FC2ブログ
2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

【熟女体験談】ホットヨガ講師をしている美熟女な叔母を無理やりレイプ

kage

2018/05/06 (Sun)

ホットヨガ講師をしている
美熟女な叔母がいるんです

叔母は46歳になり
エクササイズされた美しいBODYの
持ち主なんです

今から10年前

ホットヨガ講師の叔母36歳

僕が16歳の時

初めて叔母相姦をしたんです

関係と言うより
無理やり叔母をレイプしました

彼女は僕の母の妹で
結婚はしていましたが

当時別居中で1人くらしで父親(僕の祖父)所有の
テナントビル3Fを借りて
ホットヨガ教室を運営していました

1Fが教室で2Fは事務所で
3Fが住まいにしていました

叔母は甥の僕を小さい時から
かわいがってくれました

当時叔母は
広告のモデルもしていました

身長165cmの長身で
小学生の時から僕は叔
母を特別な感情で見ていました

今でも忘れはしません

僕が11歳の夏

叔母の友達と
海に連れて行ってもらいました

叔母の白いビキニ姿が
あまりにもエロ過ぎて
勃起してしまいました

その時撮った写真で
初オナニーをし
精通したんです

でも裸は一度も
見たことがありませんでした

僕は高校で軽音楽部で三人で
ビギンのコピーバンドを組んでいました

ギター3人で学校で練習したり
家で練習したりしていましたが

家ではうるさいので叔母さんのホットヨガ教室を
休みの時に使わせてもらう事になりました

初めて彼ら2人に叔母を紹介した時

あの人お前のおばさんか?

女優さんみたいだな!

とかその時から
美熟女な叔母さんの話で盛り上がりました

僕はなぜか彼らが叔母の話を
しているのを見ると以上に
興奮してしまいます

たまに叔母が彼らに
強姦されているのを創造して
オナニーをしていました

ある時忘れ物を取りに3人で
教室に行ったとき叔母は鏡の前で
ストレッチをしていました

ピタッとした素材の
スパッツを穿き
大きな胸と股間の食い込みに
クラクラするほどでした

友達も目を真っ赤にして
興奮していました

僕らは練習の時以外にも何かと
理由をつけて事務所に立ち寄り
叔母のホットヨガを見学していました

そして内緒で盗撮し
うちに帰り、打ち合わせと称して
ビデオ鑑賞やダビングをして
彼らにあげました

それで、事務所に3人で行った時
叔母が事務所に入ってきました。

「健ちゃん(僕の呼び名)達いたんだ
ギターもいいけど若いんだから
体を動かさなきゃだめよ」

と言いました

バンドだって
体力がいるんだからと言いました

叔母は僕を男としてみていません

それより彼らは叔母の姿に
度肝を取られていました

白い上下分かれている
ビキニスタイル上がタンクトップ
下がビキニになっていました

そして、もしよかったら
毎週土曜日の夕方から10時までの間なら
君達に体操を教えてあげるわ

土曜の夕方1時間でも
筋肉と体力の方も鍛えなさい

と言われ、僕たちは2つ返事で
お願いします

とこたえました

じゃあ来週の土曜日の4時からね

と約束しました

木曜日、僕の家の人が
親戚の家の法要で泊まりで出かけるので、
叔母の家でご飯を食べる事になりました

僕は叔母が教室が
終わるのを待っていました

それと彼らに約束した盗撮ビデオを
カバンの中に仕込み

叔母の姿ををいつもと同じ
撮影スタンバイしました

しばらくしたら叔母が

「健ちゃんごめんね」

と言って部屋に入ってきました

今すぐ支度するからねと
キッチンの方に向かっていきました

僕もビデオのスイッチを入れて
手伝いにいきました

叔母は、ライトブルーのタンクトップと
白のムチムチのホットパンツで
ストッキングは、はいていません

僕は叔母のホットパンツの
お尻を見ているうちに
だんだん我慢できなくなりました

長年の思いがもうどうにもならなく、
もうどうなってもいいと思い

清水の舞台から飛び降りたつもりで
後ろからお尻の方から手を差込みました

笑顔で話し掛けていた
叔母の顔が突然変わり
キャーやめてと悲鳴をあげたんです

「健ちゃんやめて
健やめて」

と叫びましたが
僕の思いは止まりません
美熟女な叔母の
股間をこすり続けました

「こら健」

と叫び続けましたが
僕はこすり続けました

たまにオッパイをもんだりしました。

30分くらいこすりつづけた時

「ウワ―ヲ」

と野太い声がして
叔母に異変が起きてきました

股間がピクピクしだし

「ウン~ウ~ン」

とうなり始め抵抗も薄らぎました

あお向けにしても
後ろにいても思うままに動かせ
僕はホットパンツを脱がしました

パンティーが婬汁で
濡れていました

叔母は放心状態みたいになり
僕はチャンスだとレイプを続けました

タンクトップを脱がし
ブラジャーも奪いましたが、
意識が無い見たいでした

ピンクのパンティーも脱がしました

その間も股間はこすりつづけました

驚いたことに叔母は
処理していると思ったら
陰毛を全部剃ってパイパンなんです

仰向けにしたら盛り上がった所から
一筋の亀裂が小学生のような
綺麗なマンスジが出てきたんです

僕はそのワレメをかき分け
憧れのパイパンオマンコに
指を入れピストン運動をしつづけました

叔母は全神経がオマンコに
集中してしまいました

そうしてしばらくして
オチンチンを挿入し
本気レイプしたんです

その頃には
叔母はまるで痴女のように

「いっいく」

と官能的なアヘ顔になり
犯されているのに絶頂してしまったんです

叔母を本気レイプしたのを
きっちり撮影されていました

バッテリーとテープを取り替え
僕は叔母の手と足を縛り
叔母を叔母の寝室に連れて行きました

僕は叔母のスパッツを全部引っ張りだし
叔母の前に置きました

そしてそのスパッツを着せ
叔母を5回も本気レイプしました

そのすべてをビデオにとりました

そして土曜日の4時
叔母の教室が始まりました。

その前に友達が

「叔母とHしたいな」

といつもの口癖を言いました

弱みを握ってやっちやうか?

と僕はいいました。

叔母がやってきました

スパッツ姿ではなく
白のビキニでノーブラで
乳首がモロ見えていました

そうして紐パン

しばらく体操をしていると
叔母に彼らの前に立つように合図して、
叔母に紐パンを落とすように命じました

彼らのまえで叔母の紐パンは落ち
マン毛の無いパイパンの
割れ目が露出させたんです

ゆっくり隠すように命じ、
そして、

「今見たことを内緒にしてとお願いしろ」

と命令していました。

叔母は私が全部剃っている事を
誰にも言わないでど僕らにいいました

僕はじゃあやらせてくれたら
黙っててやるよといいました

叔母は

「分かったわ」

といい

君たちやっちゃえよとけしかけました

これは全部僕のしくんだことです

犯されている叔母お見て
興奮していました

それから毎週土曜日は
叔母の肉体鑑賞会になり
大好きな叔母を恥辱する日になりました


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: