FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

【熟女体験談】近親相姦なんて頭にも無かったウブな未亡人が一夜を境に全てが変わった

kage

2017/12/07 (Thu)

世界で私達親子だけかも

そう思うと、とってもロマンチストな気分になるです

私は今年63歳になるオバチャンですが、
こんな還暦過ぎの母を息子は愛してくるれんです

息子は今年40歳

63歳と40歳親子の近親相姦

こんな高齢になっても
体を密着させ、性器を挿入させ
愛しあう親子で世界で私達だけと思うんですよね

その事がとっても誇らしいです

きっかけは、
離婚した息子が戻ってきた事からはじまったんです

その当時、私は56歳

夫を無くし、未亡人で一人寂しく暮らしている時に、
離婚した息子が戻ってきたんです

そして、

「僕がこの家を、母さんを守ってくよ」

と息子が言ってくれて嬉しくて涙が溢れてしまいました

でも、次に息子の口から衝撃的なセリフが出たんです

「だから僕の奥さんになってよ」



当時の私は、近親相姦なんて頭にも無いウブな未亡人でした

しかし、その一夜を境に全てが変わりました

私の寝室、主人の遺影の前で
息子に後ろから激しく突かれながら、
夫に罪悪感を感じながらも
逞しいペニスで激しく突かれ、淫靡な声が漏れるんです

息子のペニスに異常に感じて、
久しぶりのセックスに歓喜を上げているのが分かりました。

「あっいい!!気持ちいいの・・あっいい!!」

自分から上に跨り、
髪を振り乱しながら腰を激しく振っていた時にはもう
罪悪感は性の快楽に完全に支配されていました

「もっときて!!もっともっと!!
奥に凄い感じる」

快楽に溺れ、久しぶりのSEXに酔いしれました

「母さんとのセックスが一番興奮するし、感じるよ」

息子は私の上で繋がりながら
満面の笑みでそう言うと、

「もう離れないよ、ずっとしようね」

と一言

正直、私はこの禁断の快楽がこれからずっと続く事が嬉しく、
何処まで落ちていくのか不安にもなりました。

そして、近親相姦も10年目を迎え
今でも私をいっぱい愛してくれて
気持よくしてくるんです

だから、私は還暦を迎えも少しでも
綺麗でいたいって思って、
白髪の生えた陰毛を剃毛してパイパンにしました

染める事も考えたんですが、
肌が荒れそうだし、どうしよう~って息子に相談したら

「僕が剃ってあげるよ」

と陰毛を剃ってくれたんです

そして

「ほら、可愛いパイパンおまんこになったよお母さん」

って嬉しそうに息子が言うんです

死ぬまで、私は息子とSEXし続けようと思います


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: