FC2ブログ
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

【熟女体験談】逆レイプしつつ寸止めする高度テクニックを使ってきた変質者の清掃員エロババア

kage

2018/02/08 (Thu)

全国各地を出張で行っている
働き盛りのアラサー営業マンです

元々旅行好きなもんで
色んな地方にいける現在の営業職は
自分にとって天職だと思っています

地方よって人柄や食べ物に個性があったりし
空いた時間に、少し田舎町を散策したりと
肉体的にハードですが、結構楽しんでいます

それで、今日投稿する体験談は
ある地方に行った時の事です

そこは田舎街で、
営業先に行っていると
私は急にオシッコしたくなったんです

丁度近くに畑に囲まれた野球場などがある
大きな運動公園があったんで立ち寄りました

平日の昼もあってか、
駐車場には車が数台しか止まってなく、
そのほとんどの車は仕事をサボって
昼寝をしている営業車

俺は車を止め、トイレに向かうと
最悪な事に清掃中の立て看板が!

中を覗くと、清掃員の格好をした
五十路のお掃除オバちゃんが
1人でモップがけをしている。

しかし、我慢出来なかった俺は、
お掃除おばさんに小便を
させてもらえるよう頼んでみた。

すると、清掃員のおばさんは
全然大丈夫だよ

と笑顔でOKしてくれた。

漏らさずにすんで良かったと

俺はトイレに入り溜まっていたオシッコを大噴射

横でモップがけをしていた年増のお掃除おばさんが

「ずいぶん我慢してたんだね!」

とワザワザ俺の放尿を
のぞき込んで笑っていました。

俺は恥ずかしさもあって黙っていると、
お掃除おばさんがまた俺のチンコを覗いてくる

逆の立場なら、完全に変質者だ

覗き魔のお掃除おばさんは

「それだけ大きいモノだと、
やっぱり沢山出るんだね!」

と豪快に笑っている

下品なキチガイなお掃除おばさんだなー

と俺は思いながら小便をしていました。

そして排尿が終わり、
俺が便器から少し離れチンポを仕舞おうとすると、
オバちゃんが突然俺の腕を掴み何も言わず
個室に呼び込みました。

俺の頭の中は?で一杯

すると、キチガイおばさんが

「もうさっきのオチンポ見せてよ~」

と甘えてるような顔を出して、
逆レイプするかのように
俺のチンポをズボンから引きずり出そうとする

そして、ポロリとチンコが露出すると
変質者なお掃除おばさんは、
パクっとオシッコしたばかりのチンコを即尺フェラチオ

チュバチュバとエロい音を立てながら
フェラをしてくる

そのテクニックはハンパない

伊達に見知らぬ男を逆レイプしている訳じゃない

その磨き挙げられたテクニックは
例え皺だらけの高齢変態ババアだとしても
快感でチンポがフル勃起してしまう

その顔の皺の数だけ、
フェラチオの技を磨いたのか?

変質者な清掃員おばさんは
金玉や裏筋を小刻みに舌を動かしながら這わせてくる。

同時に手でチンポをシゴいてきて、
俺は今にも爆発寸前

すると突然、オバちゃんがチンポから口を離し

「やっぱり凄いや!ありがとう」

と寸止めフェラチオ

小悪魔的な糞ババアだ

男を手玉にとるテクニックを全て熟知している

俺は寸止めして、男心を弄ぶ
お掃除おばさんにフェラの催促をしてみると、
オバちゃんが急に立ち上がりズボンと
パンツを下ろし便座に手を置くと

「こっちなら良いよ!」

と汚い熟ケツをつきだしてきた

本当はフェラが良かった俺だが、背に腹は変えられず、
今にも爆発しそうなチンポを
生意気お掃除おばさんのチンコに姦通

オバちゃんのおまんこは大して
濡れてもいないのにヌルッと
俺のチンポを飲み込みました。

そして、もうどうでもよくなった俺は
お掃除おばさんの腰を掴み
ガムシャラに腰を打ち付け
犯すように高速ピストン運動

小悪魔系五十路ババアの
膣奥深くにザーメンを大噴射

事が終わると、冷静になった俺は
慌ててチンポを抜くと、
お掃除ババアの腐れマンコから
大量の俺のザーメンが溢れ床に垂れていました。

そして俺はチンポを拭こうと
トイレットペーパーに手を伸ばすと、
腐れおまんこなお掃除おばさんが
まるでバレリーナのようにクルっとこちらを向き
俺のチンポを口で綺麗にしようと再度、
咥えお掃除フェラ

すると、またオバちゃんのテクニックで
チンポが不死鳥にように復活!

腐れまんこなエロババアは
フェラチオし続け、
俺の子種ちゃんのザーメンをごっくんと精飲

そして、帰り際、清掃員のエロババアは

「またおいでね!美味かったよ!」

と最後も笑いながら言っていた

恐ろしくエロい腐れおまんこなババアが
田舎には生息しているんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: