FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

【熟女体験談】居酒屋で熟女達に逆ナンパされ、心を癒される優しさと熟れすぎた肉体の魅力の虜になってしまった

kage

2018/08/25 (Sat)

居酒屋はお酒を飲むだけじゃなく
出会いの場でもあるんです

週末の会社帰りに
友達と居酒屋にいった時の熟女体験です

隣のテーブルに
五十路過ぎぐらいの
熟女4人のグループがいた

我々若い男に興味があるようで
オバサマ達が逆ナンパしてきて
やたらと話しかけてきた

熟女たちは静岡の高校の同級生らしく
先程まで入院してる
友達のお見舞いに行っていたそう

4人のうち3人は明朝に静岡に帰るそうで
残り1人は東京に住んでいるそうです

年齢を聞くと皆51歳の
中年オバサマでした

専業主婦で普段は
若い男性と話す機会が無く
恋愛事情とか根掘り葉掘り聴いてきました。

このあとにカラオケに行こうと
熟女様から熱心に誘われたので
行くことにしました。

4人とも店を出る頃には
かなり泥酔状態

カラオケ店に入ると
東京に住む彼女(沼田さん)が、やたらと
俺になついてきた

身長150のぽっちゃりした
可愛いタイプの年増熟女

よく冗談を言い、笑う人でした。

友人が熟女AV女優の松嶋友里恵にすごく似てると言ってきた

俺は熟女AVに興味が無かった)

デュエットを歌っているときは
体を密着させてきたので
二の腕におばさんのバストが強く当たっていました

席を立って、トイレに向かうと
沼田さんが後からついてきました。

「○○君、これ大事なもの?」

彼女が持っていたものは
社員証とか自分の連絡先が入っている
カードケースでした

「あっ!どうして持ってるんですか?」

「ソファーに落ちてたよ」

もらおうと手を出すと

「ただでは、返さない」

と言い、ブラの中に入れてしまいました。

「どうすれば返してくれます?」

「カラオケが終わったら
2人きりで会ってもらえる?」

「えっ!うーん
約束しますから返してください」

「約束を果たしてから返すね。ふっふ」

「安心して、今夜だけだから
怒らないでね、お願いだから」

「まあそうですね
友達には言わないでくださいよ」

「言わないし
私の友達にも言わないから、安心して」

「○○君、約束よ、ありがとう」

と言い、淫乱おばさんは頬にキスをして
戻っていきました。

さんざん歌ってから
カラオケ店を出ました。

彼女とは、打ち合わせ通り
店の裏側で合流しました

彼女が名刺を俺に渡して
簡単に自己紹介してきた。

親から引き継いで、賃貸マンションと
雑貨店を営んでいる
バツイチ独身の女社長だと

タクシーで、彼女のマンションに
行くことになりました

男を入れるのは初めてだと言っていましたが
実際は、どうだか?と思いました

家に入るとすぐに「トモ君」と囁き
いきなり呼び名が付けられ、唇を合わせて
接吻してくる

キスをしていると
興奮しているみたいで鼻息が乱れていた

お互いシャワーを浴びて
寝室に移りました

キスをしながら
上半身だけバスローブを脱がしていくと

適度に垂れた牛のお乳のような
胸があらわになり、Dカップぐらいありそう

適度に崩れたポッチャリしたBODYは
熟女らしくて柔らかそうで興奮してきた

左手でおっぱいを揉みながら、
耳と首筋を愛撫の前戯スタート

胸は外側から徐々に舌を這わせながら
乳首に近づいて行った

乳首も牛のお乳の様に
大き目で小豆色した乳首だった

吸い付くとすぐに勃起状態になった

「あ~ん、あ~ん」

つい夢中になって
何度も甘噛みしたり、吸い付いたり

牛のお乳のようなオッパイに
魅了されてしまった

「沼田さん、肌も綺麗で素敵ですね」

「ホント?おばさんだけど、おかしくない?」

「素敵ですよ
オッパイも大きくて素敵ですよ」

「ありがとう、トモ君」

胸の愛撫を続けながら
股間に手をやり、割れ目を手で刺激した

「あ~ん、あ~ん、気持ちイイ」

楽しんだ後、残りの下半身の
バスローブを脱がしました

アンダーヘアーは
手入れをしてないようでボウボウの
野性的なマン毛で逆にエロく感じました

股間に顔を近づけると

「恥ずかしい」

「綺麗だから
恥ずかしがらないでください」

割れ目を広げるとグチョグチョでした

皮をめくり
指でクリトリスを刺激すると

「あぁーーん、あぁーーん」

体をよじりながら淫靡な反応をする
敏感熟女社長

次は舌でクリトリスを刺激した。

「あぁーだめ、だめ、だめ、あぁーーん」

10年ぶりのセックスだから、手加減しないといけないと思った。

正常位でゆっくり挿入した。

「あぁーーーん、あぁん、すごい!あぁん」

「沼田さん、素敵ですよ」

ピストン運動のピッチを上げ、攻め続けた。

「だめ、あたる、あたる、いやぁ~ん、あっ、だめ」

牛のようなお乳が、激しく揺れ動いているのを見ると余計に興奮した。

「あっ、もうだめ、いく、いく、いく、あーーん
あっ、あっ、あ!」

中に思いっきり放出した。

沼田さんは完全に
ガチイキ昇天してしまいました

沼田さんを抱き寄せると
沼田さんは疲れていたせいか
すぐに眠りにつきました。

少し肉が付いたカラダは柔らかくて
若い女にない魅力だと思いました

翌朝、目を覚ますと彼女は、すでに目を開けていました。

「おはよう(チュッ)」

と言い、体の右半分を俺の体に重ねてきた。

「おはようございます」

「こんなに感じたの初めて
トモ君、次も会ってくれる?」

「そうだ!社員証を返してもらわないと」

「あっ、だめ!」

と言い、彼女は、ベッドの枕元にあった
カードケースを手に取り、うつ伏せになった

彼女は、俺をからかいたいようなので
こっちも少し弄ぶことにした。

両方の耳にキスし、両脇のラインをくすぐりながら、背中に舌を這わせた。

「あ~ん、あ~ん、あ~ん・・・」

「返さないと、ケツを引っ叩くよ」

と言い、引っ叩いた。

「だめ、また会ってくれると約束してくれるまで返さない」

「じゃあ、今度はここ」

と言い、脇をくすぐった。

「くすぐったいから、やめて」

かまわず、くすぐると我慢できなくなり、仰向けになった。

すかさず、カードケースを取り戻した。

「トモ君、お願い、また会って、お願い」

と言い、抱き付いてきた。

「また来ますよ」

「うれしい」

と言い、ディープキスをしてきた。

お返しに、オッパイを愛撫し、仕上げに大きい乳首を甘噛みしながら吸い付いてあげた。

「あ~ん、あ~ん、あ~ん・・・、トモ君、今夜も来て欲しい、会いたいからお願い」

「うん、わかりました」

今日の夜に、また会う約束をしました。

彼女は、朝食を作ると言って、ベッドを出ていきました。

うしろ姿の肉付きのいいヒップが、とても色っぽく見えた。

朝食を取り、夕方に再度訪ねることになりました。

夕方6時に、待ち合わせ場所である彼女が経営してる雑貨店にいきました。

店に入ると

「トモ君、会いたかった、こっちにきて」

と言い、店の奥に案内されると長くて強烈なディープキスの歓迎を受けました。

キスが終わると、沼田さんの目はトローンとして力が抜けたような状態でした。

この店のあるビルの2階から上は、賃貸で沼田さんの所有でした。

雑貨店は、儲けが無く暇つぶしも兼ねて営業してると言っていました。

店を閉めて、外食をしてから、彼女の家に行きました。

さすがに年が離れた人と一緒に歩くことに抵抗を感じました。

外食も同様に恥ずかしく思いました。

店の定休日が水曜日なので、今度の水曜日は手料理で、もてなすからと誘われました。

俺も彼女の優しさに触れたいので、行く約束をしました。

彼女の家に着くと時間も遅いので、すぐにシャワーを浴びて、ベッドでテレビを見ていました。

しばらくしてから、沼田さんがベッドに入ってきた時には、つい寝てしまったようでした。

「トモ君、寝てるの?」

「・・・」

「やだー、起きてよ」

「あ!ごめん」

「沼田さんが出てくるの遅いから」

「まあ、私のせいにしたね。いいよ、目を覚まさせてあげる」

ディープキスをした後、顔全体にあちこちキスをしてきました。

今度は、俺の上で四つん這いになり、オッパイを押し付けてきた。

四つん這いになると、より牛のようなお乳になり、興奮した。

オッパイを鷲掴みしながら、乳首を吸いまくった。

「あ~ん、あ~ん、あ~ん、トモ君、どう、美味しい?」

「うぐっ、うぐっ、美味しいよ」

「沼田さん、そのまま入れていいよ」

彼女が上体を起こし、ゆっくりと挿入を始めた。

「あ~ん、あ~ん、あっ、あん、だめ、あたる、トモ君、大きいから、うまくできない」

「うん、もういいよ、変わるからね」

俺が上体を起こして対面座位で攻めた。

「あ~ん、い~、い~、トモ君、あ~ん」

最後は、正常位で攻めた。

「あたる、あ~ん、あっ」

「トモ君、いく、いく、いく、逝っちゃう
いく、いく、いく、あっ、あっ」

逝ったあとの沼田さんは、今日も半失神状態でした。

すっかり熟女の心を癒される優しさと
熟れすぎた肉体の魅力の
虜になってしまいました


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: