FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】シングルマザーのレジのおばさんを車で送って正上位→69→バック→69→騎乗位と楽しんだ

kage

2018/04/04 (Wed)

普段雪が降らない地方に住んでいるんだが

その年は珍しく大雪が降った

それで、会社帰りに、夕食を買って帰ろうと
近所のスーパーで買物して、お店から出ると
駐車場から出ようとして
モタモタしているドン臭い軽自動車を発見

下手糞な運転だなーと
車を見ていると、運転しているのは
顔見知りのレジのおばさんだった

俺は手伝ってやろうと思ったが
動かない

ノーマルタイヤだったから
諦めるように言ったら、
パート主婦の家も
オレの近所だと判り、
送って行く事に

パート主婦の家周辺は停電

灯油ストーブは有るけど
灯油が無いとの事で近くのガススタで灯油を
買って持って行ってあげたら

「カセットコンロで
鍋作ったから食べてって」

と誘われた

「でも旦那さんに悪いしー
俺緊張しちゃいますよー」

と言ったら、どうやらバツイチで
独身子持ちのシングルマザーだった

年齢は四十路前半

その日、小学校に通う娘さんは、
小学校から実家の方が近いらしく
大雪だったので実家の方に泊まる事になったと

鍋とビールを進められ、
車はおばさんのアパートの駐車場に
置いて行く事にして飲んでた

たらふく飲食いして帰ろうとしたら、

「停電が回復するまで居て欲しい」

と甘えられ
ホットワインを飲みながらエロ話に

酔いがまわったのか

「熱い」

と言ってセーターを脱いだら
ウトウトしながら身体をよせてきたので、
抱き締めたら抵抗もしなかったので
服の上からおっぱいモミモミ

背中のブラホックを外して
直接生乳を触ると

乳首は硬く調子にのって揉んでると、
小さな声で

「あっやっ」

と官能的な喘ぎ喘

俺は興奮して、
乳首にむしゃぶりついて
デニムをずり下げると

「嫌っエッチ」

と言いながらも抵抗は無い

オレもギンギンに射きり起ってきたから、
そのままパンツを触ると

湿りなんてもんじゃなくて
ぐっしょり濡れて失禁したのかと思ったけど
触るとヌルヌルのマン汁だった

舐めようとしたらおばさんが

「停電で洗えなくて
汚いから止めて」

って股を閉じようとしたけど、
どうしても洗ってない臭マンコを
舐めたいから

強引に顔を突っ込みパンツ越しに
ペロペロと強制クンニ

喘ぎ声を必死に堪えながら、
腰をガクガク痙攣しながら絶頂してた

オレもズボンとパンツを脱いだら

「エッチなんだからぁ」

と言いながらフェラしてくれ
そのまま69へ

おばさんのパンツを脱がして
臭マンコに吸い付き

クリをペロペロしてるとドロっした
マン汁が溢れ出て、我慢出来なくてハメる

久しぶりの生ハメで抜き差しの度にグチャグチャ

音までするから直ぐに果てそうになり
チンコを抜いて抱き締め
チューしながら手マン

ぶりっ子する痴女おばさんが
手コキしてくれて

気持良くてまた逝っちゃうって
言いながら腰をガクガクしながら絶頂

手コキされてるオレも逝きそうなり、
気持良くて出そうって言ったら

「飲んであげる」

って言いながらパクっとされ果てると
バキュームフェラで搾り抜かれたw

ヘロヘロになった普段は射精したら
触られるとくすぐったく成るけど
気持良くてそのままハメれた

2回目なんで少し余裕も有って

正上位→69→バック→69→騎乗位と楽しめ
騎乗位では大量のマン汁が出てきて69で果てた

おばさんがクンニが大好きらしく
久しぶりにクンニされて嬉しいと
ゴックンしてくれた

停電は夜中に復旧したけど、
大雪で身動きが出来なくて
日曜の朝までハメまくってた

ブスでも無いけど美形でも無い
普通の四十路おばさんだけど
垂れ気味のデカ乳輪と薄毛のマン毛

そしてちょっぴり臭いオマンコ

デカクリ、大量のマン汁は
超ドストライクだった

土曜の朝にはヤリ過ぎで
ヒリヒリするって言いながらも
拒否されないのでハメまくってた

迷惑な大雪だったけど
オレにはラッキーだったよ

しかし美熟女でも無いし、
若くもないし

何度もレジで会計して貰ってた時は
おばさんの事は何とも思わなかった

近所だから変な噂になるのも怖いし、
飯と酒で帰るつもりだったんよ

子供が居るから頻繁には会えないけど
しばらくはぶりっ子しまくる
スーパーのパートおばさんを
オナホ代わりに使わせてもらうわ


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: