FC2ブログ
2017 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 02

【熟女体験談】まさかAVみたいにおまんこが水漏れしたと誘惑してくる痴女がいるとは夢にも思わなかった

kage

2017/12/10 (Sun)

大パニックになった

自分はサラリーマンで一人着らししていたんだが
洗面所の床が、水浸しになっている

何故、こんな事になっているのか考える余裕もなく
あたふたしてしまい、ようやく原因が洗濯機だとわかった

どうやら設置ミスで、水漏れしていたらしい

ぼくの部屋は4Fなので
下の部屋に漏っているに違いないと思って、
階下に住む鈴木さんの部屋を訪ねた。

呼び鈴を押すと奥さんが顔を出した。

顔は今までにも見た記憶はあったけど、
その家の奥さんだと初めて知った。

小柄でチョイポチャという感じの若妻

ムチッとしてどことこなく妖艶な
三十路の人妻だった

事情を話すと洗面所に行って

「あっ、ほんと、漏ってる」

とのんびりした口調で言ったので、

ちょっと上げてもらった。

洗面所を見ると確かに
天井にシミができて、水が滴っていた

ぼくは土下座せんばかりに謝って、
後日もケーキ持ってきて謝った。

そんな誠実さに妖艶なムッチリ若妻は好意をもってくれたようだ。

それから近くで会うたびに挨拶したり、
少し話するようになった。

夏のこと、奥さんが訪ねてきた。

ドアを開けると、
また水漏れしてるからちょっと見にきて、
ということだった。

奥さんはちょっとお酒の匂いがした。

ぼくは身に覚えがなかったけどついていって、
彼女の家の洗面所を床に顔を近づけて
みてみたが何もなかった。

横に顔を上げてみると奥さんが
タンクトップにスカートのままでしゃがんでいて

「あら?そう」

とかとぼけていた。

スカートの奥が丸見えで、
組んだ腕の間からこぼれそうな
胸の谷間がせり出して生乳がチラ見えしそう

ぼくはつい目が釘付けになって固まっていると、

「何見てるの?」

と甘い声で悪戯っぽく微笑んできた。

立ち上がると

「暑いよね、ほら、汗かいてる」

といいながらぼくの手を
胸の谷間に持っていきました。

ぼくは別に童貞でもなんでもないのですが、
こんなAVに出てくるような痴女若妻とのシチュエーションに
震えてしまう

元来気弱さな性格なので
ここでガバって痴女奥さんを抱きつくとか出来ないw

そしたら、

「わぁ真面目なんだぁ」

と囁いて唇を寄せてくる
Hな奥さんに夢中でキスして、
ぼくの口の中に入ってきた
奥さんの舌を貪るように吸っていました。

奥さんに導かれるように
夫婦の寝室のベッドルームに入ると
奥さんはタンクトップやスカートを脱ぎ下着姿に

ぼくも慌てて服を脱ぎました。

奥さんはぼくをベッドに座らせると
勃起しきったペニスの先っちょを
チュパチュパの亀頭責めしてからの
吸い込みバキュームフェラ

ぐちゅぐちゅというエッチな音をさせながら
ぼくのペニスを美味しそうに
フェラをしながらパンティをとった奥さんは、
仰向けになったぼくの顔の上に跨って、
強制顔面騎乗でおまんこをグリグリ押し付けてきた。

ホント痴女な若妻で、
グイグイおまんこを顔面にこすりつけてくる

陰毛は太くてゴワゴワした感じで
顔のかわいい印象と違って超痴女

おまんこは形が整ったビラビラが質素に重なっていて、
匂いは若干強かったのですが
返ってエロい気分になって良かったな。

奥さんはまるで淫乱女を演じているかのように
大きく足を開いて「きて!」と、手を広げてきた。

ぼくが被さってペニスを入れると

「ああぁぁ~!」とか「おおぉぉ~!」

とか絶叫し、アダルト女優みたいく悶絶

あまりの激しいヨガりかたで
ぼくは少し焦った。

奥さんのおまんこは意外と締りがよく、
ぼくが突くたびにクイックイッと締め付けてきて、
奥さんに合わせてぼくも声出しながら、
汗だくH

終わってシャワー浴びてるときに奥さんが言うには、
ダンナの浮気が発覚して、
頭にくると同時に欲情して、
若いぼくを思い出し誘惑したんだと

まさかAVみたいにおまんこが水漏れしたと
誘惑してくる痴女がいると夢にも思いませんでした


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: