FC2ブログ
2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

【熟女体験談】最近はNTRセックスに すっかりハマっています

kage

2017/07/24 (Mon)

俺の嫁が酒癖が悪い

というか、飲み始めると
潰れるまで飲んでしまう

そんな妻が飲み会を終えて帰宅したのだが
案の定べろんべろんに泥酔状態

玄関に入るなり、ぶっ倒れる妻w

靴も履いたまま

どうやらタクシーじゃなく
同僚にクルマで送ったもらったようなので
お礼を言わなきゃいけないと
まだマンションの下にいるかと思いましたが
どうやらすでに帰ったようでした。

妻を見ると、めったに履かない
タイトミニのスーツを着ています。

なぜ会社の知った仲間との
飲み会にそんなに気合いを入れた
格好なのかと嫉妬を覚えました。

そしてだらしなくノビた妻の
ミニスカート姿にムラムラしてしまい
玄関で妻に覆い被さってしまいました。

スカートを捲ると、パンストは履いておらず
いつ買ったのか知らない、
イヤらしいレースのTバックを履いていました。

それを見た私は言い様のない不安と同時に興奮に包まれ、
僅かに隠された妻の大事な部分にむしゃぶりつきました。

そのとたん、不安は確信に変わりました。

独特の栗の花の匂い

しかもかなりキツく濃い匂いです。

そんな強烈な匂いがするのを放つ男と、
ついさっきまで交わり
その上、中出しまでさせてたという事か

ジェラシーで頭に血が上るのを覚えながら、
クロッチ部をずらしてイキリ立ったモノを
突っ込みました。

「…うっあっ」

意識のない中でと反応する妻。

そして信じられない事を口走ったのです。

「だめ、ダメ、旦那にバレる」

寝取られの事実確認終了!

120%真っ黒な妻

私はジェラシーで
猛烈な興奮からむちゃくちゃに撃ち込み、
さらに妻の身体をひっくり返して、
無理やりお尻を持ち上げ
バックから犯すようにピストンしました。

着衣のままお尻だけ露出、
さらにTバックをずらして挿入ピストン
されている妻を見ると、
他の男にも同じようにされてきたのではないかと
想像し、あっという間に妻の中で果てたのです。

ドクドクと、今までにない快感を感じながら

妻の膣内に流し終えた私は、
とたんに虚しさと怒りを覚えつつ
仕方なく妻をベッドに運びました。

妻は運送会社のパート事務員で、
女性は38才の妻だけ。

同僚は社長を除いて皆肉体労働ドライバーです。

そんな会社の同僚達との飲み会に、
ミニスカスーツ姿で出席し、
同僚の逞しい男達の性欲を刺激して
浮気セックスをしてきたのでは、と私は想像しました。

目的なくそんな服装するはずは無いのです。

明日の朝
妻はどんな反応をするのでしょうか。

目覚めてから身体の異変を確かめ、記憶を辿り
昨夜浮気セックスした位までは思い出すでしょう。

私が犯すように抱いた事までは
記憶にないと思います。

他人の精液を携えたまま深夜帰宅した事を、
私に気付かれたのではないか
と、ビクビクしながら起きて来ると思います。

そして妻にどんなお仕置きを食らわせてやるか、
いろんな妄想を巡らせながら、
朝を迎えました。

ウトウトしながらも結局寝付けないまま、
夜が明け、完全に日が登る頃、
妻が起きてきました。

私と妻は普段同じ寝室で寝ていますが、
その日だけは、私が何とか運んだ妻だけが寝室、
私はリビングのソファーで寝ていたのです。

ガチャっと開いた寝室のドア。

妻が静かに寝室を出て、リビングに私の姿を見つけると
寝たフリをする私を見ながら

まるで忍び足のように静かに風呂場に向かいます。

シャワーの音が聞こえてきました。
昨日の「汚れ」を洗い流しているのでしょう。

私は起き上がり、風呂場の脱衣場で全裸になり
妻の脱いだ下着を手に取りました。

大きなシミと汚れを確認し
鼻に押し付け匂いを嗅ぎました。

私のか、他人のかわからない匂いがして、
私の愚息はビンビンになり、
そのまま風呂場のドアを開けました。

「きゃっ!」

驚く妻に私は無言で唇塞ぎ
後ろ向きにして壁に押し付け
お尻に顔を埋めて卑猥な音を立てて舐め上げました。

「あ…いゃ…ちょっと、何?」

妻の声を無視して私は舐め続けます。

いやと言いながら、もうこんなに濡らしてるクセに

と思いつつ、ひたすら舐め続けます。

「ふぁ…ダメ、あなた…どうしたの?」

私はギンギンのペニスを、
後ろから突き入れて、何度も突き上げてやりました。

「あなた、いきなり、あ、すごいよ、ダメ、ダメ」

「お前、昨日何してた?」

「え?!き、昨日?」

妻は驚いた顔をこちらに向けました。
その間も私はピストンしたままです。

私は振り向いた妻の唇を塞ぎながら、
狂ったように打ち込み続けました。

妻をむちゃくちゃに犯したかったのです。

他の男の匂いが染み込んだ妻の身体を、
再び私の匂いに染め直すように。

いつもならセックス中のキスは
舌を絡めて来る妻ですが
この時はただひたすら受け身で、
私がいくら舌で誘ってもを
舌を絡めてくる事はありませんでした。

ただ、快感だけは抑えることは
できなかったようです。

「あっん、どうして…あいぃ…」

「わかってるだろう。ほら!言ってみろ!」

「あ、あ、いやぁ、あなた、何も、何もなかったよぉ」

「わかってるんだ。怒らないから、言うんだ。」

「あ、あなたぁ、ほんとに、ほんとに…怒らない…?」

「ああ、怒らないから、言ってみろ」

「あぁ…ご、ごめんなさい
あ、あ、ごめん…なさい…」

やはり…わかっていたとは言え、
ショックは相当なものでした。

でも、私は妻を犯し続ける事は止めませんでした。

衝撃と同時に興奮も
これ以上ないくらい昂ぶっていたのです。

「やっぱり…やっぱりか!
裏切りやがって!この淫乱の売女が!」

私はこれ以上ないくらい
強く強く妻に打ち付けました。

「ああ!ああ!ごめん!ごめんなさい!許してあなた!」

怒りと嫉妬に狂いながら、私は有無を言わさず
妻の中に放出しました。

「あぁ…中は…だめ」

他の男には中に出させたくせに、
私にはダメだと言う妻に益々怒りが沸き、
同時に私の寝取られ性癖が大きく刺激され
汚れたペニスを無理やり妻に口で掃除させました。

お掃除フェラなどこの時が初めての行為でした。

初めてのお掃除フェラにすっかり興奮した私は、
またすぐにビンビンになり、妻を寝室に引っ張り込んで
再び交わり、終始荒々しく犯し続けました。

その後、妻と話し合った結果、
妻にはパート先を辞めてもらいました。

妻の浮気行為が続けば、
色んな人が不幸になるだけなので。

ただ、今でもあの時の夫婦の営みは
最高に気持ちよかったですw

それで、最近の夫婦の営みの最中は
私は他人になりきり、妻に囁きながら
行為に及びます。

妻を「奥さん」と呼び

「奥さんのココに俺のお○ん○んが入りたがってますよ。」

「いいんですか?旦那さんが見てますよ?」

「ほら、こうすればお○ん○んが奥さんにズボズボ
入ってるトコ旦那さんに丸見えですよ」

妻も私も大興奮で
最近はそんなNTRセックスに
すっかりハマっています。


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: