FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

【熟女体験談】中年夫婦でも官能的で情熱的なSEXで新婚時代に戻れる瞬間がある

kage

2018/10/30 (Tue)

妻の江美子も53才になった

お互い五十路超えた中年夫婦になると
夫婦の営みも激減してしまうものだ

しかし、本当にたまにだが
熟れた五十路妻と
官能的で情熱的な営みを結ぶことが出来る日もある

あれは土曜日の朝だった

俺は朝寝坊して起きた

「子供たちは?」

「もう出かけたわよ」

カーテンを開けて朝の陽射しが眩しい。

妻の江美子が寝床の傍に来て

「もう起きる?」

俺は眠い目を擦りながら
エプロンをかけた妻を見つめる。

朝方のエプロン姿の五十路の妻が
何となく色っぽく見える

つい江美子の手を取って
布団の中に引きずりこんでしまった。

「あらッ元気なの?久しぶりのあなたの温もりねッ」

妻は何の抵抗もなく脚を絡めてきた。

五十路妻の唇を久し振りに求めた。

江美子も久しぶりなのかのってくる。

エプロンをはずし、セーターを脱ぎ、
スカートさえも摺り下してくれた。

ブラジャーとパンテイだけの久しぶりの江美子の肢体だ。

江美子の肌の臭いが伝わってくる。

俺は江美子のブラジャーとパンテイーも一気に脱がし
江美子を全裸にして抱きしめてしまった

江美子の豊かな乳房が俺の体に触る。

久し振りに俺のチンポも大きくなってくれた。

「あらッあんたの大きいわね。
久し振りよね」

妻は俺の大きくなったチンポを
美味しそうに咥えてくれた。

「ウウッーー」

熟妻の濃厚フェラで
俺のチンポが益々大きい。

二つの玉をも舐めて江美子は
美味しそうに舐めまわしてくれた

江美子の美脚を大きく広げて
久し振りのご面会。

舌を入れると江美子が仰け反った。

「アア嗚呼ッーあなたあああーー」

誰も居ない我家に妻の強烈な喘ぎ声だ。

五十路の熟した江美子の裸体を舐めまわした。

もう俺のチンポがいきり立ってる。

江美子を蟹状態に脚を折り曲げて静かに挿入した。

久し振りに妻の体の中への挿入だ。

「アァウウッーー」

江美子は顔を横に向けて俺のチンポを入れ込んでくれた。

おもむろに腰を動かしてのピストン。

江美子の体が微妙に動く。正常位でしっかりと抱き合った。

「こんなのって久し振りよね。
もっとしっかり抱いてッ」

妻が背中に回してる両手に力を入れてくる。

今度は腰を浮かせてのバック。

江美子の後ろから挿入してツキ捲る。

「アア~~気持ちいいわ~~」

髪を振り乱して腰を揺らす五十路妻

乳房を両手で押さえて逆体位。

寝室の中での妻江美子との久しぶりの和合

お互いの体を弄り合い、久しぶりの激しい交尾だ。

「おいッ、俺もうイキそうだよ~~」

「いいわよ、私も一緒にイクわよ~~~~」

江美子の甘美な超え

再度、正常位にもどっての結合。
しっかりと江美子の子宮の中に嵌りこんだ俺のチンポ。

激しいデープキス、お互いの裸体の擦り合い、
嵌りこんだチンポの動き、全てが和合して、

「アア~イクわ~~」

絶叫をあげて果て捲る、妻江美子。

「ウウッ~~~」

ついに妻江美子の子宮に大量の愛液を生で射精してしまった

暫くは結合したままお互いに重なり合っていた。

妻江美子とのデープキス。

お互いの目と目が合った。

「こんなのって久し振りよね。あなたも元気で安心よ。
たまにはまたしてよね。お風呂入れて来るわ}

江美子は全裸で風呂場に行ってお湯の栓をひねって戻ってきた。

再度、俺の布団の中に入ってきて体を絡めてきた。

妻江美子の全裸の温もりを思う存分抱きしめた。

そして一緒にお風呂に入った。

江美子は俺の全身をしっかりと洗ってくれた。

俺も江美子の全裸の肢体をしっかりと洗ってあげた。

勿論何度もお世話になっている妻のオマンコも

江美子が「どっか食事にでも行きましょうか?」

激戦を交わした江美子が化粧を終わってから、
俺と一緒に近くのファミレスに食事に出た。

久し振りに手を繋いでの外出

江美子は俺の腕にしっかりと纏わり、
さっきの激戦の余韻を示してくれた。

五十路の江美子と新婚時代に戻ったように
二人でデートしました

お互い50歳を過ぎましたが
たまにこうやって昔に戻れる瞬間が
今でもあるんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: