FC2ブログ
2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

【熟女体験談】出会い系でモテて調子に乗っていた時期に神社の裏側でレイプされ、レイプされる魅力の虜になった独身熟女

kage

2018/05/23 (Wed)

結婚願望が若い時から無くて
私は47歳の独身熟女なんです

仕事は損保会社で働いています

今の勤務形態が
契約社員なのでお給料がさびしくて

そこで数年前から
出会い系サイトで援交して
男性とHしてお小遣いをもらっているんです

最初はおばさんだから
無理かなーって思ったんですけど
巷で熟女ブームって言っていましたが
本当に私ぐらいの四十路過ぎのアラフォー熟女って
出会い系サイトだと人気で
かなりモテるんです

私は、暇があると出会い系で
男性とHしてお小遣いを貰う
援交にハマっているんです

それでアラフォー女子の自分は
モテる!って
ちょっと調子に乗っていた時期がありまして

そんな時、私は強姦されたんです

あれは会社の帰りに
駅から自宅に歩いているとき

男の人がついてきたんです

最初はわからなかったんですが
駅から離れて人がまばらになった時に

あれ?

って思ったんです

お家もまばらで真っ暗になって
足音が少し聞こえるだけ

ストーカー?

以前出会い系でHした相手に
ストーカーされているのかも

ってドキドキしてきたんです

その時「隠れてやり過ごそう!」って思い
角を曲がってすぐに
神社の奥に駆け込んだんです

そのあと、道のほうを
見ていたんですけで
誰も通らないんです

「だれか来たら後ろについて出ていこう」

って思っていたら
いきなり後ろから引っ張られて
神社の裏側に連れ込まれたんです

そうなんです
別のところから入ってきていたんです

壁に体を押し付けられて
怖くて声も出せません

その時に私はこのままじゃ
レイプされる事に気づきました

声は出ませんでしたが
必死に抵抗しようとしたら
首を絞められ

「殺すぞ!じっとしてりゃあ
殺しはしないから」

と言われ、身体は硬直したまま
その強姦魔のされるがままに
陵辱されたんです

下着を脱がされ
壁に手をつかされ
無理やりスカートをめくられました

その時、後ろから男根が
ズルっと膣に挿入されんたです

異物が入ってきたと思う前に
膣肉をえぐられる快感が
背中から突き抜けます

「はああっ!」

ストーカー男に
強姦されているのに
今までにない快感が押し寄せてきて

その瞬間私は絶頂してしまったんです

快感で立っているのが精一杯で
太ももには私の愛液が
伝ってくるのもわかりました

強姦された状態で
感じてしまっている自分に
悔しくなりましたが

それ以上の気持ち良さで、
どうでもよくなっていました

バックの状態のまま上着を脱がされ

スカートをはいた状態で裸にされました

気持ちいいのですが

やっぱりレイプ魔には
感じているのを知られたくない

それに喘ぎ声を出したら
近所の人に見つかってしまう

そういう思いで必死に
声を殺していました

喘ぎ声を我慢していたら
また膣イキして絶頂してしまいました

何分経ったでしょうか

徐々に腰の動きが激しくなってきたな
と思ったら、中で熱いものが
出てくるのがわかりました

衝撃的な快感でもう
一度中イキしてアクメに達したんです

強姦魔は私の中から男根を抜き

手を放した途端、
私は雑草の上に横たわってしまいました

すぐに強姦魔はズボンを穿き
立ち去って行きました

私は頭の中で

どうしたらいいのか

何があったのか

どうすればいいのか

横たわったまま考えていました

そして裸だと言うことに気づき
我に返って持っていたティッシュでアソコを拭き
衣服を着て家に帰りました

出会い系で知り合った
男性にストーカーされ強姦されたのか

それとも本当に見知らぬ男性に
突然強姦されたのか

結局わからなくて
自宅に帰り、部屋で着替えをしたら
ショーツに精液が付いていて
もわっと独特な匂いがしたんです

それからです

あの独特のイカ臭い匂いの
記憶が快感と一緒になって
頭から離れなくなってしまいました

だから今では
ついついあのイカ臭い匂いを求め
出会い系をレイププレイをしてくれる
男性を求めてしまうんです

出会い系で会った男性にも、一応

「外に出して」

って言うのですが
本当は中出しレイプされたい私

それに出来れば
緊縛され、激しく調教されたいんです

私が嫌だと泣き叫んでも
無視して、無理やり犯してほしいんです

たった一度の強姦で
私はレイプされる魅力の虜になったんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: