FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

【熟女体験談】絶頂感の前に全てのモラルが吹き飛び、生入れの中出しでエクスタシーを感じるパーフェクトな有閑マダム

kage

2018/03/24 (Sat)

官能小説に出てきそうな
エロ熟女って本当にいるんですね

今まで出会い系アプリで
人妻熟女とHして、数々の濡れ場を
体験してきた

その中で歴代一位だった熟女は
山ノ手風の上品マダムの洋子だった

このセレブマダムは48歳の美魔女

金持ちだから、高級エステに行くわ、
毎日のようにテニスをするわ

元々が美形に加えて
優雅に暮らしているから、
身体も引き締まり、肌もきれいで
パーフェクトな有閑マダムだった

それなのに旦那は
何を考えてるんだか

旦那が浮気をしているから
妻の洋子は欲求不満だらけ

もう、僕に抱かれるために
洋子は存在していたのだ

初めて会った瞬間から洋子は
僕に抱きついてくる始末

車の中でたっぷりと
激しく舌を絡めたキスを交わした後
ホテルに入ったら
もう野獣と野獣の肉交

対面座位で美熟女マダムの
唇を吸い続けながら

左手で形の良いお椀のような
美乳を揉みしだき

右手でアナルを刺激した後、
背中に指をツツーと走らせ

その時、マダムの膣には
僕の鋼のような肉棒がぶち込まれていて、
前後左右自在に腰をくねらせながら、
子宮口に先っぽを押し付けながら
グリグリと攻めまくったのだ

そして、二人とも絶頂に達する瞬間、
有閑マダムが喘ぎながら叫んだのだ

「お願い、中に出して~」

もちろん望むところ

ドックーン

たしかに二人の肉体の中で
音がしたように感じた

ああーううー

腹の奥底から込み上げてくるような
快感が一気に頭のてっぺんまで突き抜けた

ドクッドクッドクッ

僕の肉棒から愛が凝縮された
白いマグマが噴き出すたびに、
エロマダムの肉体がビクン
ビクンと反応して震える

やぱり美魔女のセレブ人妻を抱いたら、
中出しに限る

この快感、何ものにも
代えられない最高のエクスタシー!

痴女なセレブマダムも
この絶頂感の前では全てのモラルが吹き飛ぶらしく
僕に抱かれるときは常に
生入れの中出しのインモラルなマダムになった


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: