FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

【熟女体験談】幸薄そうなアラサー喪女の据え膳を食ったらストーカー化してくるような地雷熟女だった

kage

2017/11/29 (Wed)

俺は妻無し、彼女無しの
モテないサラリーマン

バス通勤しているんだが、
帰りのバスでで僕の隣に立っていた
三十路ぐらいの人妻らしく熟女が
ティッシュが無いらしく
鼻を押さえてススっていた

下品なババアだ!

と忌々しく思い、
それ以上俺の目の間で鼻をすするなと
下品なババアに僕はポケットティッシュを渡した。

その三十路熟女は僕が降りる、
いくつか手前のバス停で降りた。

数日後、その熟女とバスが、
一緒になった。

僕は気付かなかったが、熟女が、

「この間はティッシュありがとうございました」

と言ってきたが、あの下品なババアか

と僕は、

「とんでもない」

と、素っ気ない態度であしらった。

俺は妻無し、彼女無しの
モテないサラリーマン

バス通勤しているんだが、
帰りのバスでで僕の隣に立っていた
三十路ぐらいの人妻らしく熟女が
ティッシュが無いらしく
鼻を押さえてススっていた

下品なババアだ!

と忌々しく思い、
それ以上俺の目の間で鼻をすするなと
下品なババアに僕はポケットティッシュを渡した。

その三十路熟女は僕が降りる、
いくつか手前のバス停で降りた。

数日後、その熟女とバスが、
一緒になった。

僕は気付かなかったが、熟女が、

「この間はティッシュありがとうございました」

と言ってきたが、あの下品なババアか

と僕は、

「とんでもない」

と、素っ気ない態度であしらった。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: