FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

【熟女体験談】息子の朝起ちに興奮し、性教育をはじめることにした

kage

2017/10/09 (Mon)

息子も大人になったんです

そう、オチンチンが立派に

それ気づいたのは息子が小学6年生の時

起こしに息子の部屋に行くと
朝起ちしているんです

その勃起した息子のショタペニスを見たただけで
私のおまんこは濡れてきました

きっと私は淫乱で変態な母なんです

朝起ちチンコに感激に震え、
息子の性の目覚めを前にして異常に興奮し
まだ眠りについている息子の前でオナニーをしたんです

息子の性の匂いを嗅ぎたい一心で
顔を寄せ、クンカクンカと匂いを嗅ぎ
指を激し動かし、遂に絶頂しました

そして息子への新たな
性教育をはじめる事になりました。

まだ性的機能が体にうまく対応しないのでしょうか、
ショタなペニスを軽く握る程度を繰り返すと精液ではなくおしっこが出ます。

勃起した状態での放尿は痛みを伴うらしく、
息子の顔に苦痛の色が見え隠れします。

一週間程は、事前に放尿をし

これも私が同伴し、手で促します。日課なのです

勃起を揺すったりする程度でしたが、
私の胸が役に立つ事にもなりました。

激しい刺激に耐えられない息子の為に、
私のバストで勃起を挟んでパイズリで揺するのです。

始めはいつもおしっこが飛び出し、
私の顔を直撃する事もありました。

申し分けなさそうな顔をする息子にはにっこりと
微笑みかけ、拭き取りもせずそのまま刺激を加えてあげます。

息子の尿に濡れる事に私も感じてしまうのです。

実に緩やかな刺激に反して、
勃起からの射精は凄まじい勢いを持っています。

息子の精液は、時に多くのカウパーを含んでいる時もあれば、
異常なまでの粘り気を持っていたり、
非常にゼラチン色の強いブリブリした場合もあります。

後に、その仕組みを理解するに至ります。

息子への刺激には、
当初ピストンといった刺激方法は教えませんでした。

オナニーはせず、
いつでも母親の私に任せて欲しかったからです。

息子にとって、私は性欲処理の対象であり、
私は息子の性の全てを受け入れる母子相姦するつもりです

息子とのセックスに至るまで3週間はかかります

息子の勃起が激しい刺激に
耐えられないのは分かっています。

しかし、息子を受け入れる事

息子の性の関係を持つ事は、
お互いにとってもっとも大切な事なのです。

母子相姦記念日は予定していました。

息子が私の中に入り、
射精を行う事を前提に調整してきたのです。

息子の性の処理を1週間も休み強制オナ禁
その日を迎えたため、
抱擁に時間をかけるのは、はばかられました。

1週間も性欲をため込んだ敏感すぎる勃起は、
いつ弾けてもおかしくありません。

息子に抱かれる事を想像し、同じく自慰を自制してきた私にとって、
受け入れの準備に時間など不要だった。

私の股間に突き刺すかのように
腰を進めてくる息子と顔を見つめ会い、
互いに微笑みあいながら、息子が寄ってきました。

最初の挿入は上手くいかなかった。

息子はきゃしゃな体を支える為に両手が塞がっており、
勃起はその若さゆえに逆さとなった今も
天を貫かんばかりの角度を維持している。

さらに高まる興奮に、異常なまでの胸の高鳴り。

息子に微笑みかけながら、
息子から目を離す事なく勃起を優しく掴む

息子の顔が震え目を閉じ快感に
耐える表情を見た瞬間、愛液が溢れ出す。

勃起をあてがい息子に頷くと、
息子は微笑み返してきた。

息子の勃起がゆっくりと挿入されていく。

お互い押し殺した声を出し、
しかし互いの見詰め合いながらより深い挿入し
初の母子相姦で生H

余裕は無かった。

息子の勃起は予想を超える快感をもたらし、
自分の性器までもが息子の勃起と同じ位の敏感さとなったのである。

しかし、息子の顔を見た瞬間

息子の勃起もまたかつてない快感に襲われている事を物語っていた。

息子は震え、もはや抜き差しならぬ状況だった。

1週間は、性に目覚めた少年にとって明らかに長すぎたのだ。

息子の激しい快感の荒波に洗われる姿を見て、
私は、激しい自責の念を苛まされた。

しかし、息子の愛の儀式の途中では、
快感はそれを凌駕していた。

息子が息を荒げながらも、
目を開き私の顔を見詰め微笑んだ。

健気なその姿を前に私は胸が詰まり涙が零れでたが、
感動に浸るにはあまりに時間が残されていなかった。

息子のお尻に手を回し、躊躇する事無く引き寄せた

お互いはその瞬間の快感に耐え切れず、
あまりにも淫らで官能的な喘ぎ声を発しあった。

息子は耐え切れず腕を折りつつも、
必死に耐えていたが、それは儚い努力だった。

息子は激しく身震いし、射精

瞬間、勃起が激しく震えたの感じとった私は、
射精を膣で受ける事になった。

その勢いは凄まじいものだった。

お互いに歓喜の声を放ち合い、
射精特有の射精音が頭にこだました。

第一撃は激しく膣内に飛び出し、
勃起は激しく震え、しかし休む事無く射精の脈動は続いた。

射精と同時に私も快感の極みに達した。

それは、母親として息子の性を正面から受け入れた事、
そして愛する息子に最高の喜びを与える事が
できた事への報酬なのだ。

射精を続ける勃起を激しく締め付け、
一瞬緩むと同時にまた絞め付ける。

勃起から一滴の精液も残さぬように絞りつくす膣の脈動は、
まるで勃起に呼応するかの様でした


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: