FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】ムラムラし過ぎて地雷女とわかっていても突撃してしまったSEX失敗体験談

kage

2018/05/18 (Fri)

童貞大学生の時

ムラムラし過ぎて
地雷女とわかっていても
突撃してしまったSEX失敗体験談を
告白します

その日、レイプしてやろうかってぐらい
ムラムラして、
チンコが今にも暴発しそうで

誰でもイイからHな事したい症候群に
かかってしまった

それで延々とネットや出会い系で
ヤれる女を探していたんですが
近場で良さそうな女が見つからず
仕方なく近場ではあるが

滅茶苦茶地雷臭がする四十路のオバサンと
会うことにしたんです

当時の俺は軽く童貞を
こじらせてたのもあって
一番最初は本気で
好きになれる女で初体験したいから

この四十路ババアには
フェラだけさせようと
自分勝手な事を考えていた

で、会うことになったんだが
近場とは言っても

どうもこの辺りが田舎で
僕の感覚からしたら遠いわけ

だから面倒だったから
こっちの家の近くまで来させて
食事にした

一応、その日の代金は
自分のが年下だけど
ババアとはいえ、女性だし
そいつの交通費以外は
全部こっち持ちにしてあげた

会ってみたところ
ブスなババア

だが、フェラ用のダッチワイフと思えば
例えブスなババアでもいいかなって
思った

だから、その日のうちに
一人暮らししている
自分の自宅に呼んだ

それでババアを自宅に招待し

嫌われてもいい!

どうせ相手はブサイクなオバサンだ!と

流れを無視して強引にキス

滅茶苦茶濃厚なキスを
ハグしながらしてたら
童貞で欲求不満な俺は
ノーハンドで射精してしまった

それですっきりしたら
このブスなババアといるのが嫌になり

紳士なフリして
それ以上はする事なく
一時間ぐらいして帰ってもらった

帰った後は
ババアの匂いを消すために
窓全開して空気を入れ替えた

二日目、というか
その次の日に起きてみたら
そのオバサンからやたら
サイト内メールを送って来てる

起きて読んでみると
久しぶりにギュっとハグされたらしく
どうやら俺に惚気てる感じ

今日も会いたいよぉ~

みたいなのばっかり来てたんだが
正直そのメールだけでも
普通にキモかった上に
金銭的にもブスオバサンに
たくさん投資するのは嫌

でも一日経って
キモいと思いながらも
お誘いメールに若干チンコがムズムズしてきて

つい

じゃあ俺の家に直接来いよ

で、メールしてしまった

そしたら、来た

ブスでキモい四十路ババアが

で、二日目もキス

それから
おっぱいも揉みまくり
また童貞の俺はノーハンド射精

ちなみに、この時点では
メールアドレスも
電話番号も交換してない

向こうは交換したそうだったし
出会い厨的には、一回目会ったら
チャンス逃さんとばかりに
連絡先を交換するんだろうが

童貞な俺は
初体験は好きな相手としたいから

このババアには
フェラだけやらせときたい

それに下手に接近すると
このキモいオバサンに
彼女面でもされたら

イライラ通りこして
ブチ切れて
ぶん殴ってしまいそう

むしろこっちが距離を
保とうというポジションに入った感じ

実際、ハグしただけで
一日目の晩は
あんなキモいメール送ってくる
メンヘラな地雷熟女だし

適切な判断だったかとは思う

で、二日目こっちの家まで
足を運ばせたあたりから、閃いた

無料ババアデリヘルに出来るじゃねーかって

なにしろ、一日目ぜんぶ
奢ってやったからと言って
二日目こっちの家に来て帰すまで
交通費含め一銭たりとも払ってねぇからな

三日目、どうもその次の日も
来たいようだったから
謹んでお招き申しあげた

連続三日間な

流石にこの頃から本格的に
俺の彼女面しだして
計画の破綻が見えたので
慎重にはなったつもり

が、ついに、ブラの下から
生でおっぱい揉んでる時に

「うちらって
付き合ってるやんね?」

と聞いてくる

20歳の大学生が
四十路のブスババアと付き合う訳ねーだろ!

イカれてんじゃねーぞ!

内心では、こっからの
身の置き方が見えなくて
本気で悩んだが

ここでムードを壊してまで
無料オバサンデリヘル化ってのに
挑戦するチャンスを
失うのも惜しかった

「当たり前やん?」

って言って、服まくって乳首しゃぶった。

で、付き合ってるとまで
言ってしまったので

このままズルズル行くと
彼女面されて
デリヘル化に失敗しそうなので

メンヘラブスババアは
自分を彼女と思う

僕はデリヘルと思う

っていう、世間でよくある路線に変更

一応、自分の中では
そう納得したが
その後からの彼女面が本気でウザくて

付き合っていることを
認めた時点で分かってはいたが
正直、認めたのは
失敗だったなと思っている

本格的、自分のクズさが
露呈し始めて
一人で爆笑し始めるのも、この頃

クズ童貞

で、三日目のうちに
本来の目的まで行こうかと思った

というのも、察するに
どうも強い押しには負けちゃう
頭パーなメンヘラおばさん

どうやら出会い系も
金銭目的もあるだろうが
男から優しくされたい願望の強そう

「口でして?お願い!!」

って言うと
ホント嬉しそうな顔して

「いいよ」

ってズボンを脱がしてくれて
俺の股間に顔を埋めて
フェラチオしてくる

上目遣いをしてくれるんだが
そのフェラ顔がまたなんとも
ブサイクw

こっちみんな!

と思いながらも
初フェラは超気持ちいい~

さすがメンヘラのキチガイババア

セックス経験豊富なのか

今にも射精しそうな感じになると

今度はババアが

「私も触って」

とスカートとパンツを脱いで
顔にオマンコを持ってきて
69の体位になる

マジか!

と思いつつも
チンコはギンギンでババアのマンコだけど
舐めるぐらいしてやるかと

顔を初めて見る生マンコに近づけると
超クセーのw

ドブのような悪臭がする臭マンコ

マンコってこんなに臭いのか?

それともこのババアだけか?

俺はパニックになりながら
マンコから顔を背けると
ババアが腰を下ろし
押さえつけるように顔に
オマンコを密着させてくる

ゲロ吐きそうなぐらい悪臭で
もちろんチンコがフニャチンになってしまう

「何でオチンチン元気なくなっちゃたの?」

ってクサマンおばさんは
不思議そうな顔している

お前のオマンコは超クセーんだよ!

とはさすがに言えず

「何か緊張しちゃって」

とごまかすと
何を思ったのか

ババアはいきなり立ち上がり
そして俺のフニャチンを
無理やりマンコに挿入してきやがった

いやいやちょっとまて
初体験は好きな女性とするって決めたんだよ!

俺は必死にババアを押しのけようとすると

「大丈夫、恥ずかしがらなくていいんだよ
全部私に任せて!
気持よくさせてあげるから!」

とババアに逆レイプされ
強制筆下ろしされてしまった

臭マンだが、超エロい腰使いで
俺も気持ちよくなってしまい
ババアのオマンコに中出し射精してしまった

射精後の鬱は半端なかった

メンヘラババアは俺に抱きついてきて
顔中にキスして
一人ラブラブモードにはいっちゃてる

「浮気したら許さないからね!」

って何か物凄い怖い目しながら
言ってくるし

下手な事言ったら
包丁とかで刺されるんじゃねーの?

って恐怖が湧き上がってくる

それから毎日のようにメールくるし

ヤリたくなった時だけ
呼べばいいやっと思っていたら
大学から帰るとババアが俺の家の前で
待っていて

「何でメール返してくれないの!」

って激怒しまくってる

そっから地雷熟女が
ストーカー化するまでは
超早かったw

ひっきりなしにメールと電話や
自宅での待ち伏せ

これはマジでヤバイと
夜逃げするように俺は引っ越しする事になってしまった

タダマン出来ると思ったら
滅茶苦茶高い出費になり

その上最低の初体験で
やはり性欲に振り回せると
ろくな事になりませんよ

この初体験は
人生最大の汚点です


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: