FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

【熟女体験談】クールビューティなマダムの犬の散歩に付き合ったら、急に立ちションしたくなり・・・まさかの展開に

kage

2017/11/28 (Tue)

俺が密かにマダムと呼んでいる
近所の奥さんがいる

年齢は38歳前後のクールビューティなマダム

おっぱいはそんなに大きくないけど
妖艶なスタイル

毎朝、俺はジョキングしているんだが、
その帰り道、犬の散歩をしてたのは
その三十路後半のクールビューティマダム

このマダムとそこそこ仲が良いので
ついでだから犬の散歩に付き合った。

途中、いつもの散歩のルートらしく駐車場に入った

2、3分ぐらいそこでなんだかんだしゃべっていた中、
急に俺はオシッコがしたくなってしまった

まだ家までは10分ぐらいあるし
もうおしっこが漏れそう

俺は意を決して、奥さんに

「ちょっと立ちションしてもいい?」

といった。

すると、

「いいわよ。おばさん見ないから」

といって後ろ向き、
俺はその場でチンポをさらけ出しオシッコジャー

さすがに小便中に、
後ろにクールビューテイマダムがいるので
緊張して半立ちしてしまった。

俺は

「やべっ」

とつい声に出してしまった。

するとマダムが急に

「どうしたの?」

と振り返ってきた。

俺は目が点になった。

マダムは

「あっごめんね。もう終わったのかと思ってたから」

といい、

「○○君のオチンチン初めて見ちゃった」

とHな事を言ってくる

俺は気が動転して、

「見た感じどうですか?
ちょっと立っちゃてるけど」

と言うと

「え、おばさんで勃起してくれたの?
うれしいわね。ちょっと恥ずかしいけど、、
でも本当に硬くなってるー?」

といってきた。

俺は

「本当ですよー。なんならチェックします?」

というと、

マダムは

「チェックって触ってもいいって事?
でも緊張するなー、
若い子のオチンチンなんて触った事ないから」

といい、連れてた犬のロープを近くの木の枝に引っ掛け、

「じゃあお言葉に甘えて、触るわね」

と言って勃起チェックするノリノリな痴女マダム

まずは、指先でおそるおそる亀頭をツンと触ってきた。

もうおれのチンポはカチコチ

マダムは、

「本当にパンパンね。
なんかこのままにしておくのもかわいそうのなかなー」

といってきた。

俺は

「なんか期待しちゃいますよ、
そんな事言われると」

というと、

「コレだけ大きくしてくれたんだから、
手でだけならサーヒ゛スしてあげるよ」

といってくれ、俺のチンポの根元を強く握り上下に
シコシコと野外で手コキ

まじで快感だった。

マダムは

「どうかな、あんまり上手じゃないけど気持ちいい?」

といってきたので、

俺は「最高ですよー」と答えた。

やがて、最高潮に達した俺は、
手コキのピッチを上げてきたマダムに

「出ます!」

といい、正面の壁に野外大量射精

大量のザーメンが噴射したので
マダムもビックリしていた。

でもマダムは射精した後も俺のチンポから
精液を搾り出すようにじっくりしごいてくれた。

そして、持っていた小さいハンドバッグから
ポケットティッシュを取り出して、
左手で俺のチンポを掴み、きれいに拭いてくれた。

マダムは

「はい、もう終わり。もう満足してくれた?」

といってきたので、

俺は

「大満足です」

と答えた。

マダムは俺の履いてたズボンまで着せてくれ、
最後に亀頭をツンと触って、
俺のチンポをズボンにしまってくれた。

俺は

「またシコシコとかしてもらいたいなー」

とジョークでいうと、

「だいたいこの時間ならお散歩してるから、
勃起しちゃったら声かけてもいいわよ(笑)」

なんてエロジョークで答えてくれた。

その後俺とマダムはちょっとエロトークを交えて帰路につき、
明日も、勃起チェックからの手コキをしてもらおうと思った


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: