FC2ブログ
2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

【熟女体験談】飲み会で過激なゲームの後、電車の中でセクハラ上司に痴漢され中出しSEX

kage

2017/12/30 (Sat)

結婚4年目になる兼業主婦で
会社で人妻OLとして働いています

それで、先日の飲み会で
久しぶりについお酒を飲み過ぎてしまいました

それで、泥酔状態になって、
いつのまにやらHなゲームが始まっていて
上司と氷の口移しゲームをしたり・・

ついついハメを外しすぎてしまったんです

その上、ゲームですから、当然罰ゲームもありで

ゲームで負けると上司達と氷が溶けて
なくなるまで順番に口移ししていかなければなりません。

酔いすぎた私は負けてばかりでした。

中にはわざと口の中で氷が小さくなるまでとかして

「舌で取りなさい」

なんて言うセクハラ上司もいて、
私は殆ど全員の上司と舌を絡ませた
ディープキスしたんです

かなり過激でオラオラな職場なので
飲み会で弾ける事はあったんですが
ここまで過激なゲームは初めて

もちろん旦那には内緒です

それで何とか飲み会も終わり

終電に乗り、他に乗客もいないし私一人なので、
酔って苦しかったのでブラをはずし
上着を脱いでキャミソールだけで眠ってしまいました。

ウトウトしかけた頃、隣に人がすわりました。

他にも沢山空いているのにと思いましたが、
あまり気にせず目を閉じていると、
隣の人が私の太ももに触れてきました。

ビクッとしましたがそのまま寝たふりをしていると
今度は手をなで指先で私の乳首に触れて痴漢してくるんです

痴漢が

「ノーブラじゃないエッチな気分なの?」

と聞いてきましたが、
私は怖くなり私は寝たふりを続けました。

痴漢は乳首をいやらしく触りつづけ

「いい胸だね」

といいました。

こっちはどうかな、と言って
スカートに手を入れパンティの上から
指でなぞってきました。

「パンストはいてるのか?いいよね」

と言ってパンストを破ってしまいました。

そしてパンティの横から
指を入れてきました。

「すごく濡れてるよ。大洪水じゃない」

と言って痴漢はどんどんエスカレートして
クリトリスを刺激しながら今度はキャミソールをたくしあげ
乳首をしゃぶってレイプしてきました

イヤらしい音をたてられ私もすごく感じて
しまいイキそうになりましたか必死に我慢

「こっちも舐めてあげないとね」

と言ったので今度はどんな凌辱してくるの

と思っていると私の足を椅子の上で
M字型に立たせ今度はパンティの
横から入れていた指を抜いて今度は舌を入れてきたのです。

「起きてるんでしょ、感じてたら声だしてよ」

と言ってきました。

しばらくがまんしていましたが、
あまり舌使いが上手いので思わず

「あっあっ」

っとH声を出してしまいました。

「やっぱり起きてたのか、いい声だね、
俺ももうたまらないよ」

と言って、私に抱きつきキス

このままじゃ痴漢にレイプされると
初めて顔をみると
痴漢してきたのは、会社の上司でした。

今日のゲームで一番しつこく舌を
入れてきた上司で、いつもお尻をさわられたりセクハラ三昧

びっくりしましたが、
もう体が言う事を聞かず上司が絡めてきた舌に
反応して私も舌を絡めていました。

その時車掌さんが入ってきました。

車掌さんは胸を露出してエッチなキスをしている
私達をびっくりした顔をしてしばらく
見ていましたが、すぐに通り過ぎていきました。

上司は

「相変わらずHだねー
結婚して人妻になったのに、
置換されてこんなにオシッコ漏らしたみたいに
濡れちゃってるじゃないか」

と言いおちんちんを出してきました。

すごく元気になっていました。

わず私が口に含むと、あーいいよっと
言って背もたれにもたれかかり
今度は受身の体勢になりました。

私がフェラチオを続けていると

「君の舌使いはすごいよ、
今度は君も気持ちよくなるんだよ」

といって私を上に座らせ
私のおまんこにおちんちんをあてがい

「ゆっくり座りなさい」と言いました。

私は「はい」と言い上司の首に抱きつきながら
ゆっくり腰をおろしおちんちんが奥まで
入った時は思わずはぁーっと吐息をもらし
電車内で対面座位でSEXしてしまいました。

それからはお互いにむさぼるように
腰を振りつづけ上司が「もう出そうだ」と言った時
私は思わず「中にいっぱい下さい」と言ってしまいました。

夫の事なんて完全に忘れて
上司のおちんこに狂ってしまったんです

上司は「いいのか?」といい激しく私を突き上げてきて、
上司が射精した時とほぼ同時イキ

そのまましばらくおちんちんをぬかずに
お互いの性器が、
びくんびくん脈打った感じをたのしみながらキスしていました。

5分位しておちんちんをぬくと上司の
ズボンは精液と私の愛液で汚れていました。

「すみません汚しちゃいましたね」

と言うと、

「いいよ今日は君とラブホに泊まるから」

と言ってまたキスしてきました、

そのまま後15分位特急が駅に着くまで、
ずっとキス

電車の中でまさか上司に痴漢されSEXしちゃうなんて

夫が待ってるし、帰らないとと思いながらも
上司に腕を掴まれ、ラブホに連れられ
お泊りHする事に・・

夫には飲み過ぎたから、
同僚の女の子の家に泊めてもらうとメールして

結局その晩、上司といっぱいSEXしてしまいました

結婚してからは、関係を切っていたのに、
また上司との関係が始まり、
今度はW不倫にってしまいました


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: