FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】エログロなおまんこを持つ熟女が電マで大量潮吹き

kage

2018/03/22 (Thu)

老婆になっても女性というのは
男性に抱かれたいものなんですね

昨日、私はインターネットで
還暦を過ぎた62歳の高齢熟女と知り合いました

このお婆さんは
幸子さんという名前で、
閉経していますが、まだまだ性欲があるようで
男性に愛されたいというのです

私もかなりの超熟フェチなもので
一度六十路の老婆との性交を夢見ていたので
幸子さんとの密会を約束しました

そして当日

幸子さんの第一印象は
六十路ながらも溌剌とした
着物が似合いそうな
ぽっちゃりした高齢美熟女でした

60代になってもSEXしたいと思うって事は
心も体も若いんだと思います

かなり気合の入った厚化粧に
甘い香水を漂わせ
私の幸子さんが醸し出す
妖艶な雰囲気に股間が反応してしまいます

しかし、いきなりホテルに誘うのもどうか?

と思い、カフェに行こうとすると
幸子さんの方から

「ホテルへ」

と言ってくるんです

ならばとさっそくラブホに行きますと
シャワーも浴びずにいきなり
69で高齢おまんこをたっぶりと
味あわせてもらいます

おまんこは白髪交じりで
黒く大きなビラビラで
エログロな性器なんです

少し匂いのきついおまんこに
むしゃぶりつくと
幸子さんはすぐにいきそうになった

「ねぇ~、もうマンコに入れて
もう我慢できないよ
ねえお願い、おマンコいっぱい突いて」

と淫語を口ずさみながら
自ら騎乗位で乗っかり
挿入してすぐに膣イキしたんです

がっくり倒れこんできて濃厚にキスして、
舌を侵入させて来る幸子さんを下から突き上げる。

「またいっちゃう。チンコ固くてすごい
おまんこの奥あたる。あーいくいくいくっ」

と連続中イキ

そのまま突き上げ続けるとまた数分で

「あーだめだめ
おマンコの奥まですごい
あーいくいくーー」

と三度目の中イキ

それでも突き続けると、
2-3分おきにおもしろいように絶頂するんです

かなり感度抜群の敏感老婆

6-7回いかしたところで、
俺もイきそうになってきた。

「幸子さん、いきそうだよ」

「すごい、すごい、いいよ
いって、マンコ、マンコでいっぱいいって
いっしょにいこ、いっしょに
あーーいくー」

還暦超熟女のエログロマンコに
たっぷり中出し

幸子さんもビクビク、
数分間痙攣が止まらなかった。

挿入して20分ほどで射精したと思うが、
幸子さんは早くも意識朦朧

少し休んで2回戦

一回出しているので、
私は長く続き40分以上ピストンを続けた

幸子さんは一回目同様に
数分おきにひっきりなしにイっている

途中からうわ言のように

「マンコが、マンコがおかしい」

「チンコすごい、チンコ、チンコ」

と淫語を言いながらいき続け、
最後は口内発射すると、
むしゃぶりついてすべて
ザーメンを飲み込んだ

その後少し疲れたので、
電マで幸子さんのマンコを攻め続け、
最後のイキ地獄で大量潮吹き

あっという間の
濃厚でエロスな3時間

ホテルを出てからも、
幸子さんの家に誘われたのでついて行き、
翌朝まで4回ほどSEX三昧。

アナルも頂き、
マンコにバイブで2穴責めや
電マ責めで
悲鳴に近い声を上げいきっぱなし

翌日の午前に帰るとき、
意識はボーっとした様子ながらも

「チンコすごかった
またしてね。今度いつ来てくれる?」

エロ目になって甘えてくる
淫乱痴女な老婆

幸子さんは70歳になっても
SEX狂いの痴女なお婆さんだと思います

こうなったら幸子さんが死ぬまで
私が責任を持って
いっぱい愛してあげようと思います


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: