FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

【熟女体験談】泥酔した母を近親相姦睡姦レイプをした息子

kage

2018/10/17 (Wed)

チャンス到来しました!

最初はびっくりしましたが
気を取り直して母を犯しちゃいました

まさか、父さんの留守中に
こんなラッキスケベが転がっているとは
思いもしませんでした

これもすべてお馬鹿な母さんのお陰です

といっても母子相姦してしまったので
今、こうして書き込みしていても
チキンな俺はかなり心臓がバクバクしているんですがね

でも父さんに知らなければ・・・
母さんがこのまま気づかなければ
大丈夫だと思います

昨夜の事です

雨降りの中、
母さんが同僚の方3人で帰宅しました

歓送迎会が終わり酩酊状態の母さんを
タクシーで送ってくれた訳です

千鳥足でリビングに入って来ましたが、
洋服がずぶ濡れです

午後9時ごろで、僕はテレビを見ていました

母さんの酒癖は慣れていますので
気にしていません

ガチャンと浴室から音がしましたので、
僕は様子を見に行きました

ガラス戸に寄りかかる母さんが映し出されていました

僕が呼んでも母さんから返事がありません

シャワーの音だけが

僕は、心配して
ガラス戸を押して何とか開けると
泥酔した母がシャワーを浴びて
のぼせたのか

そのままぶっ倒れていたんです

そして、ずぶ濡れの母さんを引き摺りながら、
何とかリビングに運びました

その時は、必死でしたので淡々と
母さんをソファーに寝かす事が出来ました

浴室からバスタオルを持って母さんを見た時は、
その時は、ただ母の介抱に必死で
目のやり場に困りました

やはり母親でも女性の裸体ですから、
男として意識しますよね

10数年振りに見た母さんの裸体は、
まだまだ男を引き付ける十分な裸体でした

僕は、罪悪感からリビングの照明を消して、
薄暗くしてから身体を拭き始めました

すでに、僕は母の裸体に勃起しています

ただ、母さんが目を覚ますのではないか、
とても心配でした

結局、僕に悪魔が乗り移り理性はすでに皆無です

黒ずんだ乳首を咥え舌で愛撫を始めると、
指は自然とオマンコを弄って
爆睡している母に睡姦しはじめんたんです

オマンコは、乾いていました

母さんの両足を大きく開げてオマンコ鑑賞!

どす黒く、肥大し変形したビラビラが
目に飛び込んできました

僕は、夢中で母のオマンコを吸い上げ舐めまわし、
クリを責めました

母さんは、マグロ状態で反応はありません

我慢の限界はすでに来ていましたので、
僕は部屋からコンドームを持って来て装着しました

母さんの両足を抱えオマンコに挿入しました

他の女性と違った暖かいオマンコで
男根が包み込まれるな

そんな気持ちです

僕は、早漏ではなく女性に対して僕は、
遅漏で自信がありましたが

母とのSEXは興奮の為が全然違うんです

でも、5分程で早漏射精してしまったのです

母さんの小さい喘ぎ声と開いた唇

母さんの善がり顔

恥ずかしい事で、
自分の意思に反して
母子相姦という禁断の行為に興奮しすぎて
射精してしまいました

言葉で言い表す事が出来ませんが

今でも、あの時の母さんのよがり顔は
脳裏に焼き付いています

僕は、母さんを全裸のまま寝室に
運び布団を掛けて自分の部屋に戻りました

そして、母に夜這いレイプして
母子相姦した事を思い出し
もう一発シコシコと手淫をしてしまいました

そして翌日、母は何も覚えていないのか

二日酔いで物凄く辛そうにしているだけで
息子の僕が睡姦レイプした事には気づいていないようで
安心したのです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: