FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

【熟女体験談】童貞の不良少年とお風呂に入り、SEXまで持っていく淫乱熟女教師

kage

2018/08/11 (Sat)

中学生の時に体験した
熟女教師との物語です

当時、僕は九州の田舎に住んでいて
多少ヤンチャで不良少年な部分もあったけど
でも学級委員とかしたり
人気者であったことは確かです

当時の担任の先生が
四十路過ぎの熟女教師でした

今思うと、僕のことを
真剣に考えてくれていたと思うのですが
僕と同じ年の息子と
小学生の娘さんがいて

わりと太ってはいなくて
20代の頃はわりかし
きれいだったんだろうな
という感じの女教師でした。

そして中2の冬休み

僕は宿題を特別に出されていて
わからないことがあったら
先生の家においで、
と言われていたので

バカ正直に先生の家に、
わからないところを
教えてもらおうと行ったんです

もちろんその時は
四十路の熟女教師とエロいことなんか
考えずに行ったのですが

家の中に入って先生の個人の
部屋に通されて待っていたのですが

冬というのに先生は薄いシャツを着てて
ブラは透けてはっきりと見えるし
ジャージも白で薄く
パンティのラインが丸見え

熟女教師の無防備過ぎる格好に
正直ちょっと興奮してしまい
アソコが大きくなるのを
必死で我慢してたんです

旦那さんと子供さんは
旦那さんの実家に遊びに行っていて

先生も学校の仕事が済んだら
行く予定だったらしくて、なんか忙しい時に
おじゃましたみたいで、気の毒だった

とりあえず少し教えてもらったら
帰るつもりだったのですが

先生が夕飯を作ったらしくて、
食べて帰ることにしたんですが、
いちお家の方に連絡をしてもらった

自分で連絡してもよかったが、
またどこかで悪さしてると
思われるのがいやだったので
熟女教師にしてもらった

ただ勉強は少ししかしなくて、
どちらかというと生活面での話が
中心になり、あんまり悪さをしないように言われた

そんなこんなで夜も暗くなったのですが
先生は、

「お風呂入って帰ったら?」

と言われたので、
なんか帰りたくなかったので、
入ることにした

脱衣所で服を脱いでいると、
洗濯機の中が見え
どう見ても先生のはいている
パンティだろうと思われるものがあった

僕は急にムラっときて
チンコがまた大きくなり始めた

日頃悪さはしてても、まだ童貞君で
でも女性の裸には人一倍興味はあるエロガキだった

それに今、家の中には
四十路の熟女教師と言えども、
女性である

つまり僕と先生の2人だけである

そして先生はいつも思うのだが
結構おっぱいは大きく
男子生徒の間でも
先生のおっぱいについて
挟まれたい、とか揉みたい

とか

舐めたい、とか、いろいろなことを
話していたので、僕としても
興奮しないわけにはいかなかった

ムラムラしていたので
脱衣所にあるタンスを開けてみると
一番下に母親と書いてあったので
少し開けてみると

出てくるわ、出てくるわ
なかなか刺激的なエロエロな下着

小さなパンティを取り出し
匂ってみたり、股間に押し付けてみたり
しながら、すごく気持ちのいい
感覚に襲われていた

「新堂君、もう入った?」

「あ、はい」

僕は急いで風呂に入った

すると先生が脱衣所に入ってきて

「タオルここに置いとくね」

熟女教師の透けたブラと
実際のパンティを見たので
風呂に入っても勃起した
アソコがおさまることはなかった

でもとりあえず体や頭を洗ったりしてると、
気がまぎれ、少しはおさまるだろうと思って、
頭を洗い始めると、衝撃的なことが起こった

すりガラスのドアが開けられ
先生が入ってきて、

「背中流してあげようか?」

「いや、ちょっと、それは」

「日頃、悪してるくせに、
恥ずかしがり屋さんね」

「いや、いいよ、とにかく」

シャンプーを洗い流し、
ちょっと横目で先生の方を見ると、
バスタオルを巻いただけで、
胸の大きさもはっきりわかり、

「先生も入っちゃおう~」

僕の股間はせっかく小さくなりだしたのに、
すぐにビンビンになり、収拾がつかない状況になっていた

「新堂くん、背中怪我してるわよ」

「ちょっと、ぶつかりまして」

「ぶつかったんじゃなくて
この前、街でけんかした跡でしょ」

「なぜ知ってるの?」

「先生はね、新堂くんのことは
何でも知ってるの」

なんか石鹸をつけた熟女教師の
温かい手が背中に触れたのがわかった

もう僕の股間はカチカチだった。

すると先生が気づいたみたいで

「新堂くん元気ね、先生見て興奮したの?」

「いや、その」

「新堂くん、先生の裸見たい?」

「え、いや、けど・・見たいけど」

すると先生は僕の手を取り、
巻いていたバスタオルを取ると、
おっぱいに手を持っていった

「うわ、やわらかい」

「誰にも内緒よ、絶対だからね、約束よ」

「うん、わかった」

先生の下着を見ただけで
衝撃的だったのに、
おっぱいまで触るとは考えもしてなかった

「先生の体どう?
おばさんだけどまだいける?」

「いや、ぜんぜんいけると思うけど」

「先生の体洗ってくれる?」

「う、うん」手に石鹸をいっぱい泡立てて、
正面を向き、先生の首筋からおっぱいにかけて
丁寧に洗うと

「あ~ん、あ~ん、おっぱいを揉んでちょうだい」

「先生、こんな感じでいい?」

「そ、そうよ、新堂くんのも触らせて~」

先生も石鹸を泡立てて、
ギンギンに勃起したペニスを洗い始めると、
僕の快感が最高潮に達した。

「あっ、先生、出る、出るっ~」

次の瞬間、
先生めがけて精子が飛び出した。

「きゃっ、あ~びっくりした、
いきなりだったわね」

「う、うん・・・・・」

僕はそれ以上答えることができなくて、
ただうなづくだけだった。

「新堂くん、
りっぱなおちんちんね、
先生驚いたわ」

「いえ、そんなことないですよ」

「いいえ、男らしいわよ」

先生はきれいに洗い流すと、
濃い陰毛が見えた。

「先生、毛深いね」

「もう、どこ見てるの」

「あ、ごめん」

だいぶ冷めてきたので湯船につかると、
先生も入ってきて、
話はだんだんといやらしい話ばかりになってきた。

「新堂くんは彼女いないの?」

「いや、今はいないけど・・・・」

「そうなんだ、
じゃあ、いつも精子はどうして出してるの?」

「え、そんなこと答えるの?」

「先生の質問に答えなさい」

「うん、それじゃ、自分で出してる」

「こんな風にして出してるの?」

先生は僕のペニスを握り、
シコシコと手を動かしながら、

「新堂くんも早く大人の男になりなさい」

「ちょっと、先生、手が、手が・・・」

「あ、ごめんなさい、
でも新堂くんかわいいわね」

僕は子供扱いされたことにムッとしたが、
母親くらいの年齢なんで、
仕方ないと言えば仕方ない。

「先生、俺の童貞もらってくれない?」

「何言うのよ突然、
もらえるわけないでしょ」

「じゃあ、先生のオナニーしてるとこ見せてよ」

「そしたらじゃんけんで決めない?」

「いいよ、負けたほうが風呂あがってオナニーをするでいいわね」

「いいわよ、じゃんけんは3回勝負ね」

じゃんけんに勝てば
先生のオナニーしてる姿が見れる、
でも負ければ僕がマスターベーションしなければならない。

じゃんけんをする前のこの時が一番ドキドキした。

そしてじゃんけんが始まった。

1回目のじゃんけん。

ドキドキしながらグーを出すと、
勝ってしまった。

2回目は負けた。

これで1勝1敗である。

とその時先生が、
ある提案をしてきた。

「2人でお互いのアソコを刺激するってどうかな?」

「え、ということは・・・・」

「さあ、お風呂から上がろう」

先生はそう言うと
さっさと風呂から上がっていった。

僕は何がなんだかわからないまま、
一緒にあがった。

そして先生はビール、
僕はジュースで乾杯したが、
何に対して乾杯なのか全くわからなかった。

「新堂くんもだいぶ大人になったね」

「う、うん・・・・・」

「新堂くん彼女いるの?」

「いいや、ぜんぜんだね」

「いつも悪さばかりしてるからよ」

「それはそうだけど・・・
先生、2人でするってどうするの?」

「いいじゃない、
詳しいことはお楽しみね」

すると先生はすっと立ち上がり、
僕の手を引いて、
寝室へと向かった。

内心ドキドキしていた僕は、
すでにアソコも緊張していた。

そして寝室でキスされると、
ベットの上で僕にいつもしてるように
オナニーするように言った。

「え、1人でするの?」

「そうよ、先生の言うことが聞けない?」

先生の態度が急に変わり、
僕は心臓がさらにバクバクしてきて、
少し恐怖さえ感じた。

「さあ早くしなさい」

「あ、はい・・・」

僕はベットに寝転んで、
だいぶ大きくなってきたペニスを握り、
上下にシコシコとし始めると、
先生もバスタオルを取り、
先生のおっぱいを見ると、
アソコの硬直が絶頂に達した。

「すごいわ、新堂くん、
そのままもっと見せて~」

すると先生もベットの上に座り、
僕のシコシコを見ながら、
おまんこを触り始め、

「あ~ん、いいわ~、
新堂くんもっと早くしごきなさい」

先生の言われるままに、
右手の動きを早くすると、

「先生にも手伝わせて~」

先生の手が僕のアソコを掴むと、
何をするかと思ったら、
顔を近づけてきて、
ペニスを口に含んでしまった。

「あ、先生、あっ、だめだっ」

「う~ん、おししいわ、
若い子のおちんちんは最高だわ~」

熟女教師のバキュームフェラは
底なしに続いていった。

何分フェラチオされただろうか、
急に出そうになったと思ったら、
一気に射精してしまった。

初めて女性の口でフェラチオされて、
初めて口の中に射精した。

こんなに気持ちいいものかと思った。

「んん~ん、
たくさん出たね、
それに濃厚ね」

先生にはニヤっとしながら、

「休憩してる暇はないわよ、
今度は先生のを舐めて~」

先生は僕の顔の前におっぱいを突き出すと、
僕は赤ちゃんのように乳首を吸ったり、
噛んだりすると、

「あ~ん、あ~ん、
久しぶりよこの感覚~」

「先生感じるの?」

「あ~ん、そうよ、もっと吸いなさい」

僕は一生懸命に乳首を吸い、
今度はアソコに手を伸ばすと、
おまんこはヌルヌルになっていて、
指が膣の中へヌルっと入っていくと、

「あ~、急に入れちゃだめよ~、
あ~ん、そ、そうよ~」

「先生ヌルヌルだね、
すごい、すごいよ」

「あああ~ん、いや~ん、
もっと、もっとよ」

すると先生は急に体を反らせたかと思うと、

「ああああ~、いくっ、いくっ~」

先生の声は叫びといった感じだった。

そして先生は僕に抱きつくように倒れこんできた。

耳元ではあ~、はあ~、と先生の息が聞こえるが、
女性と裸で抱き合うってすごく気持ちがいいというか、
すごくリラックスできる。

「童貞のくせに案外うまいのね」

僕はすごく恥ずかしかった。

でもこれは男として名誉的なことであると思った。

そしてまた先生のフェラチオしてもらって、
もう1回、先生の口の中で射精した。

でもそれ以上はさせてもらえなかった

しかし先生も先生である前に人妻である。

でも最後にだめもとでセックスしたいと言うと、
誰にも言わないって約束が果たせたらいいよ、
ということだった。

その時僕は卒業まで絶対誰にも言わないことを誓った。

でもそれからは毎晩、
先生の声やおっぱいを思い出しながら、
オナニーの毎日が続いた。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: