FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】息子にオナニーの仕方を教えてあげて、おっぱいを吸わせる優しいママ

kage

2018/04/10 (Tue)

ママが僕を起こす為に
ドアをノックして

「もう朝よ~」

と言う声が聞こえてきました

僕はママの素敵な声で
心地よい目覚めを感じ

そして、ダイニングに降りると、
朝の用意が出来ていて
ママはエプロンを脱ぐところでした

紺のニットのワンピースを着て、
コーヒーの香りと一緒に
ママの良い匂いがしました

ママと何気ない会話をして
後かたづけをしているママを
目で追っていました

ぴったりしたニットのワンピース

エプロンの下で、
歩く度に上下していそうなおっぱい

洗濯をしに脱衣所に行ってしまいました

広末のCDが終わる頃に
ママが戻ってきました

ちょっと顔が上気しているようで、
疲れたのか

「ママの肩、マッサージしてくれない?」

って、言われました。

どきどきしながら、
ママの肩に手をのせました

ブラジャーの紐がないようで、
ジーンズの中は
また大きくなってしまいました

柔らかい肩、すべすべした首筋

おちんちんを
ママに密着させたい!

そう思ってた矢先
ママが振り返りました

ママの背中が、撫でるように
当たってしまいました

あわてて、腰をひいたんですが、
ママは、にこっと笑って
こう言ったんです。

「ユウ君は、いつもそうなの?」

なんのことか、
とっさにはわかりませんでした

ぼくが黙ってると

「このところ、ブリーフがよごれていたり
いまみたいになってたり
この前、満員電車で
ママは、とっても、困ったわ
あれもユウ君だったのね」

実はつい先日
学校に一緒に行くので
ママと電車に乗ったのですが

満員電車で身動き
できなくなってしまいました。

僕の腰は、ママの右腰に密着して
なんともなかったのが
どんどん大きくなってしまいました

ほんの十数分のことで、
ママは何もないように

学校のこととか、を話していましたが、
揺れで押されたり、離れたり、
我慢するのが大変でした

ママはそのことを言ったんだ
と思います。

「若いから仕方ないけど
夢精でブリーフを汚すのは、よくないわね。
もう、高校生になるんだから
オナニーのやり方ぐらい、知ってるでしょ?」

「知らない」

とうつむいて答えると
ママは、しばらく黙っていました。

大きく、ほんとに、大きなため息でした

「部屋にいってらっしゃい、あとで、行くから」

部屋に戻って、少しして
ママが入ってきました。

ホントにママはきれいです

「ユウ君、これから
オナニーの仕方を教えてあげるわ
ママもよくは知らないけど
ブリーフを汚すより、いいしね
恥ずかしがらないでね、大きくなったら
ユウ君の右手で親指と人差し指で
こう、丸くして、
あそこにあてがうの、いい?そして、こんな
ふうに(ママはゆっくりと手を上下させました)
こするのね、先っちょとか
えらが張ってるとことかを」

こんなことを、もっとやさしく、
教えてくれました。

「じゃあ、やってごらんなさい」

と言われて、どうしていいか、
わからなくて、呆然としていると
ママは、ジーンズに手をかけて
脱がそうとしました

ぼくは、されるがままになり
ジーンズを引き下ろされ、
ブリーフも一緒に下ろされて
しまいました

オチンチン丸出して
恥ずかしくても、ぼくのは
もっと大きくなったような気がしました

ママは、じっと見ているだけで
それ以上のことはしてくれません

ぼくは、言われるままに

ママの教えてくれたように
オナニーをしました

いつもとちがうのは、
そこにママがいるだけです

ママはぼくが射精するのを見ると
部屋を出て行きました。

「ユウ君、テニスでもしない?」

と、ドアの向こうから、
いつもと変わらないママの声がします

汚れたブリーフは、少しだけ、
ママとぼくを近くしてくれたけど
思ったとおりにはなりませんでした。

ぼくたちは、自転車で
近くのテニスクラブに行きました

ママの友達がすでに
プレイしていて、ぼくたちは
ダブルスで加わりました。

何試合かやって、結構汗もかいたところで
予約の時間が終わって、ママの友達は、

「お茶できないけど、またね」

と言いながら、帰っていきました。

「ユウ君、シャワーは
家に帰ってでいいわよね」

と言うので、
いつもはお茶のため、
クラブのシャワーを使うのですが、なぜか、
ぼくは、胸が、おちんちんが
大きくなるような感じがしました

家に着くと、ママは

「汗が冷えちゃって、ちょっと寒いわね」

とか言いながら、浴室に入って
浴槽に湯をため始めました。

「ママ、お風呂入るの?」

と聞くと、

「ちょっと、寒いから
ユウ君、先に入ってて」

と、ぼくを、脱衣所に残して、
リビングの方に戻って行きました

一緒に入るの?

まさかね、と思いながら、
テニスウェアを脱いでると
また、むくむく、
と、大きくなってしまいました。

ママの太腿、細い足首

スポーツブラじゃないのかな
ポロシャツの下で
大きくなったり、小さくなったりしている乳首

シャワーをおちんちんの裏にあてて
ママのことを考えていると
なんて気持ちいいんだろう

「ユウ君、入るわよ」

ママの声にびっくりして、
勃起から、白いものが飛び出してしまいました。

「まあ」

ママは、タオルで前を隠して
バスルームの入り口で
びっくりしていました

おっぱいも何も見えなかったけど、
太腿や腰の線は、ホントに緩やかな曲線

それを見ただけで、
先っぽから白いものが出ていたやつは
また、上を向いてきました

「シャワー貸して」

とママはぼくから、ノズルを取ると
おちんちんに水をあびせかけました。

もう、タオルで前はおおっていません

想像してたとおりのおっぱいが
手のとどくとこにあります

ママは、手に石鹸をつけています。

「きれいにしなくちゃあね
また、おっ立ってきちゃつたわね」

とハミングでもしてるように、
おちんちんを両手で洗ってくれます

どんどん固く大きくなっていくような
気がしました

「ユウ君も、大人になったのね」

石鹸を洗い流しながら
ママは言います

ぼくは、何も考えられなくなり

「ママ、ママ」

と言いながら、抱きついていました

やわらかいおっぱいがぼくの胸の下に
おちんちんは、ママの下腹に
くっついて密着しています

ママは、やさしく背中を抱いてくれます

「ユウ君、お風呂に入りましょ」

ママに抱かれるように浴槽に入りました

ママのおっぱいは、
湯の上に浮いていました

初めておっぱいに触りました

乳首は、ぼくの小指の半分くらいの大きさで、
乳暈は、うすいピンク

乳首から下の方にかけて
量感があるおっぱいでした

「ユウ君が噛んだあとがあるでしょ?」

「ママ、おっぱい吸ってもいい」

と聞くと、何も言わずに、
ぼくの頭を近づけてくれました

なんて言ったらいいのか
とても、おいしい味がしました。

ママは、目を閉じて、
ぼくの髪の毛を撫でていました

「もっと、やさしく
舌でころがすようにそうよ」

ママの手は、髪の毛から
ぼくのおちんちんに移っていて
やさしく包んでいました

爆発しそうでしたが

ママと入ってるお風呂で
出せないと思うと、我慢ができました

しばらくして、ママは

「ユウ君のおちんちん見せて」

と言いました。

浴槽の中で、ぼくが立ち上がり
ママは、縁に腰を下ろしました

「きれいなピンク色、」

と言いながら
亀頭から竿にかけて撫でました。

「ママ、ぼく、また、出ちゃいそう」

すると、ママは
両手でおちんちんを包むと
顔を近づけてきました

舌で、先を一二度なめると
おちんちんを口に含んでくれました。

なんて、気持ちいいんだろう!

舌が亀頭のまわりをまわるか回らないかで、
ぼくは、いってしまいました。

ママはひくひくしているおちんちんを
ずっと、とても長い時間含んでいてくれました。

「ママ、とっても、大好き」

というと、微笑んで

「ユウ君、パパには、内緒よ」

と、やさしく、言いました。

「ユウ君が、ブリーフあんまり汚すから
パパに相談したら、ママが
ユウ君にオナニーの仕方教えろ
って言われたね
そんなぁ、って思ったけど、朝
言われたとおり、教えたわよね
そして、ユウ君のを見てたら
ママ、急に、なんだか、あなたが愛しくなっちゃって
スポーツで汗流せば
もやもやがなくなると思ったけど
ユウ君がママのおっぱいばっかり見てるから
いい、ユウ君、これは、内緒よ
ママとユウ君の秘密!」

「わかったよ、ママ
でも、また、して欲しいんだ」

と言うと、
やさしく、キスをしてくれました

ぼくの味がいっぱいしました。

「さあ、あがって
パパがもうすぐ帰ってくるわ
あらら、また、元気になりそうね」

もう一度、ママは口でしてくれました。

夕方、パパは帰ってきました

ぼくたちは、何もなかったように
パパのゴルフの話を聞いていました。

パパは疲れた

と言って
ママと早く部屋に行きました

ママは、ぼくの方を見て、

「ユウ君も疲れたでしょ
早く寝るのよ」

と言いました。

ぼくは、なんだか、ママとパパは
今日エッチをすると思ったので

「ぼくも寝るよ」

と言って、部屋に下がりました。

頃合いを見計らって、廊下に出て
寝室の前に来ると、ママの押し殺したような声と、
パパの何か言ってるような
声が聞こえました

全然、嫉妬は感じませんでした

ママの声と一緒に教えられたように
オナニーをして
とっても幸せな気持ちになりました


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: