FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】四十路になってから小学校の同窓会で再会したマドンナとの甘酸っぱい思い出

kage

2017/08/18 (Fri)

女性はいくつになっても
美しい人は美しいと思えます。

本当に魅力的と感じるのは、
歳を取ると円熟というか妖艶で
色気のある熟女になっていたりします。

そう感じたのは小学校の同窓会の時でした。

四十路になってからの同窓会だったので、
実に30年近く経過しての会でした。

これだけ時間が経ってから
よくこれだけ人が集まったなと思う程です。

しかし、おかしなもので、頭の薄い人、
白くなっている人、シワの目立つ人。

そんな人を見ても、
ひと目で誰かすぐに分かるから同期なんだなと。

ここで一際、目立っていたのが、
当時でもマドンナ的存在の女性でした。

たまたま私の横に座ったのですが、

「お久しぶり。田中くんも全く変わってないね。」

「よく分かったね。」

お世辞でもそんな言葉を出されたら、
楽しいものです。

それから、取止めもない話しで盛り上がっていたのですが、
時間が経つとマドンナの所に男性が集まってきます。

やはりモテる人はモテるのです。

しかし、他の男性がしつこく口説いているのですが、
彼女は迷惑そうな感じでも、
上手く話を合わせていました。

その時の彼女は私に助け船を出して
欲しいのか視線を飛ばすのです。

「そういえばさぁ。」

と私は男性の友人に声を掛けて
話題をワザとそらしたのです。

同窓会も終わり2次会に移ったのですが、、
マドンナはやはり私の隣に座って耳元でささやいたのです。

「さっきはありがとう。嬉しかった。」

嬉しかった?

その言葉に戸惑いを感じたのですか、
その意味は3次会で分かりました。

3次会はマドンナの二人きり。

そう、ラブホのベッドの中が3次会だったのです。

2次会が終わった後に、
彼女は私の腕を掴み他の人達に気づかれないように、
街の暗闇に飛び込んでいったのです。

歩きながら

「さっきはすごく嬉しかった。
だって子供の頃、気になっていた
あなたに助けられたんだから」

その時に初めて彼女が気持ちが分かったのは
不思議な感じでした。

それからは大人の恋です。

お互い四十路のおじさんとおばさんで
お互いに家庭もあり、
普通の生活を営んでいるのですが、
この時は何も考えず結ばれたのです。

ホテルに入り静かな部屋で彼女は服を脱いでいくのですが、
とてもスタイルがよくてバストの張り出した姿は
私てなくとも夢中になるでしょう。

「抱いて」

その一言が今夜の
同窓会の締めくくりでした。

優しく愛撫するうちに彼女は段々と濡れていきます。

そして私が彼女の中に滑るように入った時。

「ああっ」

そんなあえぎ声が私を一層、燃えさせてくれました。

何度も何度も愛しあったのです。

それからは密かな大人の熟年恋で
彼女とは縁が続いて密会を重ねています

同窓会で再開したマドンナ

二人きりでいると子供の時に戻ったような気分に
なれる時もあるんです

甘酸っぱい思い出

彼女は私の青春そのものです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: