FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】SNSで仲良くなったエロい素人デブおばさんと短い時間で激しくSEX

kage

2018/09/23 (Sun)

SNSでデブで痴女な
素人熟女と仲良くなりました

どうやら露出フェチな人妻のようで
会う前からライブチャットでオナニーを見せてくれたり
かなりエロい素人デブおばさんでした

そんなスケベなデブ人妻さんでしたが
ご主人とはすっかりSEXレスだというんです

こんなエロデブスケベなババアなら
いくら抱いても飽きなそうなのに

旦那は違うらしい

それで浮気したけど
車の免許を持っていないし
狭い土地で地元だと顔見知りに会いやすくて

とても浮気なんて出来ないと
いつもこぼしていました

そしてあるときいつものように
メッセで話していると

ご主人と東京に来る事になったということで
東京には僕という知りあいもいる事だし

どうにかして、
エッチな事をしてみたいという話になった

でもこちらに来るとは言っても
主人と一緒だから無理かな?

と淫乱デブおばさんは
若干諦め気味だったのですが

話を聞いてみると2泊するホテルも
決まっているということだったので
考えた末ある提案をしてみました

それは同じホテルに僕が部屋を取り
ご主人のスキをみて、こちらの部屋に来て
エッチしようと言うものでした

しかし、必ずしもチャンスがある限らないので
場合によっては僕がホテル代だけ払って
待ちぼうけの空振りという危険もありましたが

そんな不安は、ご主人同伴で旅行中の
デブ人妻さんを抱けるかもしれないと思った瞬間に、
僕のスケベパワーが不安を完全無視しました

「もしもの時悪いし」

というデブおばさんに、
それだけ抱きたいって事だよと言うと

「なんかうれしい」

と寝取り作戦OKのお返事

そして・・・僕はと言えば、

早速翌日には向こうの日程に会わせて休暇を
とってホテル予約!

この辺スケベパワーのなせる技

デブ人妻が東京にやってくるのを
ワクワクしながら待ったのです

そしてとうとう
欲求不満なデブ人妻が東京に来る日がやってきました

夕方着の人妻ぽちゃさん待ちで
昼からホテルへINして待ちかまえていましたが

予定の時間より早く
15時頃ホテル入りのメールが有りました

夫婦の部屋は6Fで僕の部屋は5Fです

到着のメールが来てからは
もうドキドキです

でもさすがにすぐは来ないよね

と思っているとメールから20分後なんと
スケベなデブ人妻は
こっそりご挨拶に来てくれました!

いつもはWEBカメラごしに見て
欲情していた豊満な体が目の前に

ご主人との久しぶりの旅行に着てきた素敵な
ブラウスの胸元から覗く胸の谷間

スカートを押し上げるムッチリとした
熟尻どれもがたまらなく僕を欲情させました

部屋の扉が閉まるか閉まらないかのうちに
デブ人妻をハグして、首筋にキス

それだけで甘い吐息をもらす敏感熟女

顔をこちらに向けたデブ人妻に
キスをすると唇が開きうごき出す甘くやわらかい
舌の感触に下半身はガチガチに勃起していました

たまらずにデブ人妻の腰に
回した腕を引き寄せて硬くなったペニスを
彼女の下腹部に押し当て片手で
彼女の尻肉を鷲づかみにしました

興奮で体をふるわせながら体をずらし
僕の下半身に指をはわせ

「すごい」

と押し当てられた物の硬さに
陶然とする淫乱デブ人妻

時間あるの?と聞くと「今はあまりないの」

というデブ人妻を入り口近くのイスに座らせると
デブ人妻の目の前でズボンのチャックを降ろし
勃起した物を取り出して見せました

「すごい大きい」

とつぶやくとまるで当たり前のように
唇をよせ先端に舌をはわせて
ディープスロートしてくる

上目遣いに見上げながら
男の欲情したペニスを口に含むデブ人妻

いやらしいほんの数分前までご主人と
一緒にいた人妻さんが

ご主人と同じホテルの中で会ったばかりの男の
ペニスにしゃぶりついているんですから
いやらしくないはずありません

さっきまで、ご主人と
一緒に仲良くしていた人妻さんが会ったばかりの
男の欲情したチンポにしゃぶりつく姿を見て
すぐに興奮で犯したくてたまらなくなった僕は

デブ人妻を立ち上がらせスカートを
焦りながらめくりあげストッキングをはいていない
彼女の下着を引き降ろしベッドに手をつかせると
むき出しの陰部に指をはわせました

「あ、や、はずかしい」

と言うデブ人妻それもそのはず

おまんこはもうグチュグチュに濡れまくり
で大洪水

指で開いた瞬間あふれ出すような
状態にまで濡れきっていました

「いつから濡らしてたの」

「・・・あさからずっと」

「ご主人の横でおまんこ濡らしてたんだ?」

「うん、はぐ・・・」

話しながら、突き出された彼女の大きな
ムッチリと色っぽい色白の尻をなでながら
ペニスの先で濡れきったおまんこを
なでるようにして刺激します

ぐっと腰を突き出すとすぐに
先端が熱いぬめりに入り込みそうでした

膣奥まで貫きたいのを必死で
我慢しながら欲情したペニスの先端で
ヌルヌルのアソコを刺激してゆきます

デブ人妻は腰をモジモジと動かしながら
自分から犯されようと尻を後に突き出してきます

「うん?欲しいの?」

「うぅぅ、ずっと欲しくてはぁん」

まだ、会って10分も経っていない実際には

初対面の男に、ペニスで陰部を刺激され、
セックスされたくてむき出しの下半身を突き出している
豊満な痴女人妻があまりのいやらしさに、
自分も我慢が効きませんwww

デブ人妻の望み通りに、
欲情しきったペニスを押し入れていきました

欲情しきったペニスが、
熱く濡れた彼女の中にズブズブとはいっていきます

「太いのぉ・・・あああぁぁあ!」

ペニスが奥までズッポリと
はまりこんだ時にはすでに軽く
いってしまった様でした

でも、もちろん僕の方はこれからです。

ゆっくり押し込んだペニスを
デブ人妻の中を楽しむように

ゆっくり引き抜き、入り口付近で浅く細かく腰を使い、
抜けるぎりぎりまで引き出しておいて
入り口から奥まで一気に突き入れ
長いストロークのピストンでたっぷり中の感触を楽しんでから
奥まではめ込んで置いて細かく奥を突き上げて
反応を楽しみます

「ダメまたいっちゃう!」

今度は、ビクビクと体をふるわせ
背中を反らせながら絶頂しました

さらに、そのまま腰を動かし
続けようとすると

「ごめ、ちょっ・・・気持ちよすぎ」

これ以上、いきまくっちゃうと
時間忘れそうだし、ご主人のところに戻って
普通に出来ないからとのことで

いったん中止orz

また来るから!

と言いながら身支度を整えると
部屋を出て行きました

この間、わずか20数分w

まだ、下半身をカチカチに立たせたままの僕を残して
ドアの外に消えるぽっちゃり太った淫乱素人人妻

念願の人妻ぽちゃさんにペニスをはめ込んだ満足感と、
しかしまだ上り詰めていないカチカチのままの
ペニスもてあましながらいつ来るかもわからない
次のチャンスを待ったのでした

最初の「ご挨拶」にきた

人妻ぽちゃさんにおちんちんを
しっかり挿入した物の十分に
楽しみきる前に脱出されてしまった僕は
しかたなく再度の訪問を待つことにしました

とはいっても、
そうすぐにはこられないだろうからと

まだ昼飯を食べていなかったので
食事でもするかと思ったのですが
聞いてみるとルームサービスがない

留守中に来られてもこまるのでしかたなく外出の旨、
デブ人妻にメールして部屋を出ました

そしてホテルのレストランで食事しているとなんと、
ついさっき僕のチンポを入れられていたあの服のまま、

ご主人と一緒にレストランに入ってくる
痴女なデブ人妻を発見

着替える理由がないからそのままなのは
当たり前なのかもしれませんが

なんか、すごくエロく感じました

デブ人妻とご主人

仲の良さそうな夫婦が
お茶をしている姿も
さっきの寝取りエロエロプレイの光景を
思い浮かべながら眺めると興奮してきます

デブ人妻さんの方は、
とっくに気づいていてこちらに時々ご主人の肩越しに
視線をおくってはテーブルの下の膝を
すりあわせるような仕草をします

食事の終わった僕は

デブ人妻にアイコンタクトをしながら
彼女のテーブル横を通って部屋に戻りました

仲むつまじくしてる姿で興奮する自分に
少々あきれながらも部屋で彼女を待ちました

そして・・・それから約1時間後

デブ人妻がまた部屋に現れました

デブ人妻が部屋に入るなり抱き寄せつつ
スカートを指先でたくし上げて下着へと
指先をはわせるとはいてない!

それじゃ・・・とばかりに
そのまま中心に指をはわすと
もうすっかり準備できていました

耳元で「すごいね」

というと「ずっとほしくて・・・」

とキスをしてくるデブ人妻

キスしながらも堅くなったペ二スから手が離れません

「あのね、あまり時間無いから・・・」

そういいながらチャックをおろすデブ人妻

「うん?もう入れちゃっていいの?」

「・・・うん、お願い入れて」

初対面の時よりさらに挿入まで短時間ですw

かなり盛大に濡れてるのでスカートを
汚さないようにたくし上げておいて
今度は正常位で彼女に被さって行きました

そして、彼女のいやらしくぬれたあそこを、
すっかり欲情しきったペ○スの先端でヌチヌチと刺激し、
クリを中心に刺激したあと

中心にあてがって小刻みに腰を振って入り口を、
わざといやらしい音をたてて犯し彼女の羞恥心を煽りながら・

耳元で

「おま○こ、すごく嫌らしくなってるよ」

「ご主人すぐ上の階で待ってるのにね?」

「おちんちんほしがってこんなになってる」

ここでまた小刻みに入り口付近で出し入れ

くちくちゅと嫌らしい音を、おまんこがたてます。

「いや~、言わないで」

「じゃ、おちんちん入れるのやめとく?」

「あぁん、いじわるぅ」

と・・・もう少しじらしたいところですが
時間がないはず

とここで何の予告も無しにずぶっと
膣奥まで挿入し
いきなり激しく腰を使いました

「あっ、あぁぁぁあ、ダメいくいっちゃう」

と早速いくデブ人妻

その後、立て続けにいきまくり

体をビクビクと痙攣させてピンク色に
色づいた首筋がそそりますが・

時間無いんだよね

でも今度は彼女の方は完全に時間忘れて
エッチされちゃう状態になってる

でも・・・さすがにこのまま好きにやりまくったら、
彼女の立場は確実に悪くなる

そう思うと、頭はスーッと冷静にorz

「ほら!ほら!ほら!」

と奥までズンズンつきながら

「時間無いんだよね?」
「さぁ、いまどんな風に犯されてるかさわってご覧」

とつながってるところを指で確認させます

「あぁ、やらしいこんなおっきいの刺さってる」

「あぁ、セックスされてる。
●●セックスされちゃってるよぉ」

(●●は、人妻ぽちゃさんの下の名前)

そんな状態のまま高速ピストンをして
デブ人妻をいかせるとココでまたいったん終了orz

この間も30分ほどでしたw

彼女は身なりを整えて

次は、風呂の時間にくると言いキスをして
部屋を出て行きました

え~もちろん僕の方は
このときもいってません

だって・・・冷静になっちゃったし

しかし、一番長くセックスできるのは
次のお風呂タイムか、

デブ人妻が夜中抜け出すかのいずれかしかありません

夜中抜け出せるかはわからないですから
正直ホテルが大浴場のあるホテルでたすかりました

無ければ部屋風呂だけだし

それだと出てこれないですからね~

まだまだ夜は長いですから
思い切りデブ人妻とマンコを楽しむつもりなんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: