FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】無防備に寝ている彼女のお母さんを夜這いレイプ

kage

2018/02/24 (Sat)

現在付き合っている彼女がいまして
そして彼女の母と叔母
女だらけの家族構成で
生活しているそうなんです

初めて彼女の自宅に行った時は
戸惑ってしまいました

男一人で女三人ですからね

ただでさえ、彼女の母親と初対面で
緊張しているのに

親戚の叔母まで登場するんですから

でも叔母も彼女のお母さんも気さくな人で
すぐに打ちつ解けるようになりました

最近では、週末になると
必ず彼女の家に行き

皆で食事をして泊まって
月曜日の朝に仕事に行く生活が続いています

私達カップルの紹介をしますと

私は31歳で彼女が26歳です

彼女の仕事は販売

母親と叔母は介護ケアーの
仕事をしていたので皆休みがバラバラ

だから、よく母親と
日曜日に2人きりになる事もあったんですが

前から母親の事が気になっていました。

母親は48歳で背が小さく低身長なんですが
ポッチャリの巨乳な可愛い熟女なんです

会う度にいつも
おっぱいに目がいってました。

それは夏の暑い日でした。

今日も家には俺と母親の2人だけ

俺は叔母に頼まれて
縁側にスダレを付けてました。

夏の昼間、俺は暑くて
ビールの飲みながらスダレ付けをしていると、
ふと彼女の母親が居ないことに気づいて
部屋を覗いたら、
母親がベッドの上で昼寝をしてました。

暑いのか

何もかけずにTシャツと
短パンという無防備な姿で欲情する俺

でもその時はいけない

彼女の母親だ!将来彼女と結婚した時には
義母になる女性だ!

って思いとどまり
またスダレ付けを再開しました

スダレ付けも終わり、
また母親を見に行きました

そっと見に行ったら爆睡してました

しかもノーブラで

白のTシャツから微かにチクポチして
乳首の色もわかるんです

でもダメって自分に
言い聞かせて部屋を出ました

それからしばらくして俺は
お酒を飲み、酔っ払ってきて、
さっきの母親の事を思い出し
また母親の居る部屋に行きました

しばらくは熟睡する彼女の母親の横で
寝顔を見ていましたが
もう心臓はバクバク

チンコはギンギン

そして、思い切ってそっと
彼女の母親に夜這いしてキスしたんです

そうしたら母親がハッて目を覚まし、

「何してるの!?」

って一瞬ビックリした顔をしたので、
俺はもう我慢出来なくなって
母親の上に馬乗りになり

キスをしながら
いつも気になってた巨乳を
強引に揉みレイプしてしまったんです

彼女の母親は抵抗しながら

「娘の彼氏なんだからやめなさい!」

って言ったけど、
俺も酔っ払っていて我慢出来なくなり、
半分レイプ状態で母親を襲いました。

母親のオマンコを触ると
既にグチョグチョ

パンツを強引に脱がし
チンコを無理やり挿入し凌辱

すんなり入り、
入った途端に母親は力が抜けて感じ始めました。

俺も夢にまでみた光景に
無我夢中で腰を振り、
巨乳を揉みまくりました。

そして母親に、

「あっいきそう」

って言ったら母親が

「中で出していいよ」

と言ってくれ

ちょっとビックリしたけど
彼女の母親に膣内射精

それからというもの、
母親と彼女と俺の3人で
ご飯を食べに行く時は

必ず母親の前に俺は座り、
机の下で母親のオマンコを足で撫でたり
性的悪戯をしています

2人きりの時は勿論

彼女がお風呂に入ってる時や
彼女の目を盗んでは
必ずエッチをして中出ししてました

母親が生理で出来ない時は
フェラチオをして貰い
官能的な情事に耽っています

熟睡している彼女の母親を
レイプして本当に良かったと思います


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: