FC2ブログ
2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

【熟女体験談】炬燵の中で寝ている五十路母を盗撮する中学生の息子

kage

2017/05/29 (Mon)

30歳後半でようやく妊娠し、
ようやく出来た子供。

だからつい甘くなり。
私たち夫婦には
溺愛する一人息子がるんです。

そんな息子も中学生になり。
一方の私は五十路になり、
すっかりおばさんの仲間入り。

そんなある日、息子も冬休みになりました。

それで昼間に二人で
コタツに入りながらテレビ見てました。

私は眠たくなったから炬燵で寝てたら
何か写メを撮る音がして
目が覚めたけど気にしないで
ウトウト目を閉じてました。

それからしばらく写メの音が鳴っていて、
もしかして私が盗撮されている?

と思い急に起きたら
息子が私を撮ってました。

息子はびっくりして携帯を閉じました。

私は息子の携帯を取り上げて
中身を見たら母である私を隠し撮りしたのが
沢山ありました。

スカートから覗くパンツを盗撮したり、
その上私がオナニーしてる時の
ムービーもありました

息子は泣きそうになりながら
ゴメンナサイと謝ってました。

息子に色々と話を聞いてたら
私が色っぽい格好をしてるのが
悪いと言ってきました

まあ確かに普段家の中では
ブラ着けないで大きめのセーターを着てたり
とラフな格好してたし風呂上がりには
バスタオル巻いてウロウロしたりでしたけど

息子と話をしてる間、
息子の股間は大きく膨らんでました。

そんな息子を見てたらいたたまれなくなって、
いつのまにか息子の勃起した
股間に手を伸ばしてました。

そしたら突然息子が
私に抱きついてきてキスをしてきました。

息子は激しく私のセーターを
捲くりあげ胸を揉んできました。

私は

「だ・・駄目よ、駄目」

と拒否ったけど、私が息子の股間に
手を伸ばした事がダメだったと考え
息子のなすがままになりました。

息子は私の胸を揉んだり
乳首を吸ったりしながらチンチンを出して
私のパンツを少しだけ脱がして入れようとしました。

息子はなかなか入らないから焦ってました。

私は息子のチンチンを掴み中へ誘導しました。

なぜか私のマンコは濡れてました

私は息子のチンチンを受け入れました。

息子は激しく腰を振り始め私を突きまくりました。

私は息子に必ず外に出してとお願いしました。

それからすぐにチンチンを抜き
私のお腹に精液を出しました。

私はその精子をティッシュで拭き
息子のチンチンも拭いてあげました。

息子のチンチンは元気なままで
私はチンチンを丁寧にフェラチオしながら、

「今私は息子のチンチンを
フェラしてるんだ」

と背徳感とか考えてたら
私のまんこがまた濡れてきてました。

息子はそのまま私の口の中に出しました。

私は息子の精子を飲み干しました。

息子は私にパイズリをして欲しいと
お願いしてきたのでパイズリしながらフェラしました。

息子はとても気持ちよさそうにしてました。

息子はまたイってしまい
二度目の口内射精。

さすがに三回目は精子は薄かったです。

息子は三回もイッタけど、
チンチンはまだまだ元気で反り返ってました。

息子は「まだHしたい」と言ってきました。

母である私も息子の射精を
体内で受け止めるのが嬉しくしくて
つい

「良いよ」

と。

息子は私を四つん這いにさせ
マンコにチンチンをゆっくり入れました。

そして息子は激しく突いてきました。

私は気持ち良くなって喘ぎ声を
出してお尻を高く突き出してました。

息子は

「お母さん感じてるの?気持ち良いの?」

と言いました。

私は

「凄い気持ち良いよー!」

と答えました。

息子は疲れてきたのかゆっくりと
腰を振ってましたから私は
息子に下になるように言いました。

それから体位を騎乗位にしました。

私はアソコを絞めながら
腰を上下に動かしました。

息子は下から胸を揉んだりしました。

しばらくして息子が下から激しく突いてきました。

私は息子の動きに合わせ激しく腰を動かしました。

息子はチンチンを抜きイキました。

私は息子に覆いかぶさりグッタリしました。

それから私たちはシャワーを浴び洗いっこしてましたが
息子のチンチンが元気になってしまい
私は壁に手をつきお尻を突き出し
立ちバックで、
息子のチンチンを受け入れ激しく突かれました。

その日は夕方まで息子と
イチャイチャと近親相姦してしまいました。

遅くに生まれた子ですから、
本当に可愛くてしょうがないんです・・・

「お母さんとHしたい」って言われたら
駄目っていうより、嬉しいって思ってしまうんです。

息子のオチンチンが
まんこの中に入ってくる

私の愛する息子のイチモツが・・・

これほど嬉しい事はないんです


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する