FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

【熟女体験談】ネトゲを通じて知り合った高齢処女と会う約束をしてロストバージンSEX

kage

2018/09/01 (Sat)

ネトゲ全盛期に
俺はネトゲを通じて三十路熟女と
知り合った

名前はミキと言って
話を聞くとアラサー熟女なのに
キスしかしたことがない
高齢処女なおばさんでした

血気盛んなお年頃だった俺は
これはレア物だと意気揚々になり

処女熟女とSEXしてみたくて
メールで探りを入れて行く内に
エッチには興味はある事がわかり

冗談半分で

「会ったらホテルな!」

なんて話をしたらミキは

「その前に私みたいな
ブスおばさんとヤりたいと思わんって!」

との返事

すかさず写メ交換を試みるとすんなりOK

写メを見ると、黒髪のブスおばさん

デブではないので
余裕のよっちゃんでヤれる範囲

「かわいぃーやん!」

ておだててみると、

「うっそそんなん言われたん初めてやわ」

と社交辞令を真に受ける
さすが高齢処女だ

ちょろいちょろいと
一気に会う約束まで持って行った

待ち合わせ場所に来たミキは
ジーンズとTシャツというラフなスタイルで
背も高くジーンズの後ろ姿は
お尻りがムッチリしており
顔はブスだがスタイルはエロく
俺は俄然やる気になった

メールである程度やり取りしていたので話は弾み
カラオケBOXでランチしながら歌を歌い

初めは向い合わせに座っていたが
その後ミキの横ピッタリに座って
ミキが歌っている間にミキの肩に手を回して
反応を探ると満更ではない様子

曲が終わり、シーンとした所で
肩に置いた手に力を入れて
処女熟女なミキの体を
引き寄せて顔を近付け

「チューするで!」

「・・・」

何も言わなかったが
顔をそむけなかったのでそのままキス

俺が舌を入れようしたら、

「う?っう?」

といきなりのディープにやや抵抗しかけたが
キスは経験者なのでそのまま
ディープでミキの唇を奪ってやった

「いきなりやられた」

「ミキ可愛すぎるわ?」

と思ってもいない事を言い
もう一度ディープキス

そして手をミキの胸元へ持って行き
Tシャツの上から揉んでみると
なかなかの大きさであったがミキは
スグに体を後ろに引いて抵抗した

「アカン、ミキ可愛過ぎてヤバイ!」

とかまたとにかくヨイショしまくりながら
再び高齢処女熟女にキス

「行こか!」

「どこに?」

「えっ、メールで言うてた所!」

「えっ」

と土壇場でやや引き気味だったが
俺はミキの手を取ってカラオケBOXを出ると
車を近くのラブホへ走らせた

そして、いざSEXするとなると
やはり三十路まで処女だっただけあって
鼻血が出そうな程緊張していたww

体がカチコチになっていて
まずはリラックスさせなきゃ
とてもSEX出来る感じじゃない

だからまずビールで乾杯しながら
テレビを見たりリラックス

この時AV鑑賞屋!

って思ったけど
変に意識して緊張されても困るから
映画をチョイスした

30分ぐらい見ながら
くだらない話をして
ようやく処女熟女とロストバージンSEXにいった

偉い手がかかるババアだなぁと思いつつも
レア物、レア物だからと出来るだけ優しく接していた

まずはミキを抱き寄せキス

舌を絡ませベロチュウしながら
Tシャツの上から乳揉みマッサージ

全然揉まれていない胸なので
硬いおっぱいだが

優しく乳揉みマッサージしていると
次第にミキから

「あっあっあぁ」

とエロい声が漏れていく

とにかくあせらずゆっくりと
スローSEXで

Tシャツを脱がして
もう一度キスして、首筋から胸へ
ゆっくり上半身にキスして愛撫する

ここでようやくブラジャーを外し
乳首への愛撫

処女なのにピンクじゃない!

茶色だ!

ってガッカリしけたけど
まだ誰にも舐められた事がない熟女乳首や!って
思うと興奮して
舌で乳首を転がす

「あっいやぁーいやっ」

と大分処女おばさんもリラックスして
感じてきたので
ジーンズを脱がし、パンティの上から
マン筋を愛撫

そうすると既にグッチョりと濡れていて

「濡れやすいタイプなんだねー
オシッコ漏らしたみたいに濡れてるじゃん」

というと

「いやぁ恥ずかしいぃ」

って中学生みたいな反応をするウブおばさん

そして俺はパンティを脱がして
割れ目を開くと大きなクリトリスがこんにちわ

処女ってのは嘘じゃねーの?

って思えるぐらい立派な巨大クリトリスで
ペロンて舐めてやると
ミクは

「だっだめぇえだっだめえ」

って悶えまくり

まずは一回クリトリスマッサージで
イカセテやるかとクンニ責め

「あっだっだめえーーいっっちゃっぅう」

とブスな処女おばさんがイキ潮して
ようやく姦通の儀式

すでにオマンコは
ぐちょぐちょに濡れているので
チンコはあっさり挿入できた

キツキツの三十路処女オマンコで
ヤバイぐらい気持ち良い

高齢になればなるほど
初体験は痛いっていうけど
ミクは濡れ体質だからなのか

最初は痛がっていたが
挿入して2分もすると喘ぎ声が漏れ始めた

「どう?ミキ、痛い?気持ちいい?」

「ハァハァだんだん気持ちよくなってきたかもぉハァハァ」

とブサイクなアヘ顔になる処女熟女

初体験なので
俺も激しいピストンはせず
スローピストンでゆっくり突いてあげた

でも処女なキツマンのおかげで
超気持ちよくてチンコに絡みついてくる感じ

俺はたまらずイキそうになり
お腹にぶっかけ射精してあげました

それで

「どうだった?ミキ、初体験の感想は?」

と聞くと

「グスングスン嬉しい
これでようやく一人前の女性になれた気がする」

って泣きついてきた

ブサイクな熟女だけど
なんか健気で可愛くてさー

好きになっちゃったんだよ

処女貰ってこんな風に喜ばれるって
初めてだし、男冥利に尽きるって感じでさ

愛おしくなってぎゅっと抱きしめて
俺はこの処女おばさんと
付き合うようになりました

まぁでも半年で別れましたけどね

SEXを覚えた三十路熟女のミキは
今までの分を取り戻すように
凄い積極的になっちゃって

ネトゲで他の男と浮気したのが発覚して
破局しました

やっぱネトゲ+処女+三十路熟女という
トリプルコンボなおばさんは
ちょっと頭がイカれてますからね

続くはずがなっかたんだと思います

でもレア物とSEX出来たから
自分にとっては思い出になっています


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: