FC2ブログ
2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

【熟女体験談】イケメンご主人にキャンプヴァギナを舐められペッティング

kage

2018/03/30 (Fri)

夏休みに夫の会社の同僚夫婦と
一緒にキャンプ旅行にいきました

一緒にいったご夫婦は
本当に二人とも素敵で
旦那さんは超イケメンで大学時代に
ボート部をしていたらしく
マッチョで逞しい体つき

そして、奥様も上品で綺麗で
ちょっぴり私は嫉妬してしまうぐらい
素敵な夫婦なんです

それで、キャンプしている時
私はオシッコしたくなり、
人に見られないところを捜して
林の中に入りました

すると向こうから
イケメンで素敵なご主人がやってきました

「何処へ行かれるんですか?
この先は人があまり入りませんよ」

と聞かれ

「恥かしいわ、そんなこと言えません
後を付いてこないでくださいね」

とお答えしました

少し奥へ入ったところで
私は我慢できなくなって
スカートを捲ってショーツを脱いで座り込みました

そして恥ずかしながら
お外でオシッコをしました

全部出し終えて、
アソコを拭こうと思い
立ち上がると

突然、後ろから誰かに抱き付かれました

信じられないことですが
それはご主人でした

私が声を出すと大騒ぎになると思い、
声を出さずに我慢して
ご主人から離れようと頑張りました

でも、押し倒されて
両足首を掴まれて両足を開かされて
ご主人の顔がゆっくりと
私のオシッコがついている
ヴァギナに近付いてきました

「いけません、汚いわ
まだ拭いてないの
お口が汚れてしまいますわ
それに、奥様に嫌われますわ」

私はご主人を一生懸命説得しました。

「奥さん、前から好きでした
奥さんに汚い処などありません
綺麗に舐めて差しあげます
任せてください
ああ、なんて素敵なオシッコの匂いなんだ」

ご主人から逃れようと頑張ったんですが、
しっかりと押さえ込まれて
無理やりペッティングされ、
私のオシッコを舐められてしまいました

そして、ご主人の舌が
ドリルのように私のヴァギナに入ってきて

中まで綺麗に舐め取られました

私は澄み渡る青空を見上げながら
狼に睨まれたか弱いウサギの心境でいました

奥様の顔が頭を過ぎる中

ご主人は下半身を曝け出して、
私は目を見張りました

そんな信じられない

こんな大きくて逞しいペニス

奥様はいつもこれを味わっているの!

桁違いに大きいペニスを挿入され
ご主人は激しく腰を動かすと
私はオーガズムに達してしまいました

全てを終えて、
カクカクと身体を痙攣させて
意識朦朧としている私に

ご主人は私の身体を弄りながら

「素敵でしたよ」

と労わってくれました。

「これは二人の愛の証として預かります
キャンプが終わったらお返しします」

ご主人はそう言って私のお気に入りの
ショーツをポケットにしまって行ってしまいました

私はふらつく足取りで
キャンプに戻りましたが
恥ずかしくて
ご主人の顔をまともに見れませんでした。

キャンプを終えて帰るときにご主人に

「ショーツを返してください」

と毅然とした態度でお願いしましたら

「明日お返しします
家までお出でください」

と諭されて、いきなり抱きしめられて、
ディープキスをされました

私はどうしたらいいのか分からず、
一晩中悩み一睡もできませんでした

そして、後日

ご主人のお宅に伺い

奥様が留守と聞かされると気が緩んでしまって、
何度も求められ、
二度目の不倫をしてしまいました

私は何度も昇り詰め
昇天し、ご主人の大きなペニスで
何度もオーガズムに達しました

その日、私はキャンプの時の
ショーツを返してもらいましたが

これで、この関係が終わるのが寂しくて
わざと穿いてきたショーツを忘れ

「また取りに行きます」

とご主人に言い、
私は帰宅しました


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: