FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】子連れのパパさんに映画館で痴漢された子連れママ

kage

2018/01/10 (Wed)

5歳になる幼い息子と
一緒に映画館にいったんです

子供に大人気のアニメ映画で
映画館は、私みたく子連れママは大勢いらっしゃいました

丁度、冬休みの日曜日だったせいもあって、
映画館は結構込んでいました。

前から7列目ぐらいの端っこのほうの席へ座ったんだけど
私の左隣の席に父子連れがすわっていました。

軽く会釈しあってジュースを飲みながら
開演を待っていると、そのお父さんが

「お互い大変ですね」

と話し掛けてくる

「そうですね」

と返してる時ブザーが鳴って
照明が消え映画がはじまりました。

20分ぐらい経ったでしょうか

結構しんちゃんが面白くって
私も子供と一緒に大笑いしていましたが、
その時左の太ももの上にいつの間にか
隣のお父さんの右手がのっています。

びっくりしましたが、
子供が横にいるので声には出さず、
その手を払いのけようとしました。

けれどその手はすごく力が入っていて、
逆にお父さんの左手で捕まれてしまいました。

そのまま私の手を自分の股間へひっぱり
ズボンの上から押し当てて痴漢してくるんです

ズボンの上からでも分かるくらい
勃起したオチンチン

大きい!

痴漢されているのに私のおまんこがジュンとなって

お父さんの右手がスカート
(ヒラヒラの少し長めのスカートを履いていたんですが)
を器用にたくし上げて
お尻側へめくられ、さらに痴漢してくるんです

膝の上にはスカートが被さるようにして
それから右手がまた太ももの上へ、
私はその手首をつかんで抵抗しましたが、
お構いなしに指先がだんだんと上のほうに
上がってきてついにパンティまで

両ももを力一杯閉じていましたがグイグイ指が
割り込んできて指先が膣に触れられてしまいました。

その時私少しピクッてしてしまったんです。

それがばれちゃったみたいでその手は
大胆になってきてスカートの奥まで手を入れ
パンストを脱がそうとしたみたいなんですが
ダメだったみたいでいきなり破かれてしまいました。

破れ目から指を入れられ
パンティを下げようとしていたので
必死で手首を掴んで押さえましたが
とうとう下げられてしまい、指が股間に挿入し
手マンされてしまったんです

足に力を入れがんばって閉じていましたが、
座席の下で痴漢しているお父さんの右足が
私の左足にからませるように固定し
右手で右の膝を広げられてしまいました。

一気に手のひらで私の
おまんこを押さえつけ、
指がさらに奥に入ってきました。

手マンされ膣中をかき回すようにされ、
一度指を抜くと私の右手の甲に私の愛液を塗りつけ、
あざ笑うかのように耳元で

「感じてるんじゃないですか」

と囁かれ、もう恥ずかしくて
抵抗することもできなくなっちゃいました。

また手がスカートの中に入ってきて
親指でクリトリスをいじられ指2本が中へ。

どんどん婬汁が溢れてくるのが
自分でもわかりました。

声を絶対に出せないので必死でこらえていましたが
映画のシーンで子供達が大笑いしている時に
合わせるように手マンの動きが激しくなって、
私たまらなくなって一瞬声を出したかもしれません。

お尻の方まで婬汁で
濡れてるのがわかります。

やがて映画も終わって照明が
明るくなるとその手はどかされました。

子供が

「もう一回みたい~」

ってわがままを言いましたが、
明るい中で今の自分がどんな顔をしてるのかって
すごく気になってはやくその場を離れたかったんです。

子供の手を引いて隣の
父子の方を見ないように廊下へ出ました。

パンティが下がったままなので
子供にちょっと待っててねといって
トイレに駆け込みすぐに拭きましたが、
すごくおまんこが敏感になってしまっていて、
触るだけで感じてしまいそうで
あまりよく拭かずにパンティを穿きパンストは捨てようと思いましたが
外は寒いのでそのまま穿きました。

映画館を出ようとするとあの痴漢してきた変態父子が
待っているかのように出口にいました。

目があってしまいました。

こっちへ近づいてきたので
私はあわてて子供の手を引いて逃げるように
映画館を飛び出し急ぎ足で駅のほうへ行き
電車に乗り家へ帰りました。

その夜、旦那とSEXしましたが昼の事を思い出してしまい
普段以上に感じてしまい旦那もビックリしていました。

二度とないかもしれない映画館での痴漢経験をしちゃいました。

まさか子連れのパパさんに
痴漢されるなんて思ってもいませんでした


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: