FC2ブログ
2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

【熟女体験談】親戚の家で飲みすぎて泥酔している母に夜這いをかけて中出し

kage

2018/04/03 (Tue)

童貞喪失したのは中学時代の夏休み

インターネットで仲良くなった
四十路の中年オバサンだった

そのおばさんはショタコンらしく
俺が中学生だと言うと、
やたら食いついてきて
実際に会って、即パコ筆下ろしされた

超エロい痴女おばさんとの初体験で
俺はSEXの虜になり

次の日の朝から
既にもう一度SEXしたくて堪らなかった

しかし、そのオバサンとは
連絡がつかないまま3日が過ぎて
母親と親戚の家に泊まりに
行く日になってしまいました

その夜、飲み過ぎて
ベロンベロンになって
部屋に担ぎ込まれてきた母は

俺に背を向けたまま
うつ伏せに崩れ落ちると
親戚のオジサンは

「ゆっくり寝ろよ」

と言い残し部屋を出ていきました。

ワンピースからチラつく
紫色の見慣れたはずのパンティも
SEXを体験し、大人の階段を一歩登った俺には
何故かいつもと違って色っぽく見えて

その時の俺にとっては
目の前に横たわっていたのは
母親ではなく一人のエロい熟女でした!

そっとパンティをずり下げると
真っ白なお尻が露になり

軽く足を広げると
3日間求めて続けていた愛しの生オマンコが

起こさないように
そっと指でいじって夜這いすると
寝息に吐息や微かな喘ぎがまじりあい

それと共に母は濡れてきて、
いよいよ入れようとすると

うつ伏せになって
顔が見えないとは言え

さすがに母親の顔が
脳裏に浮かんで躊躇してしまいました

しかし、そんなものは
すぐにどこかに消し去り

この前のオバサンのオマンコの
気持ちよさを思い出し

母の足を広げ穴を探りながら
チンコをあてがい押し付けていると
ニュルッと自然と引き込まれ
挿入してしまった

うわっ

思わず声が出そうになりました!

この前のオバサンとは比べ物に
ならないくらいの締め付けと吸引力の
名器なおまんこ

電気を消して、
寝息や吐息の感じから白倉先生という
音楽の女教師を想像しながら腰を振っていると

あまりの気持ちよさに
実の母親なのも忘れて

白倉先生ーー

っと心の中で叫びながら、
そのまま膣奥深くに
ドピュドピュと勝手に中出ししてしまった

チンコを引き抜き
軽く飛び散る精液を見たら

泥酔して寝ている母を
夜這いレイプしてしまったと

急に罪悪感が込み上げてきて
慌てて下着等を戻し

急いで布団に潜り込むと
なかなか寝付けない夜を過ごしました。

そのまま朝を向かえ母が起きると、
血相を変えてトイレに入って行き

しばらくして出てくると
母がずっとここで寝てたか聞かれたので

「オジサンが夜中に連れて来た」

ととっさに言ってしまい
母はそれ以上何も言わなかったが
食事の時にオジサンの方を時たま
睨んでいました

己のちっぽけな欲求の為に
お母さんとオジサンを犠牲にしてしまった

鬼のような形相で親戚のオジサンを睨む母

そして、一体何故?とうろたえるオジサン

全部、俺のせいです

すいません


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: