FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

【熟女体験談】「エッチしてもいいよ」と枕もとで言ってきた美人なママと近親相姦

kage

2018/10/24 (Wed)

勉強よりもエロに夢中な高校生の僕

勉強しようと机にむかうと
ついムラムラしてきてチンコを触って
シコシコとオナニーして
ドピュっとザーメンを放出すると
疲れて爆睡

そんなルーティンを送っていると
たちまち勉強ができなくなり馬鹿になる

おかずは、もっぱらエロ本で
2階の僕の部屋の、押入れのダンボールの中に
3冊ほどオナネタのエロ本隠してる

この三冊のエロ本だけは
何回抜いてもオナネタになる
最高のエロ本なのだ

そんなある日、事件が起きた

最高のオナネタのエロ本が
3冊ともなくなったんだ

僕は、ママが犯人と見た

押入れを開けるなんて、ママしかやらない

秘密を暴かれてショックだったよ

僕さ、ママにメールしたよ。

「友達から借りた雑誌、
持ち出したんなら返して。友達に返さなきゃんらない」って。

そしたら次の日、もとに戻ってた。

まったく、油断もすきもあったもんじゃない

これは最高のエロ本なんだぞ

勝手に捨てるとはけしからん!

そして、あれはたしか秋だったな。

パパが出張で不在の夜だった。

もっと重大な事件が起きたんだ。

雨が降ってて、風もあった。

いつものように勉強しようとするも
ムラムラしてきたところだった

ノックの音。

「けいちゃん、ごめん。入っていいかしら」

「いいよ」

パジャマ姿のママが入ってきた

「けいちゃん。あのね、今日パパのベッドで寝てくれる?」

哀願するような目。

「がたがた音がして怖いの」

「がたがたは風の音だよ。大丈夫だよ」

「お願い。寝てくれるだけでいいから」

「わかったよ。勉強済んだら下に行くよ」

「ありがとう、怖いから早く来てね」

約30分後、パジャマに着替え、枕を持って下りた

階段を下りながら、オナニーしていないのに気付いた

もし我慢できなかったら、
こっそり部屋に戻ってオナニーしよう

親の寝室に入る

枕もとのスタンドの電気がついてる。

「あ、けいちゃん」

「横で寝ればいいんでしょ」

パパとママのベッドはくっついて並んでる。

パパの布団にもぐりこんだ。

「明かり、つけたままでいいかしら」

「いいよ、おやすみ」

「おやすみなさい」

静かじゃないか。
がたがたなんて音なんてしない。

雨の音だけじゃん。

やっぱりオナニーしたいなあ。

寝返りを何度も打つ

なんか勃起してくる。
ここでするか。

すると、いきなりママが声をかけてきた。

「けいちゃん、眠れないの?」

「大丈夫だよ、寝れるよ。ママこそ寝なよ」

「おやす、み」

「おやすみー」

でも5分後。

「けいちゃん」

「何だよ、うるさいな」

「こっち見て」

淡い光の中で、ママと目が合った

いつものヘアキャップをかぶってない。

セミロングのまま

ノーメークですっぴんだけど
まだ41歳なので、そこそこきれいな美人ママ

薄い黄色のパジャマのボタンが2つ外れている。

白いふくらみの一部が見える。

「けいちゃん?今でもあんな雑誌、見てるの?」

そのことか

勉強に差し支えるってか?

お説教はごめんだぜ。

「女の人の裸に興味あるの?」

「あれは預かってるだけ。友達から隠しといてくれって言われてさ」

とっさについた見事な嘘。

ママがすり寄ってきた

もういいよ、説教は放っといてほしい。
僕、顔をそむけた。

「ママじゃだめ?」

「え?」

「ママの身体だったら、自由にしていいのよ」

つばをのんだ

何てこというんだ、ママ。

自由にって、何のこと?

ママは僕の右手をつかむと、パジャマの中に導いた。

生まれて初めて、乳房に触れた

柔らかい生パイ

手のひらがときどき乳首に触れる。

何て心地よい感覚

めまいがしそう

女の乳房がこんなとこにあったなんて

欲しくてしかたない女の乳房が、こんなすぐそばに

「けいちゃんが心配なのよ。
女の子にいたずらとか、しないかって」

ママがつかんだ僕の手は、下半身に導かれた。

ママの恥丘の毛に触れる。

「心配なんだから」

もしかして、美人ママと母子相姦セックスできるの?

セックスさせてあげるって言ってる?

「ママですっきりしても、いいのよ」

つばをごくっと飲む

ふるえながら深呼吸。

でもそれって、母子相姦じゃ・・

そんなの許されるわけがない。

でも、オマンコにチンコを挿れてみたい!

どんな感じなんだろう

どんな快感なんだろう

女としてのママには興味ないけど、
童貞の僕はとにかくマンコに挿入したかった

挿入と射精しか頭になかった。

抱きついた。

「挿れてみる」

ママが導いてくれた。

にゅーるん。ニュッ!

これなの?
これがおまんこなの?
これが挿入なの?

すっげー気持ちい。
自分が消えてなくなる感じ。

「あぁっ・・・あぁあんっ」

ママがエロい声を出す。

すっげー

生のあえぎ声だ

女の喘ぎ声、初めて生で聞いたよ。

頭の中真っ白

もう、すぐにオマンコ射精。

セックスって最高

エロ本に書いてある通り、
セックスって気持ちいいってことがわかった

その夜から、ママのとの母子セックスにはまってる。

ほぼ毎日母子交尾している

学校から帰ってきたらすぐにベッドインてこともある

ママと早く母子相姦セックスしたいから、
友達からの誘い断ることもあるよ

ところで最近ママ、僕が帰ったらこんなことを言うようになった。

「先にシャワー浴びてね」

それにこんなことも。

「ガールフレンド作るの禁止よ。
けいちゃんには、ママがいるんですからね」

ママは嫉妬深く独占欲が強いらしい

これは当分、彼女もできなくて
ママが僕のSEXパートナーなんだろうなーって思うと
若干将来に不安を覚える僕でした


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: