FC2ブログ
2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

【熟女体験談】 エロくて肉食系の熟女なショタコンおばさんとセフレだった

kage

2017/10/01 (Sun)

俺は大学付属の学校にかよっていたんだが
中学生の時、三十路のおばさんと付き合った事がある

この熟女は人妻で、二人の子持ち

出会いは、当時流行っていたチャットサイト

性年齢都道府県で検索できるチャット。

俺は既にこのチャットでナンパして
初体験を済ましていた、中3の夏休み。

30代とか40代のおばさん熟女は、
欲求不満だから若い男だったら
誰でもSEXさせてくれるんじゃねーのかな?

と思い、同じ県の30代から40代の熟女に
片っ端から話しかけてみた

いまだとオバショタっつうのかな
ショタコン気味なおばさんを狙い撃ち

とりあえずは、こんにちはー的な挨拶だった。

1分間でコピペ大量送信でしばらく待つと返事が何件かある。

こっちも年齢とか公開してるから、返事がある時点で
既に15歳の男に興味あることがわかる。

ババアどもに丁寧に話す気はなく、
とりあえずやりたかった。

だから返事来た人には速攻で、
年上が好きで!エッチしてみたいんです!って送ってた。

これを毎晩続けること3日間。
一人返事があった。

おばさんだけどいいの?エッチしたいの~?と。

綺麗じゃなくてもやれるが、
生理的に無理なレベルだとこまるので、
写メ交換。

おもいっきりふつーの主婦って感じ。

で、そっからはすぐにいつどこで会うかの話。

平日俺の学校帰りに梅田の泉の広場で待ち合わせすることに。

相手の子供は塾らしく、もちろん一人できた。

実物も写真どおり、
ブサイクでもなく太ってもいないふつーのおばさん。

会ってすぐにホテル行きましょーかってことで、
泉の広場から出たすぐのホテル街へ。

会話もそこそこに交代でシャワーあびることに。

俺が後からシャワー入り、終わって
ガウン姿の主婦がベッドで座ってた。

かわいくもないが、思春期の俺はフル勃起。

そっこうでキスして、舌を絡めあった。

キスしながらガウン脱がして行くと、それまでにやった
20代とは明らかに違う、ちょっと疲れたおっぱいが。

もちろん貪りついたのだが、感じ方がかなり激しく、

乳首をなめているだけで

はぁっ、あん!はぁん!

って感じだった。

舌で乳首を攻めつつ下半身に指を這わして、
行くと異常に濡れてた。

座ってペッティングしてたんだけど、
おばさんの座ってる場所が結構湿ってるレベル。
俺は乳首から一瞬口を外して聞いた。

旦那さんとエッチしてないんですか?

全然してない

じゃあ、今日いつぶり?

2年ぶりくらい…

燃えた

そっからは、俺がマンコを舐め徐々に69の体制に。

お互い貪るように舐め合った。
フェラは久々だからなのかちょっとぎこちなかった。

入れる時には、人生で始めて女にゴムをつけてもらった。

マンコはゆるいかと想像していたが、久々だからなのか
思ったよりキツく、結構よかった。
たたとりあえず喘ぎ声は半端なかった。

キツマンなのと喘ぎ声に興奮したのとで、
正常位→バック→正常位ですぐに射精してしまった。

終わってからちょっと賢者モードで一瞬後悔したが、
向こうからイチャイチャしてくるので話してた。

旦那は全然してくれないし、してくれた時も
こんなに激しくなかった。若い子ってすごいんだね!
娘とほとんどかわんないのに!

的な話をされた。

十代のおちんちんは元気があって固くていいね!
といいながらすげーいじくられて、また半勃起。

向こうからキスしてきて、ディープされながらの手こきで完全復活。
今度は向こうから俺に乗ってきて、騎乗位から始まった。

おばさんの騎乗位がすごいの。すごい腰使い。
これでどっぷりハマった。

そっからは攻守交代でガンガン突いた。2回目だから長持ち。
正常位で突いてる時、クリもいじってぇとねだられた。

つきながらいじりまくってると、いくーっていいだして、
ビクンビクンなった。で、俺も一気にフィニッシュした。

そのあとは一緒にシャワー浴びたんだけど、
洗ってもらってたらまたたっちゃって風呂場で3回戦。
ゴム付けずに、立ちバック外出しだった。

若い子っていい!ってすげー大喜びされて、
ホテル代も払ってもらった。

そこから半年ほどショタコンなおばさんとセフレだったって感じ。

ちなみにその後は、学校近くまで車で迎えにきてもらって、
セックスみたいなのをしてた。

カーセックス、野外など色んなシチュエーションでSEXした

エロくて肉食系の熟女でした


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: