FC2ブログ
2017 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 01

【熟女体験談】童貞オタクに色目を使い、何も言わずに寝室へと導いて筆おろしを始める美魔女な友人の母

kage

2017/08/02 (Wed)

俺はゲームオタクで大学でも
ゲーム研究会と言うサークルに入った

そのオタクだらけのサークルの中の一人と、
私は友人となったのです。

友人も当然ゲームが大好きで、
私に色々とゲームに付いて教えてくれました。

そしてその友人は、
家にもっとゲームがたくさんあるからと、
私を自宅へと呼んでくれたのです。

私が友人の家を訪ねると、
一人のきれいな女性が出迎えてくれました。

最初私は、友人のお姉さんかと
思ってしまったのです。

しかし後で友人に聞いてみると、
お母さんだと言う事が分かりました。

随分若いお母さんだねと友人に訪ねると、
お父さんが再婚をして、
今のお母さんは後妻だと言うのです。

だからこんなに若いのかと、
私は納得しました。

それから私たちは、
友人宅の豊富なゲームソフトを遊びまくったのです。

その間友人のお母さんが
お菓子と飲み物と差し入れてくれたのですが、
その友人のお母さんが
私に色目を使ってきました。

私はそれでも気のせいかなと思い、
その時は気にしなかったのです。

それから友人宅から帰ろうとしたとき、
友人と共にお母さんも玄関まで見送ってくれました。

そこでもやはり、
お母さんは私に色目を使ってきたのです。

友人には悪いですが、
変なお母さんだなあと、思ってしまいました。

その後も友人宅には度々行くようになり、
私たちは大の親友となったのです。

ですが友人宅に行くたびにお母さんが
私に色目を使って来るので、
気持ちが悪いなと思っていました。

そんなある日、友人のお母さんから
私に電話が掛かって来たのです。

お母さんは直ぐに家まで来て欲しいと言いました。

私は友人に何かあったのかと思い、
詳しい事情を聞かずに友人宅まで飛んで行ったのです。

しかし友人宅に居たのは
お母さんだけで、友人はいませんでした。

私はお母さんに、

「友人に何かあったのですか?」

と尋ねました。

しかしお母さんは何も言わずに、
私を寝室へと導いたのです。

私は訳も分からずお母さんに付いて行き、
寝室に入りました。

するとお母さんが徐に服を脱ぎ始めたのです。

私は慌ててしまいましたが、
お母さんの妖艶な裸を見て居る内に、
男の欲望がむくむくと湧いて来ました。

そしてお母さんに誘われるまま私は、
お母さんと肉体関係を持ってしまったのです。

その時童貞だった私は、
お母さんの体を貪る様に愛して筆おろしされました

それから私たちは、
友人が留守の時を狙って会い、
とてと綺麗で美魔女な友人のは母と
SEXし愛し合うようになったのです。

ですが親友のお母さんと
体の関係を持ってしまった事に
罪悪感を持つようになり、
お母さんとこのままの関係を続けて行って良いものかと、
悩む日々を送る様になってしまいました。

しかし、SEXしてから2日も経つと、
また美魔女な友人の母とHしたくなる

そして、体の関係を持ってしまう

そんな事が今でも続いているんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: