FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

【熟女体験談】母とラブホで色んな体位を楽しみながら姫初め近親相姦

kage

2017/09/08 (Fri)

久しぶりに年末に帰省して、
元日の日、さっそく夕方から還暦を迎えた六十路の母と
出掛けて姫初めです。

里帰りを決めたときから、
今日はお母さんと近親相姦を必ずしようと決めていました。

一昨日帰ったばかりで、
まるまる2年近く会っていなかったせいか
ちょっと照れくささもあってなかなか母に切り出せなかったんですが、
夕べ父が寝込んだあとに言ってみたら、
少し戸惑っていたみたいだけれど
それでも頷いてくれたのでホッとしました。

やっぱり何回関係を持っても
母子相姦という禁断の行為は躊躇うもんなんですね。

こっちはそうでもないんですけど

4時ぐらいから出掛けたんですが、
元日だというのにラブホはどこも満車で探すのに苦労しました。

やっと見つけた一軒に入ったんですが、
元日からセックスなんてウチらみたいに久しぶりに会って
燃え上がってる親子が他にもいるんだろうか、
なんてことを考えたりしたらおかしかったです。

部屋に入ったらすぐに母はバスルームに行ってお湯を溜めだして、
出てきたら今度は俺のコートを脱がせてくれて
型くずれしないようにハンガーに掛けてくれました。

家事をこなすようにテキパキ動く姿は
やはり母親なんだな、
となんかやっぱりおかしくなって笑ってしまいました。

不思議なものでいざ二人きりになると緊張しますよね。

やることと言ったらセックスしかないんですけど

どうやって流れを作るか、そんなことを考えたりして。

でもなるようにしかならないし、
二人でソファに座って近況なんかを話しているうち
に自然と唇を重ねて、はじめていました。

服を脱がせると、普段は着けないようなちょっと
お洒落で可愛らしい下着を着けていて
ああ、俺のために準備していたんだろうな、
と思ったら離れていても俺のことを忘れたりは
していないんだとわかって嬉しかったです。

そのまま流れに任せてソファの上で一回戦。

母はお風呂に入りたいと嫌がりましたが、
どうしても匂いが嗅ぎたくてソファの上でM字に足を開かせて
しつこく舐めつづけました。

舐めてるうちに抵抗しなくなって、
そのうち俺のを欲しがりだして、しばらく69で舐め合いっこです。

61歳になるけれど、まだまだ若々しいし、
それに声が綺麗だから喘いでも声が可愛いんですよ。

その可愛い声で息を荒げながら一生懸命舐めてくれて、
それだけで射精しそう

もったいないからすぐに母に跨って狭いソファの上で最初の発射。
父とはほとんど夜の生活はないらしく
入れると最初は狭くてギュウギュウ締めてくるから、
こっちの興奮も手伝ってあっという間に昇天です。

関係を持ってからゴムを着けたことは一度もなくて、
腹の上に膣外ばかりですね。

母とは中出しSEXです

もう生理は無く閉経しているので、
妊娠の心配は無いので、毎回膣内射精しているんです

一回発射して落ち着いてくると、
大きく胸を上下させる母の乳房の谷間に
顔を埋めてしばらく微睡んでいました。

罪悪感なんてものはまったくなくて、
それどころか逆に幸せな気持ちになります。

母も大事そうに俺の頭を撫でてくれて、
すごく安心したように目を閉じたりしてました。

うっすらと汗を?いたので、
冷えると風邪をひくからと母に促され一緒に入りました。

風呂の中では母が甲斐甲斐しく身体を使って洗ってくれました。

関係を持ったばかりの頃に俺がやり方を教えたんですが

いつもは恥ずかしがってなかなかしてくれないのに、
今日は何も言わないのに向こうからしてくれました。

ペニスも口で丁寧に洗ってくれ、
また大きくなったので風呂の中で2回戦目です。

湯船の中で母を後ろ向きに抱えながら下から突き上げました。

喘ぎながら一生懸命こっちを振り返って
キスをせがんでくる60代の母の姿が可愛らしかったです。

母以外の女と付き合ったことは何度もあるし、
今でも他に女がいるにはいるんですが
なんて言うか波長が合うというか相性がいいというか、
母のしてくることすべてが俺には可愛らしく思えてなりません。

スタイルだってまだまだいいし、顔だってそこそこ見られるので

この人と血の繋がりがなくても
たぶん好きになっていただろうと思います。

でも、母親だからこれほど執着するのかもしれないし、
犯して汚すことに興奮するのかもしれないですね。

湯船の中で最後はバックから責めて背中に発射です。

全部出し切ったら、顔を真っ赤に上気させたまま
俺の足元に跪いて口で綺麗にしてくれました。

念入りに舐める姿が可愛らしくてずっと頭を撫でてました。

母親の頭を撫でるなんてなかなか出来ませんよ。

でも、こういった事の一つ一つが
俺には興奮する材料になるんですよね。

風呂から出てベッドに入ってからは、
母が素直すぎるほどに素直だったからひどく安心できて、
まったく焦ることもなくイチャイチャしながら、
ちょっかい出しては気が向いたら入れてを繰り返して、
正常位でやったり、バックでやったり、
松葉崩しや騎乗位など
上にして下から突き上げて悶えさせたり。

ほんとに充実した時間でした。

8時には帰りたいというので、
7時過ぎまでベッドの中で絡み合って、
最後は「ずっと俺の女だからな」と激しく突き上げながら
言い聞かせてフィニッシュしました。

母は俺にしがみつきながら、ちゃんと「はい」と返事しましたよ。

帰省は4日までで、5日にはまた帰るんですが、
それまでにあと3回は母子相姦することを約束させました。

ほんとに出来るかどうかはわかりませんが、
せめてあと一回はホテルに来て、
思う存分楽しみたいと思います。

一晩中というか、一日中できたらいいなあと思いますが
こういった時間の制約があって人目を
忍ぶ関係だから返って燃えるんですかね?

家では母が嫌がるから出来ないんですよ。

キスくらいはさせてくれるんですが、それ以上はペケです。

ほんとは母だって俺のことが欲しいはずなんですけどね。

その辺の節度はしっかり守ってなかなか乱れない母なんです。

同じような関係の方々に今年も関係がうまく続きますように


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: