FC2ブログ
2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

【熟女体験談】職場のパート主婦のおばさんと不倫し、淫らでスケベな肉便器に調教した

kage

2018/08/23 (Thu)

以前職場のパート主婦のおばさんと
不倫するようになり
体だけではなく性格も相性が良くて
気づけば10年近く続いている

彼女はぽっちゃり豊満な色白熟女で
なかなかエロいスタイルで
魅力的な熟女だった

名前はR美と言う

初めて肉体関係を持つ前から
ずっと俺は狙っていて
忘年会でR美を酔わせて
ホテルに連れ込み送り狼成功させた

最初は軽く抵抗したが
半ば強引に関係を持った

夫にばらされる事を恐れた
人妻のR美は俺の思い通りになり
すぐさま俺の淫らでスケベな肉便器になった

不倫も一年が経つと
かなり積極的な痴女熟女になり

俺が夜勤前に寝ていると
いつもの通りパート勤務が終わった
R美が我が家の合鍵を使って
入ってくる

そして、R美は俺の布団を捲ると
パジャマごとパンツを下げると
俺のイチモツを

じゅぽ…じゅぽ

とエロい音をたてながら
逆夜這いしてフェラチオしてくる

俺は寝たふりをする

なぜならR美には俺が起きるまで
フェラを続けろと
フェラチオマシーンになる事を
約束させているのだ

俺は我慢できず一発目を
R美の口内にぶちまけ口内射精する

今度は自ら全裸になったR美が

「私のまんこに
ちんちんを入れて下さい」

淫語を言って
おねだりしてくる

俺はようやく起き上がり
豊満な爆乳にむしゃぶりつく

R美は

「あんっ」

と官能的なあえぎ声がもれた

俺は

「約束通り、
夫とはオマンコやってないだろうな?」

と聞くと、R美は

「夫とはやってませんから
早くちんちんを入れて下さい」

と言った

じらすように

「夫だって求めてくるだろ?」

と聞くと、

「はい。でも仕事で
疲れているからと全て断ってます
だから早くオチンポください」

俺はマンコの中に指を入れて
手マンんしてかき回すと
既に濡れ濡れなマンコから
クチュクチュとHな音がしてくる

俺も我慢が出来ず、
イチモツをマンコにねじ込んだ

静かな部屋に

くちゅくちゅ

と超エロい音が響き渡ると

「はぁっあっ、いっちゃうっ」

とすぐにアクメに達する敏感熟女

R美の姿を見て、
俺は更に力強く高速に突いて

「俺も…イクっ」

と言うと、R美の

「駄目~、今日は中に出さないで
危険日なのぉ」

との声に我に返って
腹の上にぶちまけた

R美の体は俺のものだが
やはり心は今でも夫を愛しているのだ

セックスが終わると
R美はそそくさと帰って行く

俺は何事も無かったかの様に
寝たふりをして妻の帰りを待つ
毎日が今後も続くだろう

ところが昨年の暮れに
R美としばらく連絡が取れない日が続くと
突然R美がやってきた

R美は俺との別れを
告げに来たのだった

俺はR美の夫に全てをばらすと脅したが
R美は夫とも別れると言い出した

不倫がバレタのかと問い詰めたが
夫には知られていないとだけ答え
何も話そうとしない

俺もエロい色白ぽっちゃり雌豚熟女を
捨てられるわけがない

何とか説得したが
R美の意思は揺らぐ事は無く
俺の元へ来なくなった

ところが更に数日が過ぎた頃
R美が俺のもとを訪れ、
やはり夫を愛しており

夫にも愛されていることを知り
別れる事が出来なかった事

この数日間は夫に
抱かれていた事を話してくれた

結局、昨年の暮れに
何があったかは話してくれなかったが
夫とでは満足できなかったから
又私との不倫関係を続けたいと言ってきた

今後も彼女の夫は

「仕事で疲れているから」

と言うセリフを聞き続け
俺という鬼畜に妻を寝取られ続けている

昨日もR美の中にペニスを差し込むと
狂ったように激しい腰使いをして
ガクガクと痙攣しながらアクメに達する
俺の便所女になっている


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: