FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

【熟女体験談】痴女なお局OLのパワハラにより男喰いSEXされ、性処理道具扱いになってしまった

kage

2018/05/23 (Wed)

小さい工場に僕は勤務していまして
社員の中で一番の古株は54歳お局OLなんです

ちなみに僕は30歳なんですが
この五十路お局OLに
僕は喰われちゃいましたw

職場の飲み会を何回かした時に
成り行きでお局OLに喰われてしまったんです

先月始めに飲んだ時
二次会で解散したら

「ちょっと待ってよ!」

とお局OLに呼び止められ
強引に

「もう一件行くわよ」

と拉致されてw
居酒屋でサシ飲みする事になったんです

そして、居酒屋から出たところ
お局様、飲み過ぎたらしく

「気持ち悪い」

と言われ、建物の裏で背中を
さすってあげたけど吐かなかった

なんとお局様
何事もなかったかのように起き上がって

ニヤッ

と悪い笑顔したと思ったら

「最後にエッチしたのはいつ?」

と聞いてきたんです

相手が若い娘なら
ノリノリになるんですが

相手は50代の特に綺麗でもない
普通のおばさん

僕は反応に困っていると

「ねぇ、私見てやりたいと思う?」

と聞かれ、
正直、どっちでもいい
どちらかと言えば、あまりHしたくない!
だって普通のおばさんなんだもん

って感じだったんですけど
相手は職場一の古株お局OLですから
下手な事言って、嫌われると
今後の仕事にモロに支障が出てしまう

これは一種のセクハラ、パワハラだ!

と思いながらも

「はぃ」

と弱々しく返事をすると
お局OLは、待ってましたといわんばかりに
太股から股間をじわりじわり触ってくる

まるでババアに逆痴漢されている気分

超びっくりしたけど
さすが五十路ババア

触り方が上手くて
僕のチンコは反応して勃起してしまう

そして、、手を胸に持っていかれ
ついに暴発

路地裏でそのまま五十路おばさんと
露出SEXしちゃった

服を捲って汗ばんだ胸を舐めてると
チャックを開けられチンコを握られ

僕もオマンコを撫でたら
もう湿り気が凄くてびっくり

立ちバックで野外SEXしていると

「あぁやっぱり硬いぃ!」

と悶絶している

入れる度グチュッグチュッと
エロい音が出るくらい濡れてました

「はぁん!ゴリゴリあたる!」

とノッテきたのか後背位で
エロい腰使いをしてくる床上手な五十路熟女

「座って」

と言われたので言われるがまま
階段に座ると、お局様が跨って来て
対面座位で男喰いSEXされました

「アンッ!気持ちいい!」

と上下に激しく動きながら
頭や背中を撫で回され
どんどん濡れて

それが溢れてきて滅茶苦茶エロい

お局おLの汗も凄くて
密着してる部分はお互いの汗でべったり

それでもお構い無しに動いて来て

激しくされるとこっちも
いよいよやばくなった

「やっやばいっす!」

と言っても

「我慢して!」

と言われた

けど堪えれなかった

グイグイ腰を動かされ
堪え切れずそのまま膣内射精しました

射精すると

「アン!アアン!」

と官能的な声をあげてぐったりし
俺に掴まったままいました

頭とかを撫で回されながら

「凄く良かった」

と言われ

向こうが立ち上がると
中からダラッと精子が出て来て

「いっぱい出てる」

とエロいお局OLは
オマンコから垂れたザーメンを
間抜けな獣のような姿で
ティッシュで拭いていた

それからというもの
誘われては部屋やホテルで喰われている

この間は休日会社に呼ばれて
仮眠室で痴女なお局OLに喰われた

お局様は旦那さんも社内にいるのに
妙に僕は気に入られ、男喰いされて
性処理道具扱いされているんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: