいじゃん、こんなに濡れてるんだからさぁー」

とまた手を伸ばすと

「だ~め」

と両手でオマンコを隠しぶりっこしてやがる

「ちょっとだけだからさー
いいじゃん」

俺はババアを抱きしめ、強引に手マン

「あぁん駄目っていったのにぃい~
あぁ~もうスケベねぇ~」

メンヘラ婆は腰をくねられてよがっている

よくもまぁ四十路のおばさんが
こんなにアニメキャラみたいな
ぶりっ子できるもんだ

虐めるように手マンすると

「だめぇ~約束と違うぅうう」

と言いながら俺にぎゅっとしがみついてくる

そしてキスをしてベロを突っ込むと
激しく舌を絡めてきてディープキス

「あれ?駄目じゃなかったの?」

「もう意地悪なんだからー
そっちがしてきたんじゃないぃー」

上目遣いで小悪魔アピールしてくる

そんなぶりっ子メンヘラババアを見ていると
前戯なんかするのが馬鹿らしくなる

壁に両手をつかせて
立ちバックで強引に挿入して犯してやった

「あぁ~んもう激しすぎるぅよぉぉ
あぁんそんなに私とエッチしかったのぉお」

馬鹿いってんじゃねーぞ
馬鹿なおばさんのおめーをレイプしたかったんだよ

内心そう思いながら激しく立ちバックピストンして
こいつをさらに虐めてやる

「そっちこそ犯されたかったんじゃねーの?
旦那とSEXしてねーの?」

「はぁはぁはぁ夫ともいっぱいエッチしてるもぉんあぁん」

俺は一旦腰を引き
お尻を突き出し感じまくっている
厚化粧のメンヘラおばさんに聞いた

「本当かよ旦那ってどういうヤツなの?」

「あぁんやめないでよぉー」

「旦那の事教えてくれたら
やってやるよ」

「もうーえっとぉーしょうがないなー
夫は東大で○○(誰もが知る超有名広告会社)で働いてるよぉお」

明らかに嘘

こんなキチガイババアと
エリートサラリーマンが結婚するか!

「えーじゃあ旦那、給料すげーいいだろ
何で出会い系で援交なんてしてるんだ?」

「えっとぉえっとっぉ」

ってババアが困っている

そして俺は腰をふりあげ
立ちバックで思い切り叩きつけ鬼パコ

「嘘だろ旦那が東大なのも
○○で働いてるのも
そもそも旦那もいねええだろおお」

パンパンパンパン

「あぁあああんあぁあああん
嘘っ嘘じゃないもんんあぁあああん」

「そんな会社に勤める旦那の奥さんが
出会い系で援交するはずねえだろおおお
てめー嘘ばっかりつきやがってえええええ」

「あぁああん酷ぃいあぁああん
もうやめてぇえ帰るぅぅあぁあん」

ババアが泣きながらよがっている

もっと泣け泣け叫べよ糞ババア

「お前が東大卒のエリートと結婚できるはずないだろおお」

パンパンパンパンパン

「うっ嘘じゃないもんん嫌ぁあああん」

そして俺はチンコを抜き
ババアをこっちに向かせると思いっきり顔射してやった

「こんなの酷いぃぃいい」

って馬鹿みたいに怒ってないているメンヘラババア

俺は財布から諭吉を二枚抜き取り
投げ捨ててやった

「もういいや俺、帰るから好きにしいよ」

とホテルから一人で出ました

いやー愉快なババアを犯すことができて
楽しいSEXでした


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: