FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】70歳風俗嬢とSEX出来るか友達と10万円を賭けてみた結果・・・

kage

2018/10/02 (Tue)

俺が70才を過ぎた古希のお婆さんとSEXしたのは
10万円の為だった

友達の家で野郎だらけで
数人集まってgdgdやっていた時
松村が

「うおーすげー70歳の風俗嬢がいるぞ」

ってスマホを見せてきた

皆は70才の売春婦を見て

「スゲー」

「金払ってお婆さんとSEXする変態なんかいるのか?」

「こっちが金貰いたいぐらいだよ」

「いや、金貰っても俺は無理だなー」

みたいな事を言い合っていて

俺が

「10万円くれるなら
俺はこの婆さんとSEX出来るわー」

って流れで言ってしまった

冷静に考えると10万貰っても
このヨボヨボの婆さんじゃ
勃起する自信はないが

つい言っちゃった訳

ノリで全然思っていない事言う時あるでしょ

そんな感じで言ったら

「まじかよ
ぜってー嘘だろー
本当にこのババアとヤレルなら
10万やるよー」

って言ってきて

何故か俺もムキになっちゃって

「おう上等じゃねえか!
ガチで10万くれるならやってやるよ!」

「ほんとうか?
じゃあ嘘だったら罰金10万もらうぞ!」

「いいよ!でもしたら
絶対10万くれよおお!」

「いいよ!やるよ
10万やるよおおおお」

って今考えるとほんと馬鹿みたいなんだけど
お互いムキになってヒートアップしてしまった

途中で

「なんちゃって~」

みたいな感じの流れに持っていけばよかったのに
ダメだね

意地になっちゃってた

それで10万払う宣言した松村が
さっそくその70才のババアいる
風俗店に登録して予約してるの

ここいらで俺はヤバイって冷静になった

でもやっぱ辞めたって
言える雰囲気じゃないし
オロオロしていると

松村はニンマリとした笑みを浮かべて

「14時間に○○駅の○○ホテルに来るから
そこで待ってろよ」

って勝ち誇ったように言ってくる

でもここでオイラは思いつく

財布に金が全然入ってないことを

それで俺は

「今、財布に金ねーぞ!」

って言うと
小憎たらしい松村が

「そうだな
風俗代は皆でカンパするわ
一人3000円でいいかな」

って言うと
友達も面白そうだと
財布から財布を取り出して

15000円があっという間に
俺の手に握られる

そして松村は言ってくるのだ

「ハメ撮りは無理だろうから
ボイスレコーダーでSEX中の喘ぎ声を
しっかり録音しとけよ
録音しなかったら罰金10万なら
SEX出来なくても罰金10万だから」

と言いボイスレコーダーを手渡してくる

勝負する前から
俺は負けた気分

でももう予約しちゃってる訳で
引くこともできずに

70才のデリヘル風俗嬢がくる
ホテルに行く事になった

それでホテルについて
古希老婆のデリヘル嬢を待っていたが

風俗に行くのにこんなに
鬱になった事はない

ヤベーどうしようーー

10万の罰金払うのか

どうしよう・・・

70歳のババアとSEXの事と
10万の罰金の事で
俺はベッドに転がりながら
滅茶苦茶落ち込んでいた

それで10分後ぐらいかな

チャイムが鳴った

玄関の扉を開けるのが恐怖でしかなった

俺は一応ボイスレコーダーのスイッチをONにして
扉をあけた

そしたら皺だらけの中肉中背の
厚化粧をしたお婆さんがたっている

「指名してくれてありがとね」

って笑顔でいいながら
普通に婆ちゃんが家に遊びにきた感じで
部屋に入ってくる

化粧して無理やり若作りしてるけど
やっぱり婆ちゃんなんだよ

70才だとどんなに若作りしても
婆ちゃんにしか見えない

こりゃ絶対無理だああああ

10万円さようならああああああああ

って絶望の気分

古希の婆ちゃんはスローな動きながら
風呂に湯船を張ったり準備をしている

俺はどうしたらいいかわからない

馬鹿みたいにウロウロしていると
婆ちゃんが

「さぁお風呂に入ろうかね」

ってのんびりした口調でいってくる

「いや・・でも・・」

「なんだ、あんた童貞かい?
私が一人前の男にしてやるよ
ほら脱いで脱いで」

と婆ちゃんが俺の服を脱がそうとしてくる

ちなみに俺は童貞でもないし
5人の女とSEXした事ある

「いや自分で脱ぎますよ」

「いいから、いいから私にまかせて」

って婆ちゃんがズボンとパンツを
強引に脱がしてくる

そしてぽろりと出来てきたのは
インポみたいに勃起する気配の無い
フニャチンコ

「あら、全然勃起してないじゃないの
あんた緊張してるのかい?
しょうがないね」

っていいながら
婆ちゃんが突然俺にキスしてきた

「ちょっとちょっとまって」

「あら今時めずらしいウブな男の子だね~」

と言いつつ婆ちゃんはまたキスしてくる

口臭とかなかったが
古希老婆とのキスはメンタルがやられる

ますます俺のチンコは元気なくなるも
婆ちゃんに俺の腕を掴んで
風呂場に連れていかれてしまう

そしてデリヘル婆さんはワンピースを脱ぎ
下着姿になるが

まぁ見事なまで崩れている

シワシワの腹で
ブラジャーを取ると垂れて萎んだおっぱいに

マンコは剃ってパイパンだったが
真っ黒なビラビラでグロテスク

逃げたいけど
今逃げたら婆ちゃんを傷つける事になる

相手はプロの風俗嬢だけど
70才の老いたヨボヨボのお婆さんを目に前にすると
酷い事ができなくなる

もう腹をくくるしかないと思い
俺は婆さんの顔をみないように
目を閉じる事にしたのだ

婆さんに体を現れながら
チンコを触られると若干チンコが元気になるが

「ちょっと大きくなってきたかなぁ~」

という婆さんのしわがれた声で現実に引き戻される

結局ろくに勃起もせず風呂場を出て
ベッドに仰向けになる俺

「私に任せてればいいからね」

と言われて

目を閉じている俺に
婆さんがベロチュウしてきて
そして全身リップしてくるんだが

婆さんの涎が俺の全身に塗られていると思うと
チンコが勃起するどころか
さらに縮まっていく

「あらーあんた全然勃起しないねー
こんなに私が頑張っているのぃいい」

と若干イライラくるお婆ちゃん

そして婆ちゃんはフェラチオしてくれたんだが
正直全然上手くないし

「ほれ、しっかり立たせんかい」

と婆さんはどんどん怒ってムキになっていっている

俺だって婆さんに恥をかかせたくないから
何とかエロい事を考えて勃起させようとしたけど

無理なのものは無理!

そして、意地になっている婆さんが
愕然としる行動をとったのだ

俺に馬乗りになって
フニャチンをつかむと騎乗位で
挿入しようとしてくる

「ちょっとお婆さん、本番ダメなんじゃないの?
それにゴムもつけてないじゃん
ヤバイって」

「何がヤバイっていうんだよ
立たないオチンチンのがヤバイでしょ
あんたは黙って寝てなさいいい」

って婆ちゃんなんか激怒してるの

70才の高齢者デリヘル嬢だから
本番アリかもとは思っていたが

でもさすがに生ハメする覚悟はしていなかった

正直超怖い

70才の高齢者風俗嬢と生ハメするって
どんな病気もってるかもわからないし
性病になったら大変だ

もう恐怖しかない

「お婆さん、ちょっとゴムはつけようよ」

「何いってんの
こんな元気のないチンコじゃ
ゴムだってつけられないじゃな
ほら特別だよ、私がイイっていってんだから
あんたは寝てなさいいい」

って自分のマンコに唾つけて
婆さんがガリ股になって
フニャチンを無理やり挿入されてしまった

これがAVなら「恐怖の老婆逆レイプ」というタイトルが
つけられているだろう

婆さんはグラインドしてくるんだけど
やっぱりフニャチンのままで
スポンで抜けてしまう

「なんなのアンタ!やるきないの?
全然ダメじゃない!」

「すいません・・・」

「すいませんじゃないよ
あんた冷やかしかい
冷やかしだろ!
ほんと失礼な男だね!!!!」

って婆さんはようやく俺から離れると
いそいそと洋服を着て

「もう指名しないでねええ!!!」

って怒って帰ってしまった

結局一度も勃起せずにフニャチンのまま完敗

超惨めな俺は泣きたくなり
自暴自棄な気分になる

俺は精神異常者のようにフラフラになって立ち上がり
洋服を着て友達の家に戻る事にした

そしてボイスレコーダーを受け取った
友達は最初は笑って聞いていたが

婆さんが怒りながら生で挿入しようとしたところで
笑い声が一切なくなり
婆さんが怒って帰ったところで松村が録音をとめて

「なんか・・・・ごめんな・・・」

って謝ってきた

余計惨めになる俺

俺も必死に笑顔をつくって

「いや・・俺の方こそごめん・・・」

と松村と友情が深まった

ってな事はあるわけない

ただ微妙に気まずい空気が流れて
お開きになって解散した

その後、誰もこの話題には触れずに
暗黙の了解でダブーになってしまっている


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: