FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】巨大乳首にホイップクリームを塗り突き出してくる痴女なクレープ屋のおばさんと激しくピストンSEX

kage

2018/10/03 (Wed)

田舎から東京の大学に進学するために上京して
一人暮らしするようになった

俺が住む街は大学に行くには
ちょっと電車が不便な場所だけど
家賃も安くて、少し寂れた商店街もあって
住むには便利な場所だった

一ヶ月もすると一人暮らしにも慣れてきて
自炊するために近くの商店街に行き
スーパーや八百屋で買い物をしていたんだが
少し寂れた商店街には不釣り合いのクレープ屋さんがあった

外装は若者向けに明るい色をしているが
40代ぐらいの太ったおばさんがエプロンして
一人でお店を切り盛りしていた

ほんと普通のオバちゃんって感じで
クレープ屋よりも八百屋の女将の方が
似合っている風貌をしていた

店は学校帰りの学生達や子連れの若いママさん達が
買っていてそこそこお客は来ていた

実は俺は甘党なので、ちょくちょく買い物帰りに
クレープを注文していたんだが
人懐こいクレープ屋のおばさんで

客が俺しかいない時などは
親しげに話しかけてきて

「大学生なの?」

「ちゃんとご飯食べる?」

クレープ屋さんをやっているのに

「甘いものばっかり食べてたら
病気になっちゃうわよ!」

なと色々お節介を焼いてくれる

一人暮らしを初めて一ヶ月ぐらいで
大学にもまだそこまで親しくない
友人が数人いるだけで孤独だった俺には
おばさんのお節介が嬉しくて

ついつい足繁く通い
おばさんとどんどん仲良くなり
軽口を叩くようになっていった

それでお互いの事を話して
俺はおばさんの事も詳しくなっていった

クレープ屋さんのおばさんは結婚していて
旦那さんは普通にサラリーマンをしているらしい

元々はここでおばさんの両親が和菓子屋だったけど
売れなくなり、そして両親が他界して
締めるつもりだったけど

おばさんは昔から洋菓子屋さんするのが夢だったらしく
クレープ屋さんを開く事にしたんだとか

「おばさん夢かなってよかったね」

と言うと

「ほんと、そうよ~
夢ってね、願い続ければ叶うのよ~」

っておばさんは言ってくる

「えー本当かなー?
願い続けるだけで叶うって嘘でしょー」

他に客がいなかったので
俺はクレープを食べながらおばさんと会話していた

「そうよーだって願い続ける事って
難しいのよ~マサル(俺)君も5年とか
10年とかずっと願い続けてる事ある?」

そう言われれば確かにないのだ

子供の時はパイロットやサッカー選手や医者など
色んな夢があったが
今でもその夢を遠い昔の話で
今は何の夢の無い大学生になっている

「ほらね、願い続けるのって
皆が思っている以上に大変なんだから!」

とクレープ屋さんのおばさんは
エッヘンとした顔をした

確かにおばさんの言うとおり
同じ夢を願い続けるってのは難しいものだ

そして大学生の俺が今更何か夢を持ったとして
その夢を持ち続ける事が出来るだろうか・・・・

おそらく無理かもしれない・・・
いや、無理だろう

そう思うと夢の無い人生だと
俺は鬱になる

結局その日はおばさんの言った言葉が
離れられなくて寝るまでずっと考えていた

そして、翌日

大学帰りにいつものように商店街に買い物に行き
クレープ屋の前を通るとおばさんが

「マサル君!」

って声をかけてくる

まだ昨日の言葉が引きずっていて
気分は重かったが

おばさんには暗い顔を見せたくなかったので

無理やり笑顔をつくって

「今日は何にしようかな?」

って言うと
おばさんは俺の心を察して

「ちょっとそこの扉から中に入ってきなさい」

と言ってくるのだ

俺はおばさんの言うとおり
クレープ屋さんの中にはいると

おばさんはすぐに片付けて
店じまいしてしまったのだ

「おばさん、閉めていいの?」

と俺がいうと

「うん、今日はいいの!
昨日の私の言葉でマサル君
落ち込んじゃったんでしょ?
夢の事で」

「うん・・・おばさんみたいな
素敵な夢が欲しいと思ったけど
俺には一生持てないかも・・って思って」

そう言うとおばさんは

「フフフ」

って笑い

「馬鹿ねー夢が叶ったからって
幸せになるとは限らないのよー
そりゃ私はクレープ屋さん開けて嬉しいけど
売上だってそんなにないし
毎日大変で、旦那からはお店閉めたら?
って嫌味を言われるんだから!」

「え?そうなの?」

「そうよ!幸せと夢は別なのよ!」

そうか・・・別に夢を持たなくても
幸せになればいいんだよな・・・

「おばさん!ありがとう
俺、元気でたよ!」

お礼をいって帰ろうとすると
おばさんは俺の腕をギュっと掴んでくる

「ねぇ、マサル君」

「なんですか、おばさん」

「ここでちょっと待っててくれる?」

と言うと奥の方に一人で消えていった

そしてほんの2,3分まっていると

なんとおばさんは上半身裸で
デカイおっぱいを露出しながら

手にはホイップクリームが入った
ビニールをもってきたのだ

「おっおばさん・・・」

俺はびっくりしていると
おばさんは自分の巨大乳首に
ホイップクリームを塗り

「ほら、これが幸せの味よ
舐めてごらんなさい」

と俺の腕を掴み
ホイップクリームつきの乳首を突き出してくる

す。。。すごい・・

デカパイホイップクリームの女体盛りだ・・

圧巻だ・・・

甘党の俺はおばさんのクリームおっぱいに
むしゃぶりつくのだ

「あぁ~そう、マサルくぅ~ん
これが幸せの味よぉ~
どう?私のおっぱい甘くて
優しい味でしょぉ~」

「はぃ、おばさぁん
甘くて優しくて幸せの味がしますぅうう」

俺はおばさんのムチムチな巨大おっぱいをなめまわし
クリームが無くなると
今度はおばさんは自分の口にクリームを注ぎ

口移しでベロチュウしてくるのだ

ネチャネチャとクリームの甘さと
おばさんの涎が混ざりあい
媚薬のように俺は興奮させる

チンコはすでにギンギンで
おばさんはベロチュウしながら
俺のチンコをズボンの上からさすってくる

そして店舗兼自宅の店内の奥に連れいていかれて
畳が敷かれた居間の上で俺が仰向けで寝ると
おばさんは俺のズボンとパンツを脱がしてくる

俺のチンコは天まで届くような勢いで
そそり立つように勃起していて

おばさんは俺のチンコにホイップクリームを
ビニールから渦巻くように出し

そしてフェラチオしてくる

おばさんの口周りがクリームで白くなりながら
激しい舌使いで亀頭責めしてくる

「あぁ~このオチンポは幸せの味がするわぁ~
凄い、凄いおちんぽだわー」

と舐めてくる淫乱おばさん

クリームのヌルんと
おばさんの涎と舌使いでニュルンがMIXして
最高に気持ち良いフェラチオ

今度は俺がお返しにしてやりたいと

おばさんのスカートとベージュのデカパンを脱がし
濃いボーボーマン毛とデカマンコに
ホイップクリームを塗りたくり

そしてマンぐり返ししてクンニしてあげたのだ

「あぁ~凄いよー
おばさんのオマンコも凄いエロくて
幸せな味がするよおおお
俺は、おばさんのオマンコの味
大好きになっちゃたよぉお」

「マサル君、嬉しいわぁ~
私、幸せよぉお~」

と自ら俺がクンニしやすいように
足を思いっきり広げてくれる

そしてそのままマンぐり返ししたまま
突き刺すようにおばさんのオマンコに挿入して
ドッキングした

「あぁ~幸せ~
若くて元気なオチンポが入って
私、幸せだわぁああああああ」

「俺も凄く優しくて素敵なおばさんの
エロいおまんこにチンコが挿れられて
今、俺は凄い幸せを感じているよぉおお」

お互い多幸感の中
激しくピストンして

たまにホイップクリームを口移しキスをしながら
愛し合い

正常位でギュっと抱きしめながら
俺はおばさんとSEXしたのだ

最後はおばさんの口の中にちんこをつっこみ
口内射精すると

おばさんは大量に出たザーメンを

「ごっくん」

と精飲してくれた

「これも私にとって幸せの味よ!」

とお茶目で下品な事をいう
クレープさんの素敵なエロおばさん

そんなおばさんが可愛く見えて
セックス後もイチャラブしあっていると
おばさんは言ってくるのだ

「幸せは案外身近なものにあるのよ
マサル君もそれに気づいて、大切にすれば
幸せになれるわよぉ~」

と俺の乳首を指で
こねくりまわしながらいってくる

「あっおばさん。きもちいぃ
あっそうだね、おっおばさん
今の俺の幸せはおばさんの存在かも
あぁ~~ん」

と言いながら乳首責めに悶絶すると
おばさんは嬉しそうに乳首舐めをしてきて

もうあなたを離さないわよ

といわんばかりにまたバキュームフェラをしてきたのだ


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: