FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

【熟女体験談】家賃滞納常習犯の貧乏なバツイチおばさんが大家の息子に強姦された後、お金で買われ週一の出張妻となった

kage

2017/10/31 (Tue)

46歳になるバツイチのおばさん主婦です

私は、夫と離婚してから、
パートに出て、アパートで一人暮らししているんです

しかし、所詮パートですから
日々の家計が苦しくて、貧困なバツイチ主婦なんです

パートの収入ではその日暮らすのがやっと

アパートの家賃も滞納気味です。

十世帯のアパートで、
その一部屋に大家さんのドラ息子がいました。

25歳にもなって、
働きもせずに遊んで暮らしてました。

親がアパートやマンションをいくつも持ってて、
このアパートの家賃収入を貰って暮らしているようです。

家賃は平均で一部屋八万円で、
自分以外の部屋で現在八部屋入居してるので、
月に六十四万円が彼の小遣いだという訳です。

家賃は基本的に引き落としですが、
残高不足とかで、後から払う時は、
直接この大家の息子に払いに行きます。

滞納常習者の私は何度となく、
直接払いに行ったり、家賃を待って貰いに
頼みに行ったりしていました。

滞納が二ヶ月になってしまった時に、
息子から言われました。

「家賃を半分にしてやるから、
週一で家政婦してくれよ」

男の一人暮らしなので、
部屋の掃除・洗濯・その日の夕食を週一でやれとの事でした。

週五日のパートをしていましたから、
休みの一日を使って、家政婦をする事を承知しました。

月に四万円は、私にとっては破格の報酬

最初は掃除も大変でしたが、
ある程度片付いてくると、
掃除も洗濯も大して時間は掛かりませんでしたから。

その日の夕飯を作るにしても、
一緒に食べていけと言われるようになり、
一食分が浮きましたし。

家賃が減り、滞納していた家賃も
何ヶ月か掛かり返し終わりましたが、
ギリギリの貧困生活なのは変わりません。

家賃を滞納しなくなった程度でした。

そんなある日、私は大家の息子の部屋で掃除をしてる時に、
彼に押し倒されて無理やり犯されたんです

平日なので、アパートには、
みんな働きに出ていて誰もいません。

助けを呼んでも無駄で、
私は組み敷かれて強姦されました

レイプが終わり呆然としてる私に、
家賃を全額免除して、小遣いもやるから
週一妻になれと言いました。

まだ私の体内に、少し萎んだ女性器を挿入したまま、
私が頷くまで開放する素振りを見せず、
拒否の反応をしようとすると、
無理やり激しく突き立て、
乳房を握り絞め、私が頷くまで、承知しない態度を示しました。

結局、私は頷くしかなく、
私が頷くと同時に二度目の凌辱が始まり、
二度目の射精は、私の口の中に放ちました。

私は誓約を誓わされるように、
精飲を強要されました。

その日から週一で家政婦をした晩は、
彼の部屋で一晩中抱かれる生活が始まりました。

お金で買われた週一の出張妻

彼は約束通り家賃免除の他に、
お小遣もくれ、私はそうした生活に慣れ、
彼から貰うお小遣なしには暮らしていけなくなり、
すぐに辞めようと思っていたのに、
辞められなくなっていました。

経済面だけでなく、主人と別れて、
女身一つでの性的な欲求も思い出し、
週一で抱かれる生活に慣れて、
今急になくなったら欲求不満が募る不安まであり、
辞められません。

貧乏なおばさんは、お金のある男性に
体を売るしかないのかもしれません


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: