FC2ブログ
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

【熟女体験談】駅のベンチで泥酔している熟女OLにレイプまがいのことをしようとしたのだが・・・

kage

2018/03/08 (Thu)

寸止めくらい俺のイライラした
熟女エロ体験です

この熟女は駅前で拾ったんです

駅のベンチで泥酔している
四十路ぐらいのキャリアウーマンな熟女OLを
発見しました

最初は、他人のフリをしながら
隣の席を確保

酔って頭を上下にカクカクした
熟女の顔を覗きこむと
まぁ四十路の割に綺麗なおばさんでした

これはイケる!と悪魔の囁きが聞こえ

こっちも酔ってたので
勢いで軽く背中にボディタッチ

そしたら嫌がらないことを確認

電車を2本ほどやり過ごし、
仲間がいないことも確認

ケータイで駅近辺のラブホを調査

肩を組んで持ち上げたら、
ちゃんと歩いてくれた

豊満なオバハーンで
抱き心地はマズマズ

とりあえず服越しに乳を触る

Bカップぐらいかねー

この一連の作業を
人がたくさんいる中でやったので、
本当は俺も心臓バクバク

見知らぬ酔ったババアを
お持ち帰りしているとバレたら
ヤバイ事になるからねー

改札で駅員さんに

「すいません彼女がダメみたいでー」

と言って通してもらい、
ラブホまでスタスタ

途中、背中をトントンして

「大丈夫?」

とやったら、
向こうも俺をトントンしてきて

「大丈夫?」

と言ってきた

酔ってエロくなるタイプの
淫乱痴女熟女か?

よし決めた!

中出ししていっぱい愛してやろうと!

ラブホ前に到着

ここで問題が

看板を見たら1泊1万2千円もしやがる

あまりラブホが無い街なので
ボッタクリ価格

俺の財布にあるのは8千円

クレジットカードか、
近くのコンビニで下ろせばいいとも思ったが

後のトラブルを考えると
足のつくものは残したくなかった

ちなみに俺のスペックは
子持ちのサラリーマン

一応キチンとした仕事に就いているので、
不祥事が発覚したらクビ&一家離散

「四十路のおばさんと
中出しセックル一晩中チケット」



「家庭」

を天秤にかける。

答えは出た。

とりえず外でヤっちまえw

ラブホの影に入って、
人通りから姿を隠す

とりあえずキス

と思ったら突然抵抗してきやがった

小声で

「ヤダヤダ、タスケテ」

を繰り返す

大声出されたら俺の人生終わり

しかし、熟女も酔ってて
大声は出せなさそうなので続行

緩めのTシャツの首を広げて、
ブラジャーに手を挿し込んで
乳首と生乳を堪能

戯れに乳首に吸いついてみるw

繰り返すけど、
俺こんなレイプ紛いな事を
したの人生初めて

名前も知らない、
何の罪もない素人おばさんの乳首を
チュウチュウw

ヤダヤダ、と聞こえるけど気にしない!

そして下半身に手を伸ばすも、
ここで泥酔熟女が
必死の抵抗を始めた

無理やりやって
暴れられても困ると

とりあえず背中に手を回して
ブラジャーのホックを外してやった

特に意味は無いw

再び肩を組んで、いったん通りに出て、
もっと人気の無い場所を探そうと思ったら、
おばさんも少し覚醒してきたのか、
駅の方に向かって歩こうとする

俺が道を曲がろうとすると、

「あっちー」

と言って抵抗

人通りもあるので、無茶はできない

だんだんムカッ腹が立ってきた

ババアの癖して
何様のツモリだ!

黙って俺に性処理道具になれよ!

あんまり騒ぐと
ぶん殴ってガチレイプすんぞ!



いい加減面倒になったので、

「もう知らねーよ」

と言ってババアを突き放すと、
俺はスラコラサッサと駅に入って、
電車に乗った。

途中で振り返ったら、
必死にメールを打とうとしていたみたいだけど、
無事家に帰れたのかね

本当ムカつく

黙って俺に陵辱されろよ!

糞ババアって感じ


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: