FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】プロ意識が吹っ飛び、エロで人生狂わす奴の気持ちが初めてめてわかった整体師

kage

2017/08/28 (Mon)

昔、整体みたいな
マッサージのまね事ををする仕事してた

リラクゼーション何ちゃらとかは
まだあんまり無かった頃ね

このスレ来る人なら判ると思うけど
整体師ってのは結構ニッチな部分に嵌まった職業で
やるのに特に資格が要らないのね。

何故かというと資格が必要な按摩さんとかっていうのは
結構門戸が狭いんだよね。

資格を取れる学校が少ない訳。

何故かって言うと
基本按摩さんっていうのは
眼が悪い人がなる職業だったから
あんまり門戸を開いて誰でも出来るって事にしちゃうと
目の悪い人の就職機会を奪っちゃう事になっちゃうから。

整体師ってのはその隙間をついた職業で
これはマッサージではないですよ
按摩ではないですよ民間療法の整体ですよ。

って言ってやってるやつな訳だ。

だから開業するのは楽と言えば楽。

ある意味ピアノの先生や
お花やお茶のお稽古とかと一緒。

その代り制限も厳しい。

宣伝もあんまり出来ないし、
マッサージしますとか言ったら駄目だったりする。

きっかけは俺がスポーツやってて
整体師の人に会った事が
原因なんだけどその頃俺も独立心旺盛で、
もしかしたら儲かるかもと思って始めてみた訳だ。

始めるに当たって色々考えて
住宅街の結構裕福な人の
多く住んでる土地の近くに店を作った。

そういう所に住むおじいちゃん
おばあちゃんをターゲットにしようと考えた。

あんまりお手本になるような
お店なんて無かったから店は自分で考えて作ったんだけど
どちらかと言うとややお洒落な感じの雰囲気を心がけた。

今のそういう所よりは
よっぽど格好悪かったとは思うけど、
所謂「整・体・院!」って感じじゃなくて
ソファとテレビなんかを置いてマンションの一室みたいな雰囲気。

最初の数ヶ月こそもう死んじゃおうかなあ

と思う位しか人が来なかったけど
マンションやら色々な家に
まあ自分でも胡散臭いと思う文句を並べた
ビラまいたりしてたら客は来るようになった。

狙い通り爺さん婆さんが。

マッサージ自体は整体師の人に
数ヶ月弟子入りって言うか給料ほぼ無しで
ただ働きして教えて貰ってたから
それでやってたんだけどまあ爺さん婆さんなんかは
マッサージより話中心みたいなもんで
俺もそこは心得てたから半年もするとそれなりに
喰っていける位に客が着くようになった。

お爺ちゃんお婆ちゃんにあんまり力入れると
後痛くなるからほんと施術中は
さすってる様なもんだったけどね。

でも

「ここに来るようになってずいぶん楽になった」

とか言われて評判は悪くなかったと思う。

客は8割爺さん婆さん、2割サラリーマンって感じ。

サラリーマンにはそれなりに真面目にやったよ。

で、そのうちにあるお婆ちゃん紹介っていうか
お嫁さんがどうも肩が酷く凝るから
見てやって欲しいって言われたのよ。

俺としては客が増えるのは大歓迎だから
是非来てくださいって事で来て貰った。

仮にA子さんとするけど、
A子さんが来た瞬間おっと思った。

年齢は三十路と言っていたけど
もっと若く見える。俺がその時34歳
だったんだけど5歳は年下って感じ。

しかも結構可愛い新妻風。

鼻筋が通ってて少しタレ目の甘い顔立ち。

因みに五十路以下の女性のお客は
その時が初めてか2人目位だった。

そんだけ高齢の爺さん婆さんに特化してた訳だ。

「はじめまして。院長の○○です。
(つっても俺一人だけど)」って言うと
「宜しくお願いします」って言って頭を下げてくる。
しかもなんかいい匂いする。
俺も男だからちょっと張り切った。

「最初だから30分にしましょうか」

と言ってから、
まずは椅子に座ってもらって背中から
肩の辺りを触ると確かに凝ってる。

「まずは施術衣には着替えなくて良いです。
今日は肩を中心にやりましょうね。」

と言うとはい。と頷く。

因みに施術衣ってのは
あのマッサージの時に着替える奴ね。

水色の短パンと上着みたいな奴。

女性の場合は背中が
マジックテープで開くようになってた。

その時うちでは上半身だけの時は
治療台じゃなくてソファみたいなものに座ってもらって
テレビか本でも読んでてもらって
そこに対して俺が立って後ろから肩を揉むというスタイルにしていて、
(出来るだけ家に近い感じでがコンセプト)
A子さんにもそうしてもらった。

ゆっくりと背中から肩にかけて凝りを
解していったんだけどやっぱり触るときは結構緊張した。

いい匂いしてるし、髪は上に纏めて
真っ白なうなじが見えてて仕事とはいえ役得だなあと思って。

しかもA子さんは柔らかめのシャツと
スカート姿だったんだけど上から見たら
細身のスタイルの割におっぱいもでかい爆乳若妻

触ってて俺が得だと思える
客なんてそうはいないから俺も頑張った。

最初はホントガチガチだったけど
15分位してると大分解れて来て
話も弾んで結構楽しかった。

「凄い、気持ち良いですね。」

「この背中の部分をしっかりと解すと
肩が楽になるんですよ。この肩甲骨の下の部分、判ります?」

「あ、そこです。」

「整体とかは結構いらっしゃるんですか?」

「いえ、全然。今日が初めてなんです。」

と。A子さんは26で結婚して3歳の子持ちと云う事もそこで判明。

子供は御婆ちゃんに預けてここに来たとの事。

あまりに楽しくて微妙に時間をオーバーした位だった。
A子さんもそこそこ満足してもらったようで

「何回かいらっしゃって
徐々に体質の改善していきましょう」

とか言うと

「はい是非」とか言って来る。

そんな感じで爆乳若妻の
A子さんは週に一回来てくれる上客になった。

2回、3回目は1回目と同様会話をしながら
普通に上半身だけの施術をした。

子育ての苦労とか、
そういう会話をしながら上半身を解す感じ。

元々信用してないって訳じゃないだろうけど
身体を触る仕事だからね。

これでA子さんは俺の事を信用してくれたんだと思う。

帰るときには

「凄く肩が軽くなりました。
ありがとうございます」

って笑いながら言ってくれる感じ。

それも可愛らしくて正直その時
俺はややA子さんに惚れてた。

4回目の時に

「じゃあ今日は施術着を着て、全身をやってみましょうか。」

って言うと寧ろA子さんの方が待ってましたって感じだった。

施術着を着替えるスペースがあって
そこで着替えてもらうんだけどそっちに全神経が何故か集中したね。

膝丈上のブリーツスカートを
今脱いでるのか。とか諸々。仕事にも拘らず。

着替えて出てきたA子さんを見た瞬間、
一言頭に浮かんだのが

「エロい」

施術着って一切の色気のないパジャマみたいな服だったんだけ
どブラ外したからか胸の部分がくん、
と持ち上がってて胸の形丸判り。

婆さんばっか相手してたんで
体のラインが判るってのがこれほどエロイとはと思った。

そしてそこで初めてA子さんに
治療台に乗ってもらったんだけどもうね、身体がいやらしい。

治療台にうつ伏せになっても
身体のラインが全然崩れない。

施術衣の上からでも身体のラインが判る
色白でスレンダーだし、肌とかも柔らかくて決め細やか。

仕事だよ。仕事なんだけど役得だなあ。と思わず溜息ついた。
爺さん婆さん、凝り固まったサラリーマンと比べるとやる気が別になる。
触るだけで俺の方がパワー貰うんじゃないかって感じ。
本気でちょっとやってやろう(整体をね)と思って上半身中心に。

その頃は結構軽口を叩けるようになってたんで
上から背中辺りを揉みながら

「徐々に身体楽になってませんか?」

「あ、すっごい良く眠れるようになりました。」

「そうでしょう?お子さんの夜泣きが終ってから
寝つきが悪くなって、身体の調子崩す人も結構いるんですよ」

などといいつつ柔らかくて良い匂いのする
爆乳若妻のA子さんに施術。

それまでのソファでの施術が効いていたから
A子さんは結構かなり慣れた感じで施術を受けてくれた。

やっぱり整体でも他人に身体を触られるってのは
緊張するから、一回目の人とかは
本当に身体が硬い事とかが多い。

でもA子さんは結構ふにふにと力を抜いた感じで
施術を受けてくれて手とかをやっても

「あーそこです。すごい」

とか言って力が完全に抜けた状態。

脇腹の辺りとかこっちも微妙に
緊張する所も力抜いたまま。

今までやってなかった腰の辺り中心にやると
凄く気持ち良さそうにする。

「あーこっちも凝ってますよね。
結構お子さん抱っこしたりしながら
立ってる時間多いんじゃないですか?」

「そうですね3歳だからもう結構重くって」

みたいな。

無論腰を押してるんだけど俺としては
かなりその下の柔らかそうなお尻に意識が行ってた。

しかも俺が腰押すたびにお尻の形がくっきりと判る。

ただ勿論俺もお客さんだから何かをするって
訳じゃなくてその日は目と指を楽しませたって感じだった。

それ以降は腰もやりましょうね。という事で治療台でやる事にした。
正直、もうその頃はA子さんの回は毎週の楽しみだった。
昼の2時か3時からが多かったんだけど自分でもどうかと思うけどその後の30分空けたりした(会話のためにw)
もうこないと言われたらマジで金は要らないと言ったと思う。
A子さんは専業主婦で30歳だから子供がいるにしても
姑さんとかいるから時間は取ろうと思えば取れたんだろうね。

会話に飢えてるって感じで会話も結構弾んだ。

友達風に喋ってもちゃんと受け答えしてくれる。

っていうかそっちの方が好みのようなんで回数を重ねる度に俺も徐々にタメ口になっていった。

「子供がね、もうディ○ニーに夢中になっちゃって」

「へえ、子供そういうの好きだもんね。
ジ○リとかも好きなんじゃないの?」(腰揉みながら)


「トトロも大好きなの。」

5回目位からはそんな感じ。

仕事から外れたらマズイ、
とは思いつつでもタガが外れたのは暫くしてから。

思い返すとタメ口がマズかった。

何か美人の女友達の身体揉んでるみたいになってたから。

その頃は正直A子さんの時は
勃起する事も結構あるという、プロとしてはかなり失格状態になってた。

で、そんな折もうかなり慣れてた頃、A子さんが
「脚いたいんですよねちょっと。」と言ってきた。

「あ、いいですよ。」
つって脚の方もやったんだけど
それまでは基本うつ伏せ寝だったのね。

女性のお客さんには
あんまり仰向けはやらない方針だったので。

顔にタオルとか掛けるけど
やっぱり恥ずかしいと思われるともう来て貰えなくなるから。
(例え御婆ちゃんでもそうだったりする)

でもA子さんは慣れてたし、
脚も太腿の方だったから腰を暫くやった後
「じゃあ、仰向けになって。」って言って仰向けに。

そこで両足にタオル掛けて上から揉んで、
御互い顔を向き合わせながら会話。

かなり甘め美人なんで
正直顔を合わせるとドギマギするんだが、
揉みながら会話。

ここで間違いが起こった。

男のお客さんには結構やるんだけど
(やってもらった事のある人も多いと思う。)
片足を押さえてもう片足をぐうっと
肩の方まで持ち上げるやり方で
脚と股関節を廻す。

会話しながらそうやって
A子さんの左足を廻してたんだけど
A子さんはかなり身体が柔らかくて、
タオルがずれきてて
親指は生脚を触っちゃってる状態。

そこでちょっと血迷った。
親指がすべすべの生脚触っちゃってて
ちょっと生勃起してたのがマズかった。

本当は肩の方まで脚を上げたら
そのまま下ろすんだけど、
膝を横に倒すようにして
脚をぐっと開く感じに動かした。

実際そういう方法が無い訳じゃないんだけど
脚を思い切り開く感じになるから
女の人にとっては恥ずかしさを感じやすいし、
だからやるつもりは無かった。

普通だとやるなら顔にタオルを掛ける。
そうやってやり始めた瞬間、
会話がぱたん、と終っちゃって、
しかもA子さんがきゅっと唇を噛んだの見て
ちょっと後悔したけど
止めるのも逆にマズイので施術は続けた。

ちなみにA子さんは施術衣の短パンで
そこの上に置いておいたタオルもずれてて
脚と腰の動きはもろに俺に見えちゃう感じになってた。

暫くぐるぐるっと左足を廻して、
次に右側に回って右足を廻す。

もうこうなると
不自然に見えたらマズイから
右足も微妙に生脚を掴んで。

脚を動かす度に短パンの股間の部分に目が行く。
因みに短パンは脚のところが開いている
(いわゆる小学校男子の短パンみたいな感じ)
タイプだから太腿の奥の方にどうしても目が行く。

で、A子さんはというと
さっきまで会話してたから
ちょっと肘を突いて上半身を持ち上げて
俺の顔を見てる感じ。

で、顔もちょっと上気してる。
俺は知らん振りしてるんだけど
もう完全に勃起しちゃってた。

そしてA子さんの次の言葉でプロ意識が吹っ飛んだ。
多分沈黙にA子さんの方が耐えられなかったんだろうけど
言う方もどうかしてるとは思った。

俺の顔見ながら思い切り脚開いた瞬間、
「なんかこれって、こう、ちょっと、エッチな感じですよね。」
とちょっと笑いながら言う。

もうね、一瞬頭が沸騰する感じだった。
エロで人生狂わす奴の気持ちが初めてめてわかった。
一瞬だった。

思いっきり右足を開いた状態で
A子さんにそう言われた一瞬後、
手が勝手に動いて短パンの裾から
下着の中に人差し指が入ってった。
もう一直線に。

人差し指が開いていた短パンの裾から入って下着潜って、
思いっきり指入れしてた。

A子さんの目がくって開いた後に
凄いびっくりした感じで
「あんっ!」って言った後顎がくっと上がる。
もうやった俺がびっくり。

しかも中濡れ濡れ。
びしょびしょ。
しかもちょっと締めてる。

あまりに一瞬で自分でやった事に
俺もびっくりして逆にすぐ抜いちゃった。
思わず御互い顔を見合わせる感じ。

すいませんも何もない感じに
思いっきり指いれしたから
俺も完全に固まった状態。

A子さんは出しちゃった声の後、
片手で口を押さえてる状態。

A子さんは顔真っ赤にしてこっち見てる。
俺も今のは無かった事にとは言えない状態。

つかマッサージどころか短パンかき分けて指入れてるしね。
ただダメージから復帰したのは俺の方が早かった。

もうどうしようもない状況のときって、
結構人は諦めるね。
そして意味不明の行動をする。

A子さんの脚を戻して
もう一回開かせる俺。

口抑えて顔紅くして
俺の事見てるA子さん。

開いた瞬間、
もう一回太腿伝って
今度は意識的に裾から人差し指を入れて、
さっきと同じように下着をかき分けて指入れ。

やっぱり濡れ濡れ。
びしょびしょ。

で、その瞬間口抑えながらA子さんが
「あんっ!」って声を出して今度は俯く。

多分俺はもう一回やれば
こういう施術ですよって言えるかもしれないと
パニくった頭で考えたんだと思うけど
そういう施術ねえから。

で、御互い無言。
今度は指抜けない状態。

A子さんの中は熱くて
完全濡れ濡れ状態。
そこで覚悟決まった。

賭けだと思って
くっくっくっって中で指捏ねくった瞬間
「あぁっだめぇっ!あっあっあっああんっ!」
つって俯いたまま喘ぐA子さん。

指入れたまま脚を
今度は肩の方に倒しながらくちゅくちゅ。
「あっあっだめっ!ああっ!あんっ!」
言葉はあれだけどかなり甘い感じで喘ぐA子さん。

死ねとか言われるかなと思ったけど
「凄い濡れてるね。」と言うと
「やっだ・・・恥ずかしい・・・」と俺を責めはしない感じ。

寧ろ濡れてた事が
目茶目茶恥ずかしかったらしい。

そこら辺にくると俺も多少余裕が出てきて
「駄目、指抜いて」とA子さんに言われた後に
「いいよ、ココも楽にするよ。」って笑いながら返し、
A子さんが頭を下ろして両手で顔隠して、
大体の空気がOKの流れに。

治療台の上で裾から指入れたまま中指も入れた瞬間、
「あんっ!」って喘ぐ。

顔真っ赤にしてるけど
今度は駄目とか言わない。

A子さんは指マンに慣れてなかったらしく
指マンは整体師と男の沽券に掛けた甲斐があった。
途中から声だしまくり。

俺も面白くなって両足ぐるぐる廻すマッサージは
しつつやってたんだけどクリ親指で弄りながら中捏ねると
目茶目茶濡れてくる。

声も「あっ!あっ!」って叫ぶみたいに。

「このマッサージ気持ち良い?」

とわざと聞くと、顔真っ赤にしたまま少し睨んできて、

「・・・あっ!気持いいっ!」
とか答えてくれる。

しかも可愛い事に
そうやって暫く指マン続けてたら急に俺の手抑えて
「だめっだめっだめっ!」

?どうして?
「いっちゃいそうなの。もう駄目。」
止める訳もなくそっから掻き回しまくって
1分後に思いっきりいかせた。

いきかたも思いっきり。
中イキで、思いっきりヒクヒク指締め付けてくる。

もうそこで
かなり我慢ならない状態だったんだけど
どうしよう。という状態。

やっちゃって良いのかわかんない。
道義的にも仕事的にも。

で、指入れたままゆっくり捏ねくってると
都合の良い事にA子さんの方から
「もう、駄目だって言った・・・」
と甘い声。

助け舟だと思って
「あと3回は解さないと駄目かなぁ。」とか言うと、
「駄目、駄目、駄目!」
と首振る。

そして
「・・・入れ、ちゃう?」
心臓ばっくばくさせながら
「入れていいの?」と聞くと

「だって・・・指はもう駄目。」
「何で?」
「恥ずかしすぎるから。それなら入れて欲しい。」
もう完全キター状態。
覚悟を決めた人妻は良いね。

指抜いて次の予約なかったけど入り口に
「準備中」の札掛けてドアに鍵掛けた。

戻ったら顔真っ赤にさせてタオル被って
「もう。やだ、凄い恥ずかしかった。」
施術台は流石に狭いのでA子さんを休憩室に誘って
施術衣脱がしてたわわに実ったおっぱいと対面。

そしてまた指入れすると
さっきのままぐっちょぐちょ。
「なんか、凄く上手い?」
とか嬉しい事を言われつつ
思いっきり脚広げさせて
目茶目茶柔らかくなってる中に挿入。

「ああああっ!・・・入れられ、ちゃった・・・」
とか言われながら。

A子さん、3歳児を持ってんだよなあ。
子供、お母さんがこんな事してるって知らないんだよなと思うと
目茶目茶興奮して思いっきり突きまくった。

御互い興奮しまくってて
最初から腰掴んでバコバコ突き。

A子さんも正常位で俺に合わせて
腰動かしてきて思いっきり声出してる。
(その後A子さん曰くあんなに興奮した事これまでなかったとの事。)

柔らかい中でしかも腰使われてすぐ出そうになったけど
何とか堪えてA子さんがいってから外出し。

御互い息整えてる最中に俺の方から
「ごめん。」
A子さんが首を振って
「ううん。」
ちなみに浮気は初めてだったそう。

これからどうしよう。
という話になって俺としては
これからも来て欲しいというとA子さんは頷いてきた。

そして俺は5年そこで仕事を続け、
その後この職業毎辞めたんだけど、
それまでA子さんとも5年続いた。

まあ仕事場でやったのはそれ一回で、
A子さんが来たときは普通に整体をやって、
それ以外に待ち合わせの日を決めて
昼間にラブホテル行くって感じ。

まあ整体自身はそれ以降タオルとかは掛けなかったし
結構際どい事もやったけど。

A子さんとの事はあれほど興奮したのは
ちょっと珍しい位に良かった。

ちょっと変態だが、
子供にとっては3歳から8歳までの間
お母さんが週に一回お父さん以外の人に身体揉まれて、
しかもその男にチンポも週一で入れられてた訳で
その罪悪感を感じながらも、
俺の人妻好きには拍車が掛かったという出来事だった。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: