FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

【熟女体験談】妻が会社の部下に犯されているのを目の前で見ることができ、興奮が止まらない

kage

2017/09/09 (Sat)

妻は44歳になりましたが
プロポーションはまだ大変美しくダイナマイトボディ

周りの人に綺麗な奥さんだと
うらやましがられております。

最近私は妻が他人棒に犯され寝取られているころを見たくなり、
会社の部下にお願いして妻のセックスパートナーに
一回だけなってもらえるようにお願いしました。

彼は32歳独身で以前より妻は
彼に興味があり私によく話しておりました。

彼も会うたびに先輩の奥さんは
本当に綺麗だと言っており、直ぐにOKをもらいました。

彼を自宅に呼んで食事をする事を家内に話すと
何も知らない妻は喜び

当日はいつも以上の手料理と洋服も
オシャレしておりました。

食事が終わりソファーでお酒を飲んで話しているとき、
彼が「先輩は奥様みたいな綺麗な方をお
持ちで羨ましいです。」と言うと私が彼に

「妻はあなたが好きで
よく俺に興味があるみたいだ」

と言うと家内は赤面しておりました。

今がチャンスと思い彼に合図をして
私はたばこを買いに外に出て庭から部屋の中を見ておりました。

彼は妻の横に座り何か真剣に話しており、
突然妻の手を彼は握りスカートの裾を少し捲ろうとすると、
妻ははじめは抵抗しておりましたが
お酒の勢いもあってか目をつぶりお互いキスが始まりました。

彼の手が妻のスカートを少しずつ捲り上げていくと
私が見たこともないような純白の綺麗なレースのスリップが覗き、
彼の手は妻の局部に達しようとしておりました。

その時妻の悩ましい声が聞こえてきました
(去年の5月で網戸でした)。

「主人が帰ってくるからダメ」

と妻は一度は彼から離れましたが、
彼が強引に妻を抱き寄せ、
ワンピースを無理矢理脱がせました。

真っ白なスリップに包まれた妻は
妖精のように美しく見え、私は興奮状態になりました。

妻もその気になったのか彼の
股間に手を持って行き優しく触り始めました。

彼の逸物が大きくなり妻は彼のズボンを降ろし
逸物を出すと両手で握り
彼の顔をうつろな目で見ながら優しく口に含み、
浅く、深くを繰り返しながら時々
舌で基部まで舐めバキュームフェラ

その時の妻の表情はもう野獣とかしやらしい
音が外まで聞こえてきました。

彼は逝きそうになったようで、
バトンタッチして今度は妻を寝かしてアソコを丁寧に舐め始めました。

「ア~ン、アン、」

と息づかい荒くなり体が軽く痙攣してるように見えました。

私のアソコは妻が犯されているのを
間近に見て最高潮になっており
我慢が出来ずに玄関に戻ってきました。

今に入る扉に手を当てた妻がこちらを向いて立っており
バックから彼の逸物が妻の中に突かれておりました。

妻が狂ったかのように

「イイ、アタル、スゴイ」

とガチイキしながらその時、妻と目が合い申し
訳なさそうな顔をしておりますが、
私は優しく頷き「イイよ」と言いました。

それから私はソファーで二人のプレーを存分に観察しました。

立ったままでのバックでのプレーで
彼は激しく突き妻は狂ったようになっており

「逝く~、もっと、イイ、ア~ン」

と言って逝き果てたみたいです。

今度は正常位になり優しく彼が突き始めるとなんと
家内も合わせて腰を上下に動かしながら、

「また逝く~、強く、お願い、○○君、もっと」

と言ってお互い激しく腰をぶつけ合い数分後に彼も逝きそうになり
「奥さん、逝きそう」と言うと獣になった妻は

「中に一杯出して!」

と叫んで同時に逝ったようであります。

ビックリしたことにその後妻は
彼の逸物を口に含み丁寧に舐めておりました。

直ぐにまた大きくなると今度は
自分から彼の上に乗りピストン運動を始め、
その姿に私は最高の興奮を覚えて自己処理をしてしまいました。

その後彼は気を利かし直ぐに帰りました。

その夜は妻と最高のセックスがそれから出来ました。

寝る前に妻は私に「ごめんね」と言い
「あんなに感じたの初めて」と恥ずかしそうに言う
姿に私は萌え、また興奮してしまいました。

その後妻にこの私の趣味を話すと理解してくれ今では月二回ぐらい妻を犯してもらっております。

彼にその後何回か妻を犯してもらい
私は最高の興奮を覚えるようになっておりました。

今日も夜彼が来ると妻に伝えると、
下着から洋服までオシャレして待っておりました。

妻も私のこの趣味を理解してくれ、
また妻も彼に興味がありお互いに納得の上行っております。

妻は今日はレースの綺麗なスリップを着用しておりますが、
私もこんな綺麗な妻のスリップ姿を見たことはありませんでした。

以前に彼がスリップフェチだと言うことを聞いており
わざわざ買ったそうです。

彼が何時ものようにやってきて
ソファーでお酒をみんなで飲んでおりました。

やや短い目の妻のタイトスカートから動きにより
時々スリップのレースが覗き、
彼は意識して見ているようで
彼の逸物が大きくなるのがわかりました。

妻もわかったようで
「スリップが見えたかしら」
と彼を挑発し逸物をズボンの上から触っておりました。

彼は妻のスカートを少し上げスリップのレースを触りながら、
だんだん逸物が大きくなり妻はズボンのファスナーを下げ逸物を出すと
両手で優しく触り始め、
用意していたローションをたっぷりつけ
優しく手で包み込み動かしていると
よほど感じるのか彼は反り返りながら声をあげておりました。

ほんの数分後に逝きそうになり
妻が口に優しく咥え中に出してしまいました。

その後バトンタッチしてスカートを脱がしパンティーを降ろし、
彼がローションを妻のアソコにいっぱいつけ
指先で優しく触り始めました。

初めての事で妻も異常に感じたようで
魅力的な声で「最高、逝きそう」と言っておりました。

数分後には一回目の絶叫に達したようで、
彼に「お願い、早く中に入れて」とおねだりしておりました。

スリップを腰まで捲り上げられ
お尻を上げバックから挿入された瞬間、
妻は今までに聞いたことのないような声で感じており
「当たる、何、これすごい」と言いながら
自分からも前後に動き出し
「ア~ン、ダメ、イク、もっと」と声が益々激しくなり、

私の股間はもうはじ切れそうで、
彼も家内の声に興奮してるようで
「奥さん、出そうだけど」と言うと妻は
「今日は安全日だからいっぱいちょうだい」

息を切らしながら言うと
彼と妻はほぼ同時に絶叫に達しておりました。

数分後に今度は妻が彼の上に乗り
自分の手で彼の逸物を自分のアソコに導き
ゆっくりと上下に動き出しました。

徐々に動きが速くなり、
動きながら妻が髪の毛をかき分ける姿は
最高で自分の動きに合わせて

「あ~ん、あん、いい、最高」と何ともいえない声で叫び
私のアソコは最高なり思わず自己処理をしてしまいました。

妻も絶頂を再び迎え
彼になんとスリップで逸物を包み込み
優しく触るとなんと彼は直ぐに逝ってしまいました。

彼は「奥さん、私はレースフェチでこれは最高です」と言って
妻を抱きしめておりました。

妻は彼とのセックスに大変満足しており、
彼が帰った後は必ず優しく愛してくれます。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: