FC2ブログ
2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

【熟女体験談】いつも超ミニスカで美脚を出している露出狂の実母はパンチラしながら自転車をこいでいる

kage

2018/04/12 (Thu)

実母は恐らく露出狂の
変態だったと思うんです

見られたがりの
痴女だったのかもしれません

私の子供の時の体験ですが、
一緒にお母さんとお買い物に行くとき

母はいつも超ミニスカで
買い物に行き

足は細く、脹脛がふっくらとして
足フェチで熟女好きな男は
堪らないセクシーな美脚を露出していました

子供時代の私はいつも、
母の自転車の後ろに乗って、
母を見ていました

母と一緒に買い物の行く時は
自転車に乗り

超ミニスカを履いて
肌色のストッキングを履き

サドルに座るとミニスカが上がり、
肌色のストッキングから透けて
白のパンティーがチラ見えさせてるんです

母は気にせずに、
いつものスーパーへ自転車をこいで
買い物に行きます

子供ながらに男性達が
自転車にのってパンチラさせている
母をエロい目で見つめているのを
感じていました

そして、スーパーに着くと
ミニスカを直してスーパーに入り
買い物に行きます

男性店員たちは

「いつものセクシーなおばさんが来た」

と評判でした、

母が、カートを押して
私は、母の後についていました。

すると、男の店員が来て
母は、商品を選んでいると店員は、

商品の箱をわざと
母の足元に置き

商品を並べながら、
母の足元から見ており

スカートの中を覗くように
頭が足元へいき
下から覗いてにやりと笑いました

そして、母のミニスカを覗いていた店員は
他の店員のところに行き、
笑いながら話していました

おそらく

「肌色のストッキングで
白のパンティーが透けている」

とか話していたに
違いがありません。

そして、40歳ぐらいの客が
母に近づいてきて

母が高いところに商品があり、
背伸びをして、ミニスカが上がり

お尻スレスレまで見えて、
男の客はしゃがみ
下から母のパンツを
覗いていました。

にやりと笑い、低い声で

「見えた」

と独り言を言っていました、

そして、レジに並び
精算を待っているいと

20代の男の客が靴に
小さい手鏡を付けて
母の足の間に入れて
靴を動かしながら、
ミニスカの中を覗いて
ミラーマン覗きをしているんです

そして、買い物が終わり
スーパーの中にある
ソフトクリームのお店で

私はベンチに座り
ソフトクリームを食べていると
母もベンチに座り休んでいました、

ベンチに座るとミニスカが上がり

パンティースレスレでしたので
足を組んでいました

買い物客の男たちは
母の美脚を見ながら歩いていました、

男たちの話で

「あの奥さん、足がきれいだなぁー」

と言いながら通り過ぎて行き
母をナンパする男もいました、

「奥さん、お茶でもどうですか」

と言うと、母は
無視をしていました

そして、私は
ソフトクリームが食べ終わり
立ち上がり

母の立ち上がろうと、
組んだ足を崩そうとしたときに
男の視線が母の太ももで
パンティーが見える瞬間だったと思います、

一斉に男達が立ち止まっていました。

母は気づき手で
ミニスカを押さえていました。

そして、自転車に
買い物をしたものをカゴに入れて

私を後ろに乗せて、
母が自転車に跨いだ瞬間に
シャッター音が聞こえて
母のパンチラ盗撮されていたのです

母は気づかないのか、
フリをしているだけのかわかりませんが

自転車をこいで通り過ぎ
カメラを持った20代の男たちが

「パンチラ撮れたぜ」

と言っており

「あのおばさんの美脚触りたい」

と通り過ぎる母の股間を
見ながら、言っていました

ちょっとエキセントリックな母で
還暦を過ぎた今でも
超ミニスカって訳ではないですが

60代のお婆さんの割には
膝を出すような短いスカートを
好んで穿いているんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: