FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

【熟女体験談】自分の夢を叶え、憧れの女教師になったが、男子生徒にダッチワイフを扱うように乱暴にレイプされてしまった

kage

2018/02/06 (Tue)

小さい頃の夢は先生になる事で、
私は自分の夢を叶え、憧れの女教師になり
教師生活を満喫していました

私が勤務するのは高校で、
その学校で体操部の顧問をする事になったんです

学校でも年頃でやりたい盛りの
男子高校生を刺激しないように
やぼったいジャージ姿でいます

地味な性格と見た目ですが
学生時代は複数の男性とお付き合いして
そこそこ男性経験もあります

当時の私は、丁度アラサーになり、
結婚を気にしはじめましたが
お目当ての男性がいなく、
教師生活をしつつ婚活も頑張っていました

そのせいなのか?

男性経験もそこそこある私の大人の色気を感じだ
男子生徒達の視線を感じることもありました

そして、担任しているクラスに
Mという男子生徒がいたんです

Mもまた、地味な生徒で、
勉強もスポーツもそこそこできるものの、
特に目立つこともない、気の弱い少年

私も、子供の頃からあまり
目立たない女だったので、
そんなMに何となく親近感を覚えた。

ひとりでさびしそうにしているMを見かけたときに、
何気なく声をかけたり、
放課後、マン・ツー・マンで補修をしたこともある。

Mはいつしか、私に恋心をいだいているようだった。

そんな少年のあこがれが私にはかわいかった。

でも、ただそれだけのことだった。

ある放課後のことだった。

誰もいなくなった体育倉庫で、
私が備品のチェックをしていると、突然Mが入ってきた。

「先生」

「え、何?」

Mは何か、私に相談事があるようだったが、
口をモゴモゴさせているばかりで、言葉にならない。

私はなるべくやさしく話しかけたが、
だんだんモジモジしている目の前のM少年に
イライラしてきちゃう

男ならハッキリしなさい!

何モジモジしているのよ!

それに、相談ならなにも
こんな倉庫でしなくても、
とそう思ったときだった。

「はっはっは、やっぱり童貞君は気が弱いな。
先生、コイツ先生が好きなんだってよ。
初めては先生がいいんだってよ」

突然、4人の男子生徒が
ぞろぞろと体育倉庫に入ってきた。

サッカー部のK,柔道部のJ,問題生徒として
評判の悪い不良のY

それに、Sと名乗るYのアニキ分らしい大人の男。

Mとあわせて5人の男達が私の前に立ちはだかり、
倉庫の扉が開かないようにしていく。

私は予想もしなかった事態に、
声も出ぬまま、立ちすくむだけだった。

「センセ、今日はMに
筆下ろしをさせてやろうと思って、
俺が手伝いに来たんだ。よろしく頼みますよ」

Sがそういう。

え、何?筆下ろし?

女教師の私が?

カーと頭に血が上るのと、

男達が襲いかかってくるのが同時だった。

私はマットレスの上に引き倒され、
私の両手をYが、KとJが
片足ずつ無理矢理押さえつけた。

だが、おとなしい性格の私は身を硬直させ、
抵抗することなどはじめからできない。

「やめなさい、あなた達、やめてっ」

という悲鳴を、蚊の鳴くような
声であげるのが精一杯

「よし、じゃあ俺がここで
ビデオにとっといてやるからな、
M,先生の服を脱がせてやれよ。」

Sがリーダーシップをとりながらいう。

Mは震える手で
私のジャージのファスナーを下ろし、
そろそろとTシャツをまくりあげていく。

手を押さえている不良のYは心得たもので、
なれた手つきでジャージと
Tシャツを私の両手から抜いた。

はじめてみる私の、いや女の下着姿に、
Mは息をのみ、ブラジャーの上から
乳首のあたりを指でツンツンつつく。

「なんだよ、M。情けないやつだなあ
早くブラもとっちゃえよ」

順番を待っている男達に急き立てられ、
Mはあわてて背中に手を回し、
ホックに手をかけた。

なかなかはずせなかったが、
はずれないようにと必死で祈ったが、
そのうち、ついにはずれ、
私のおっぱいが強制露出

何本かの手が伸びて、
乳房を、乳首をもてあそんで陵辱していく

Sが横からわりこみ、
私の顔と胸を至近距離からビデオにおさめていった。

それからSの指導が始まった。

「よし、じゃあ今日の授業はまず
オッパイの触り方からだ
先生の胸は大きいばかりでなく、
乳首がツンと上を向いているし、なかなかいい形だ。
まず、こういうふうに下からすくい
あげるように揉んであげる。
そうするとほら、先生が息をのんだだろ
だが、これはまだ恥ずかしさを
我慢しようとしているのであって、
感じているのではないから勘違いしないように
次に乳首をこういうふうにひねってあげる
あとは、舌でやさしくなめまわしてやるんだ
では一人5分ずつ、交代でオッパイをしゃぶるように」

一体なんなの?

私はダッチワイフじゃないのよ!

抵抗しようとするも
無理矢理押し倒され

まずMが私の上にのしかかってきた。

「先生、ゴメンナサイ」

つぶやくようにそういうと、
私の唇に激しくキスし、胸を揉みまわしレイプしてくる

まだ女を知らない飢えた若い男の
愛撫は荒々しいばかりで、気持ちよくもなんともない。

だがMはかまわずに、
私の顔と胸にキスの雨をふらせ、胸をしゃぶっていく。

「よし、M、交代だ。」

「え、もう?」

「ぐずぐずいうな、早くしろ」

5人の男達が次々に
私の胸と顔にむしゃぶりついて
輪姦されていくんです

一段落したところで、
次はズボンだった。

脱げないように必死で尻をマットに押し付けていたが、
Sが手をまわしてひょいと腰を持ち上げただけで、
なんなくぬげてしまった。

次はいよいよショーツ。

Mはもちろん、足を押さえている
KとJもはじめてらしく、
荒い息をはきながらショーツに手をかける。

今度こそ、必死で尻をマットに押し付け、
ショーツをなかなか脱がさなかった。

だが、ずり落ちそうになるショーツから、
時おりアンダーヘアがみえかくれする。

じれた男達が下からまくりあげ、
割れ目の一部がチラチラし、男達はますます興奮するらしい。

それで、Sも、
今度は手出ししないようだった。

最後に、MとKとJの3人が手をかけ、

「セーノ」と力いっぱい引きずると、
無理矢理ショーツはするりとぬげてしまった。

足首からSがショーツをとると、高々とかかげ、

「はーい、先生のショーツだよ、欲しい人?」

全員が手をあげ、じゃんけんで勝った
Kがうれしそうにかぶったり、匂いをかいだりしていた。

「よし、K,J、足を広げろ。
いいか、まずこれがクリトリスだ
ここをこうさわってやる
先生が息を呑んで我慢してるが、
安心しろ、俺がちょいとやさしくおさわりすれば、
どんな女でもヒイヒイいうんだ。まずここをこう
ほら先生がヒッ、って声をあげただろ?
次にちょっと指を入れ、クリトリスを
外側と内側から優しく刺激してやる。
すると先生の息遣いがだんだん荒くなってくる。
ころあいをみて、指をつっこむ。
今、ジュン、って音がしただろ?
こうやると愛液が出てくるんだ。
さらにもう少し奥まで指を入れてこう出し入れしてやると

ほらほら、先生とうとう我慢しきれなくなって、
あえぎはじめただろ?

どうだ、面白いだろ?

女教師のおまんこだって、
どんどんぬれてくる。

なに、くさい?
あはは、先生、先生の愛液、
くさいっていわれてるよ」

ああ、女に生まれたことを
このときほど悔しく思ったことはない。

心はこんなに恥ずかしい思いをしてるのに、
どうして女の体って、感じてしまうの

好きでもない男達から
無理矢理輪姦レイプされているのに、

心は必死で拒否しているのに、
意思と裏腹に、私の体は待ちかねるかのよう
に男を受け入れる用意をはじめている。

この悔しさ、情けなさは
女にしかわからないだろう。

「よし、M,お前はクリちゃん担当だ。
Kはこのへんをこう刺激してやれ。
J、お前はいちばんごついから、
その太い指を出し入れするんだ。
Yは胸をさわってやれ。
お前はなれてるから一人でできるよな?
よし、じゃあいいか、はい、よーい、ドン!」

一斉に男達の手が動きはじめた。

このままでは、本当にダッチワイフのように
おもちゃにされレイプされてしまう

私は、たまらず声をあげる。

「ああっ、いや、やめて、いや」

バカみたいに口をあけてあえぐ
私の顔のアップをSがビデオにとる。

「先生だって愉しんでるんだからな。
みんな、遠慮しないでもっとどんどんやれ」

「いやー、いや、いや、いやーー」

死ぬほどはずかしいことに、
私は生徒達の前で、凄絶に絶頂の声を上げた。

「ははは、先生、まじめそうな顔してなかなかやるね。
よし、M,一番手はお前だ」

勝ち誇ったようにSがいうと、
裸になったMが私の上にのしかかってきた。

「ああ、先生、先生好きです。
ぼく、先生が大好きです」

耳元でそう叫ぶと、
感極まったかのようにMが私を固く抱きしめた。

男の厚い胸に、私のやわらかな
乳房が押し付けられ、押しつぶされそうになる。

若い男の汗でむせかえりそうになったが、
私も一人の女だった。

もともと、好きというほどでもないものの、
Mの初めてのひとになるのは、
まだしも抵抗感が少なかった。

ぎこちないMのしぐさもなんとなくかわいく、
私は全身の力を抜き、身を開いた。

濡れきった私のあそこが、
Mの体をすんなりとうけいれる。

Mは我慢できないかのように
激しく私の中で出し入れしたが、
若いだけあって、すぐに私の中に
熱い精液を放ちレイプしてくる

Mの体がビクン、ビクンとふるえるたびに、
ドクドクと大量の精が私の中に
放出されるのが私にもわかった。

何度も何度も私の中にうちつけた末に、
Mは果てた。

「ははは、童貞君は早いな。
俺が手本を見せてやるよ。おい、ビデオ代われ」

私の上でぐったりしているMを乱暴にはぎとると、
Sは私の脚を自分の両肩にのせ、
そのままの姿勢で私の中に挿入してきた。

私のあそこがSのモノを深々
と咥えこんでいる姿が丸見えだ。

冗談ではない。

Mの筆おろしだけならまだしも、
こんな女をバカにした男は絶対にいやだ

私は抵抗しようとしたが、
はかない抵抗だった。

自慢するだけあって女慣れしたSは、
まるで女の体を熟知しているかのように
みだらな刺激で責めたててくる。

私の腰を娼婦のようにくねらせる、
そんな動きだった。

身をよじって抵抗するどころか、
Sの動きにあわせるかのように体が動き
暗示をかけられたように陵辱される

Sは余裕で私を絶頂までいかせると
私の中へたっぷりと射精した。

次は、サッカー部のK。

Sがいう。

「センセ、こいつのモノ見てやってくださいよ
俺が今日こいつを選んだのは、
実にいい形してるからなんですよ。
きっと先生も満足できますよ」

確かに、Kのモノは絶品だった。

Kもはじめてらしく、
荒い動きだったが、ただ動くだけで、
私のGスポットが的確に刺激されていく。

こんな触感は初めてだった。

「だめ、だめよ」

レイプされた私は
そううわごとのようにいうことしかできなかった。

筋肉の塊のようなKに抱かれたまま、

私はKの精液も体の中に受け入れた。

次は柔道部のJの番だ。

Jは体がいちばん大きく、
その分、モノもとてつもなく大きかった。

濡れまくっているとはいえ、
私のあそこははり裂けそうだった。

そして、今まで、誰からも刺激されたことのない、
いちばん奥の奥までそのモノは達した。

生まれて初めての刺激に、
私の粘膜が歓喜の声を上げる

「先生、先生も少し大人の女らしく
、大人のテクを見せてくださいよ」

Sにいわれるままに私は膣を締め、腰を振った。

「あ、あう、先生」

今度はJが悲鳴をあげた。

巨大なJのモノが私の中であばれまわり、
私をよがり狂わせたあげく、私の中で爆発した。

「最後の仕上げは俺がしてやるよ」

待ちかねたように両手を押さえて
待っていたワルのYがのしかかってきた。

Yもまた女を歓ばせるテクにたけ、
今までの生徒たちの荒々しい愛撫と違い、
やさしく、せつなく私の体を扱ってくれる。

4人もの男達を受け入れ、
疲れきっていたはずの私の体はまたも燃え上がり、
いつしか私はYの体に足をからめ、
自分からYを抱きしめては背中を爪でかきむしるのだった。

「先生、いいですか?」

Yが余裕の表情で聞く。

「や、め、て、え」

そういうのが私の最後の抵抗だった。

「先生、何いってんだよ
先生の下の口、すごく熱いじゃん」

その通りにトロトロになった私のあそこに、Yが射精した。

5人とも終わった

朦朧とした意識の中で、
何かが終わった気がした。

とうとう、5人全員に
犯され輪姦レイプされたのだ

ほとばしるYの精液が私の体の奥へ
ジワーと広がるのを感じたとき、
私の中の何かが崩れ、全身の力が抜けていった。

だが、これで終りではなかった。

ぐったりしている私は引き起こされると、
今度は無理矢理フェラチオを強要された。

丸裸の私を5本の
肉棒が取り囲んでいた。

私は仕方なく、そのうちの一本を両手で握り、
生臭い先端に舌をねぶらせた。

たちまち、その子は恍惚の表情をうかべる。

待ちきれず、根元まで私の口に突こむと
またしてもダッチワイフを扱うように
乱暴に髪を掴んで強引に出し入れする

他の子達は四つんばいになった
私の後ろに回り、あそこを指でいじったり、
雌牛のようにたれさがった乳房を乳絞りのようにもんでいく。

そうやって、5人の精液を口から全部飲まされた。

若いだけあって、そんなに手間をかけなくても
すぐにいってくれたのだけがせめてもの救いだった。

体育会系の若い男達の欲望は、
とどまることを知らなかった。

なにしろ、ここは体育倉庫なのだ。

次は、器具を使ってのプレイだ。

全裸で平均台の上に立って、
片足を上げているポーズや

飛び箱の上にまたがっているポーズ

マットの上で、全裸で開脚前転をしたり、
三点倒立をしているポーズ、その他、ブリッジなど、
床運動でのみだらなポーズ

その全てをビデオに撮られた。

もちろん、そのあとで、平均台や飛び箱の上で、
あお向けにされたりうつぶせにされたりしながら、
前から後ろから犯されたのはいうまでもない。

体操部顧問の私は体が柔らかいので、
男達のどんな要求にもこたえることができるのだ。

しまいには、ロープで天井から
吊るされたまま、前と後ろの穴を同時に責められた。

「どうだ、先生、いいか、いいだろ」

「いいっ。感じるわよっ」

「じゃあ、もっと尻をふっておねだりしてみろよ、
そら、そらあっ」

「ああっ、もっと、もっとお
もっと快感をちょうだい」

そんなことをいった覚えは全くない。

だが、あとで見せ付けられたハメ撮りビデオには、
そう叫ぶ自分自身の姿がはっきりと映っているのだった。

これ以来、私は、毎日学校で
犯されるレイプされる日々が続いた。

いやでいやでたまらなかったが、
従うしかなかった。

授業中、Mがニヤニヤしながら
私をみていることもしょっちゅうだった。

童貞だったMもすっかりうまくなり、
手もなくいかされるようになった。

まして、絶品のKや極太のJがテクを覚えると、
私はどうしようもなく狂わされるしかなかった。

そんな、ケダモノ達の宴が、
毎日のように続くのだった。

しかし、これでは身が持たない。

教師の仕事はそれでなくても過労気味なのに、
毎日夜中まで若い男達の相手を
させられていたのでは、仕事にならない。

昼間、居眠りすることも多くなり、
だんだん周りの目が冷たくなってきた。

どうも様子がおかしいことに
ウスウス気がつかれ始めたようだった。

不良のYはともかく、MやKやJの保護者が、
あまりに毎日帰りが遅いことに不審を抱き始めた。

私は

「妊娠した」

とウソをいった。

男達は顔色を変えると、
その日を最後に、私は呼び出されなくなった。

男達が捕まったのはそれからすぐのことだ。

味をしめた男達が別の獲物を夜の公園で
強姦しているところを、
警官にみつかったのだった。

学校中、大騒ぎになった。

私のこともすぐに余罪にあげられ、
同僚の教職員達に知れわたってしまった。

さすがに生徒達には内密にされたが、
いろいろなうわさが広まっていく。

何のために私は男達の脅迫に
耐えていたのだろう

いたたまれなくなった私は、
Mの担任だった責任をとるという名目で、
辞表を出した。

そのまま、誰も知る人のない街へと旅立ち
憧れだった教職の仕事を辞めたのだ


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: