FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

【熟女体験談】パンストフェチの息子に調教され、Hする時は網タイツとかパンストを穿いているお母さん

kage

2017/10/09 (Mon)

息子は網タイツやストッキングが
大好きなパンストフェチなんです

何故わかったかと言うと、
息子の部屋を掃除した時に、
網タイツなどを穿いた女性のマニア系のエロ本や
アダルトビデオを何個も発見したんです

それも洋服を着たままのものがほとんど

高校生にしてマニアックなフェチに目覚めてしまったようです

こんなのが好きなのなら家の周りだって
ストッキングを履いた女性はたくさんいるので
普段から目を楽しませているのでしょうか?

でもフェチは私譲りかもしれません。

母である私は手フェチ

男の人のきれいな手が大好きです。

指が長くてほっそりとしているのが私の好みで、
その綺麗な指を見つめているだけでおまんこ汁が溢れてくる

パンストフェチも男の子だからしょうがないのでしょう。

知らないふりをして過ごしてきました。

でも私もスタイルには少し自信があり
年甲斐もなくスカートは短い方のを選ぶ方だと思います。

そんな息子は私の脚をよく見ている事は知っていました。

その日私は短めのスカートに少し光沢がある
ストッキングを履いて食後の後片付けをしていました。

後で聞いたのですが息子は光沢のある
ストッキンッグが一番欲情するようです。

息子の視線が痛いぐらい私の脚に突き刺ささるのを感じました。

「やだ、さっきから何見てるのよ」

「いや別に」

「ふーん、かっちゃんってストッキング好きなんでしょ?」

「えっ」

「知ってるのよ、かっちゃんの部屋にある物」

「・・・」

「お母さんの脚でも見たいの?」

「う・・ん、母さんの脚きれいだし」

息子は小さな声で答えました。

「うれしいわ、
かっちゃんにきれいなんて言ってもらえるなんて」

「じゃサービスでもっと見てもいいわよ」

私は息子が座るソファーの隣に座り
息子にストッキング、そして太ももを見せてあげましたけど、
息子は恥ずかしいせいかあまり見ていませんでした。

私は脚を息子の太ももの上に乗せました。

「どお?」

息子は私の脚を触れるか触れないかぐらいの
微妙な感覚で触ってきました。

私はとても感じやすく敏感な熟女なんです

主人ともごぶさただったせいか、
こともあろうに私は息子の手で感じてきてしまいました。

これはいけないと感じた私は息子の太ももから脚を退けようと、

「もうだめよ、見るだけねっ」

と言ったのが早かったか息子は私の足の指をストッキングの上から口に含んでいました。

ストッキングの上から愛撫される初めての経験に、
私は自分の完熟した熟女BODYが
言うことをきかなくなるのを感じました。

「だめ!もう終わりよ」

息子は聞き入れてくれません。

「だめ!だめ!」

息子はそのまま続けました。

「だめ!だめ!」

感じてきてもうどうでもいいと思いました。

どうせ息子はストッキングが好きなだけだから
脚だけならいい許そうと。

息子は右足の指、左足の指を舐めまくりました。

足の指がこんなに感じるなんて初めて知りました

私は喘ぎ声が漏れ始めてしまい、
息子にも完全に感じているのを悟られました。

「母さん、やらしい声を出すね」

「父さんがいない日の夜になるとそんな声が聞こえてくるよ」

「えっ!」

私がしているオナニーの事でした。
そこまで息子に知られているとは思いませんでした。
息子はそのことをいいことに私のパンツに手をかけました。

「それはだめ!」

「いまさら何言ってる」

息子はいきなり私のクリトリスを愛撫し、
私はもう完全に無防備になってしまいました。

「気持ちいい!気持ちいい!入れてー」

息子に自分から入れてと叫んでしまいました。

「母さんも好きだね」
言ってからとても恥ずかしい思いをいました。

「ちょ、違うわよ!」

もう遅かった

息子は服を着たままで、
ストッキングを途中まで下ろした私に入って来ました。

「いく!」

私はあっという間に息子の指マンで絶頂

「えっ、母さんもういったの?」

私はこんなに早く達したのは初めてでした。
相手が息子であるにもかかわらず、とても深く達してしまいました。
息子はまだ達していませんので、腰をまた振りはじめました。

「あっ!また」

「今度は俺もいく」

二人で同時に果ててしまいました。

「どお?満足した?」

「気持ちよかった、最高」

息子のものをフェラチオしながら回復したのを見て、

「今度は後ろからして」

といい後ろから入ってきました。

その日はあまりにも良くて5回ぐらい近親相姦をしたでしょうか

今までした一日でSEXした回数で最高だったと思います。

それから若い体は朝昼晩を問わず
主人がいない時は私を求め、背徳の母子相姦しています

そして私も応えました。

主人が寝た後は私から息子の部屋に行き求めました。

とても恥ずかしい話ですが、
私は1週間しないと欲求不満で
おまんこが疼いてキチガイになっちゃいそう

息子の男根で性欲にまた火が灯り
この熟女な私の体が毎日疼いて、母子相姦とはいえ
Hしたくてしょうがくないんです

それにすっかり、息子に調教され
Hする時は網タイツとかパンストを穿いています


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: