FC2ブログ
2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

【熟女体験談】出張中に間男を自宅に連れ込み、不倫していた妻にブチギレて衝撃的な復讐をする夫

kage

2017/06/04 (Sun)

結婚して17年、
平凡だけど幸せな家庭だと
私は満足していた。

私は46歳で妻は45歳。

長女は既に成人して働いており
長男は高校生である。

私の会社は外資との合併をして
会社の改革にのりだした。

私は工場海外への移転に伴い
ベトナムと日本を行き来していた。

妻はよく理解してくれていると思っていた。

有る日に1週間の予定から4日でかえることができ、
私は妻が喜ぶブランドのサイフや
皆にケーキを珍しく買い込み自宅へ帰った。

夕方、マンションにはカギがかかっており
いつもの形で洗濯物を置き場に置こうとしたとき、
見馴れない男物の下着をみつけたのです。

息子はグラブの合宿でいないはずです。

まさか?と思い慌てて寝室に向かおうとしたとき、
妻が下衣をはだけてトイレに出てくるところでした。

そして奥から、早く!また、
奥まで入れてやるからよ!と。

妻が、もう!って。

私は小心物ながらブチギレ

手に子供の木刀をもっていました。

妻は、ギャー!と騒ぎその場で座り込みました。

奥から土建屋の若い男風な間男で出てきて、
わたしは殴り倒していました。

この間男に

「私が夫だ!」

と怒鳴ると、漫画のように
本当に裸でマンションから出ていきました。

わたしが勇気をはらってだしたパンチは鼻を砕いた?らしく、
妻の言うには会社で言い訳にこまったらしいです。

妻は座り込み、オ○○を漏らし、
私が、声をかけても
震えるばかりで話になりません。

私は、とにかく綺麗にしろ!
と怒鳴ると動きました。

私は日頃妻に逆らったこともありません。

怒ったこともありません。

私は初めて、切れて
自分でもわからなくらい興奮して修羅場になりました

妻とはセックスレスでお互い四十路の中年。

タンパクだからと断られていました。

妻が自宅に間男を引き連れての
不倫はわたしをブチギレさせたのです。

妻はシャワーを浴びて
普段着で私の前で座り込みました。

いつから?と。

妻によればあの男は近所の電気屋の主人で、
地デジのテレビを設置してもらっているとき、
強引に関係を持たされた?と泣いていました。

段々、関係が深まり体は彼を求めていた。

初めはラブホだったが、
君はわたしの妻だから?
と夫婦気取りで平日に関係を結んできた。

私は聞くにつけ情けなく
涙が悔しくこぼれました。

「で!で!離婚したのか?
あ?おい、糞女答えろやあああ」

家内に罵声を浴びせていました。

妻は許して欲しいと謝り続けましたが、
何物考えられず半日が過ぎました。

夕方、電気屋会社の例の男と
横に妻よりはるかに美人でわかい奥さんと
会社の社長が訪問してきました。

電気会社の娘婿で、
地元で問題をおこし深く反省しておる。

賠償や慰謝料は相談させてほしい、と。
彼は縁者の会社へ行かすといわれました。

会社でも気分がすぐれず
会社に休暇を申込みました。

私が昼に帰ると妻は必死に
身の回りの世話をしますが苛立たせました。

妻に携帯をみせろ!

というと言い訳をして見せないので、
奪い取ると、あの男との着信ばかりでした。

メールには浮気がばれたあとのメールもあり、
別れてない!
とわたしは携帯ををへし折っていました。

妻を初めて暴力をふるいました。

逃げる妻を捕まえて寝室へ。

着ている服を脱がすというより裂きました。

妻が一番気に入っている服で
妻は震えています。

下着も日頃着けない派手なふくだったんで、
今からまた、会うつもりだっだ!
でブランド下着を切り裂きました。

妻を布団に倒して濡れてもいない、
あそこにペニスを突き刺し激しくふりました。

私はストレスからインポ気味でしたが、
びっくりするぐらい反っていました。

妻は、いたい、いたい、と初めは言いましたが
顔が穏やかに変化して、
あん、あん、と声をだしはじめたのです。

妻の乳房はピンクにそまり、
わたしに揉まれると痛い、
といっていた妻が、感じる!!という始末。

私も限界になりどうにでも、
と思い中に出すぞ!と怒鳴り、ダメー!
危ない、出来ちゃう!私は聞かず流し込みました。

妻は泣いていました。私は荒れました。

子供が寝ると妻を抱きました。

酷いときは子供が学校へ出掛けると
洗い物をしている妻を犯しました。

あれから妻との会話は無くなり
夫婦関係は冷めきりました。

妻は影であの男との関係を
続けていることがわかりました。

その上私との離婚を画策しはじめたのでした。

私は我慢の限界を越えました。

私は調べあげました。

子供の為に貯めていた貯金や
サラ金まで借りて出ていく準備を進めていました。

私は復讐を決意しました。

会社に退職届けをして迷惑をさけました。

子供がクラブ関係の合宿で
二週間いないのを確認して行動にうつしました。

妻が携帯をはなした隙にあの男へ妻から会いたい!
と自宅を呼び出しのメールをいれました。

直ぐに返事がきました。私はメールを削除しました。

数日してあの男はきました

妻はいません。

玄関を入るなり殴り倒してました。

図体の割には弱くのびてしまいました。

私は引きずり、男を裸にして
男のまらをあらわにして体を縛り上げて、
寝室の片隅に監禁しました。

妻が暫くして帰り、夕食の支度をしている妻に
後ろから抱きつき、服を一枚ずつ剥ぎ取り
抵抗する妻を犯しました。

離婚したい!

と思っているのですから抵抗しました。

いや!なにするの!ぶた!いや!

お前、まだ、続いてんじゃないんだろうな?

妻の抵抗は弱まりました。

まだ、疑っているの?だから!いや、

私は妻を居間で裸にして
覆い被さりペニスを押し込んでいました。

不思議なことに妻は濡れているのです。

一旦ペニスを抜き引きずるように
寝室へ連れていきました。

また、妻をバックから犯しました。

私が妻の乳首をつまみ上げ吸い付くと、
あーあ、あと声をだしはじめました。

妻は肌は白い方ではありませんが肌は綺麗で、
私が体をなめあげ、
妻のつぼみを丁寧になめあげました。

妻はわたしの頭を押し付け、
う、う、うと痙攣しました。

私がいったね!と言うと、顔を隠したのです。

そして

「僕の番だよ!」

もう妻の抵抗はありません。

バックから突くと綺麗なお尻がぶるんぶるん!
して私を興奮させたのです。

私が、いい?と聞くと、妻が、いい、いい、
彼とは貴方が、貴方が、もう家庭はどうでもいい?
愛してない?いい、いい、貴方を愛してる。して!

中に出すよ!いー!いー!

私は大量のザーメを流し込みました。

妻は痙攣していました。

私は抱き起こし激しく唇を奪いました。

やがて私がある方向を指さしました。

暫くして妻の悲鳴がおこりました。

指差した先は妻の男が裸で縛られ、
ペニスだけが勃起した状態でした。

私は妻の体の上でゆっくり腰を動かし始めました。

いや、い、やめて

妻はもがきましが私は離しません。

お前たちは私の金で、
私を陥れようと動いていたね!

妻は抵抗を止めました。

それは犯罪行為だよ!

私はやがて妻の中に果ててしまいました。

妻を投げ捨て、男に、なんだ!
その目は!ある男になんか頼まなかった?
チンピラたちに!

男は震え出しました。

私はペニスを蹴り上げていました。

う、う、う、う、

さ、どうする?

私はカミソリをだして、
その汚いものをきろうじゃないか?

止めてください!もう、懲り懲りです。だから、だから!

まだだよ!

妻を男の横まで連れていき抱きました。

バイアグラは効いてわたしの
ペニスは疲れを感じませんでした。

妻は泣き出していました。

ひどい、ひどい、ひどい、泣きじゃくっていました。

私が突き上げるたんびに、

う、う、~と声に成らなくなってきています。

私が君は、あんな男と僕を陥れようとするとは!
怒りにまかせついていました。

慣れ浸しんだ妻の体を逝かすのは
わたしのようなセックスべたでも簡単でした。

妻が、ごめんなさい、

妻たちが描いたシナリオはこうでした。

別れさせやの女性を雇う、
私がセックスレスからできあがったとき
事実をつきだし離婚に持ち込み。

財産は余りありませんが、彼の口座へ、
子供たちや老後の貯蓄までうつしておく、
すでにしていましたし、
使い果たしていました。

ブランドの服、下着、時計、
わたしの給料では手が出ません。

それでもだめならチンピラでわたしを恐喝する?

わたしがふたりに読み上げると
完全に言葉を失っていました。

わたしが妻に子供たちにこの事実をつたえようか!

と話すとそれだけは許して!
と足にしがみつきました。

離せよ!大好きな彼がみてるよ!

妻が、もう、いい、ゆるして、
御願い、御願いよ。

私は男の写真をとり、なわをほどきました。

男に念書を書かせました。

私に文句がありそうだったんで、
私も犯罪者だ、ただ、
きみが頼んだチンピラはわたしの友人だ

わ、わかりました。すいませんでした。

いっておくけど、私もやけになっている。

今度妻に関わったら
君の妻に同じことをする。

きみのかわいい娘の前で、
男はわ、わ、わかりました。

男は服をとり逃げ出すようにでていきました。

チンピラには友人はいません。

はったりでした。

妻にさ、どうする?離婚する。

もう、ショーは終わりだ。

ただ、エンドにするためには、
いろいろしないと、といいかけると、

妻がやり直せない?

おい!俺は辞表をだした。

無職だよ、

ま、一人で楽に暮らすよ!

と告げると
妻は泣き出していました。

何故かわたしの逸物は元気になっていました。

妻を抱き上げbedで体の隅々まで愛撫しました。

以前ならさしてはくれません。

豊満な乳房はわたしの愛撫で乳首が勃起し、
わたしが叩いた事でわたしの手形がついていました。

わたしが、蕾を丁寧に愛撫すると、
う、う、は、いや、はず、となにか痙攣しました。

アナルを舐めた時、
そこは違うの?だめ、いや、やめて!。

私が、わたしが此処は私のものかい?

あそこはけがれたし、妻が、
でも、でも、妻を連れて風呂場へいきました。

間もなく妻の苦悶とも
喜びとも解らない声をきけたのです。

妻はあれから家庭中心の生活に戻っています。

そう見えましたが事実は違っていました。

あの男とメールのやり取りを依然していました。

私はあの男の妻を犯すことにしました。

妻と男の不倫は親が隠すことで
奥さんには秘密になっています。

つまより美人で若く大人しそうな人妻、
だれでも抱きたいものです。

あの男は単身で地方へあれから
赴任して帰って妻と合うらしいのです。

わたしがあの男がいない
平日あの家をたずねました。

初め怪訝そうにしていた奥さんは
妻との関係をひとつひとつはなすと、
動揺が明らかで、わ、わたしはどうしたら。
どうしたら。

私は事実を示します。

事実を公表します。

なんとか?内密に!できませんか?

あなたが、わたしの女でもなりますか?

え!と。

冗談ですよ!といいかけたとき、

それで許してくれますか?

え、本当にいいんですか!

しばらく黙っていると。御願いします。と。

私はその日、あの妻を抱きました。

普段着の服を一枚ずつ脱がして、
下着だけに!はだが綺麗で、わたしは唇を辱しめ、
ぶらを外したら年とはおもえなない綺麗な乳房

濃厚に愛撫して、蕾を愛撫しょうとすると激しく、
シャワーを!と御願いしましたが
構わずなめあげました。

しばらくしていると、いい、いい!
と口で言っていたようにおもいます。

私は生でペニスをふちこみました。

私のは小さいと思いますが
状況が興奮させました。

激しく交わり気がつくと中だしをしていました。

奥さんは、ひ、ひどい!!とないていましたが、
私は、ごめん!といいつつまた、
それに押し込んでいました。

三時間はだきつづけました。

無論ハメ撮りしてエロ動画、エロ画像ものこしました。

今も関係を続けています。

妻と男の関係は終わったと思いますが、
わたしとあの奥さんとの関係は続いています。

これからも裏切られた私の復讐劇は
続いていきます


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する