FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

【熟女体験談】夫婦交換したら清楚な妻が首輪を付けられ、尻穴にバイブを挿入されマゾに開発されてしまった

kage

2017/05/04 (Thu)

結婚4年目にして、
一戸建てを新築し購入しました。

私達夫婦には、まだ子供がいなく、
そろそろ子供も欲しいかなぁ~と思いつつも
夫婦生活4年目を迎えながら
色あせること無く、
楽しく新婚生活を満喫していました。

そして、新居完成が近づき、
家を見に行くと直ぐ近くにも家が建てられていて、
同じ時期に完成する予定らしい。

「どんな人たちなのか?」

「いい人だったらいいね!」

と妻と話していたのだ。

新しい家に引っ越して数日後、
隣の新居にも住人が引っ越してきた。

ピ~ンポ~ン

と呼び出しに私が顔を出すと、
30歳位の若夫婦が笑顔で、
玄関に立っていました

「今度隣に引っ越してきた野辺と言います。
今後よろしくおねがいします」

「あ~お隣さん!
こちらこそよろしくお願いしますね」

凄く感じのいい夫婦で、
私達も安心した。

お隣さんとは、年も近く何だか
意気が合うと言うか!

直ぐに仲良くなったのだ。

(私30歳、妻27歳
お隣旦那さん31歳、奥さん27歳)

お互い子供も無く、
休日に一緒に買い物に行ったり、
旅行にも行くようになった。

特に男組は、週末飲みに行ったりして、
相談事や趣味の話、
時にはエッチな会話に盛り上がっていた。

そんな話の中で、
お隣のエッチは凄く激しいらしく、
奥さんがドMと聞き驚いた。

お隣の奥さんはムチムチの豊満スタイルで、
胸もお尻も大きく服装も肌の露出も多い為か、
色気ムンムンって感じの派手な感じ。

一方私の妻は、
スレンダーで色白だが、
出る所は出ている!

普段はパンツ姿が多く肌の露出も少ない清楚系。

だからなのか?

隣の人妻がヤケに気になる存在でもあったと同時に、
隣の旦那さんも私の妻が気になると言う。

そんな酒の席で、隣の旦那さんが

「スワッピング興味あります?」

って聞いて来たのだ。

「まぁ、興味ないって言ったら嘘になるけど
無理でしょ」

「そうですか?我が家はイケますよ。
妻はエッチ大好きですから」

「へぇ、家の嫁は、無理かな?」

「もし、奥さんがその気になったら
どうします?」

「まぁ、いいんじゃないですか?」

そんな事無いと思いながら、
その場はそう話した記憶があった。

そんな会話から数か月が過ぎた夏!

お互い休日を合わせ旅行に行く計画を立てていた。

2泊3日の温泉旅行!

時間を掛けて2家族一緒に話会って決めたんです。

旅行当日の朝だった。

お隣さんが中々来ないから迎えに行くと、
何とも険悪な雰囲気!

「どうしました?」

「ちょっと些細な事で喧嘩していました。
遅くなってすいません」

「じゃ、そろそろ行きますか?」

車内の凄く重っ苦しい
雰囲気に私達は困っていた。

途中、休憩し席を変えようと言う事になり私が運転、
助手席に隣の奥さん(美恵)

後部座席に隣の旦那さん(浩さん)と
妻(千里)が座った。

社内の雰囲気も良くなり、
何とか現地旅館に着いたが、
2人の仲は納まらない様子だった。

「すいませんね!気使わせちゃって」

「はぁ、まぁ折角来たんですから
仲直りって事で」

「そうだ!お互い今回の旅行は
夫婦入れ替えってどうですか?」

まさかの美恵さん発言に私達も戸惑った。

「そうだな!そうすれば、
お互い顔を合わせる機会も減るし」

「そ、そんな急に言われても、なぁ」

「そうね!入れ替えって事は、
夜も一緒に寝るのよね?」

「そうですよ!何もしなければいいんだし
奥さん襲いませんから・・・」

「え~でもね」

押し切られる感じで、
少しだけやって見ようって事で、
お互い違う部屋に入る事になったのだ。

部屋に入ると、何だか落ち着かない感じで、
ソワソワしてしまう。

しかし、美恵は違って堂々としているのだ。

女は凄いと思った位だった。

美恵は私が居るにもかかわらず、
浴衣に着替えを始めたのだ。

ムッチリした肌が曝け出され、
あっと言う間に下着姿に

黒いセクシーランジェリー
が私の股間を熱くした。

いいのか?こんなの、浩さんにバレたら

そんな事が頭を過る。

美恵は、そんな私を全く気にする事無く
浴衣姿に変っていた。

「哲哉さんも着替えたら」

そう言われ、私もパンツ一丁の姿になり
浴衣を羽織り始めると、

「結構締まった良い身体なんですね」

と美恵が微笑みかけて来た。

嬉しい気持ちとイケない事をしている
気持ちが交互に湧いてくる。

一方、妻達はどうしているのか?

不安でもあった。

着替えが終わると、隣の部屋に行き男
女に分かれ風呂に行く事にした。

隣の部屋も同じ作りで、
浩さんも妻も着替えが終わっている。

妻の裸姿!浩さんに見られたんだろうか?

気になってしょうがない。

風呂に向かうと、
男湯・女湯・混浴と書いた看板が設置されていて、
その時はお互い別々のお風呂に
向かったのだ。

「どうでした?家の嫁(美恵)
体ムチムチだったでしょ」

「え~、じっくり見てませよ」

「何、焦ってるんですか?
もちろんじっくり見ていたなんて言ってないですよ」

「そ、そうですね
ハハハって家の嫁の裸見たんですか?」

「え~バッチリ見させて貰いましたよ。
綺麗な肌で、毛も薄くって」

「え、えっそんな所まで見たんですか?」

「嘘ですよ!奥さん陰で着替えていました。
私のはバッチリ見せましたけど」

ちょっと安心した気持ちと、
ちょっと見せたって何を?と思っていた。

ふと浩さんを見ると、アソコが大きい!
長さは同じ位だが、太いのだ

そんな訳で、風呂で寛ぎ
夫婦喧嘩の原因など聞いたりして、和んだ感じ。

夕食は、私達の部屋で4人で食べる事になり、
酒も一緒に飲み始めた。

お隣さんの険悪な雰囲気も解消され始め、
話は盛り上がっていた。

酒の席と言えば、エッチな話になり
お互いの夜の営みなどを語る様になっていた。

酒の勢いもあってか、
妻(千里)もエッチな会話に
食い入る様になっていた。

「ようっし!今日はお互い
夫婦入れ替え何だから!
何しても良いよね」

「何言いだすんですか?」

「良いじゃない!
お互い合意だったら・・・大人だし」

「え~それはちょっと・・・なぁ」

妻の顔を見ると、
満更でも無い様子に驚いた。

「じゃ、いいんじゃないっすか?」

そんな訳で、お互い酒が引きがねとなり、
夫婦交換のスワッピングとなったのだ。

まぁ、その時までは妻には
何もないと信じていたんですが

浩さんが妻の手を握ると、
そろそろお互いの部屋に戻ろうか?
と言い出しふら付く妻を抱きかかえる様に
部屋を出て行った。

部屋を片付けようと、
立ち上がると美恵さんが布団に
横になったんだが浴衣がすっかり肌蹴け太腿が
露わになっている。

しかも黒いパンティも見えているんです。

ドキドキしながら、
テーブルを端に寄せ残った酒を
チョビチョビ飲んでいると、

「あ~ズルい!一人で飲み出した」

って美恵さんが近づいて来る。

私の腕を掴んだ彼女を見ると、
胸元も緩み胸が半分露出している。

ブラジャーは付けていない、ノーブラ!

「奥さん駄目ですよ!飲み過ぎ」

って手を取ろうとした瞬間!
滑って身体がヨロけ、彼女の浴衣を掴んで
しまっていた。

浴衣はズルズル下がり、
大きな巨乳が目の前に出てしまっていた。

「エッチね!哲哉さん」

何カップなのか?

凄い大きさだった。

頭が真っ白になり思わず
大きな胸を鷲掴みしていた。

彼女の顔が近づき、
唇を奪われると同時に柔らかく
ネットリした舌が口の中に侵入し始めた。

股間がムクムクと大きくなると、
彼女の手で優しく撫でられた。

彼女を布団に押し倒し、
浴衣を脱がせると体を確かめる様に撫でまわした。

ムチムチした肌が、
何とも言えなく心地よかった。

黒いパンティを脱がせると、
黒い陰毛が露わになる。

多めの毛ボーボーマン毛の中にモリマンが現れる。

使い込んでいるのか?

妻の物より黒ずんでいる。

透明な液が辺りの毛を濡らし輝いていた。

顔を彼女の股間に近づけようとすると
”帯で縛って!”と声が聞えた。

驚いたが、浩さんに聞いて
分かっている事でもあったのだ。

彼女の両手を上に帯で縛り、
胸の辺りも縛ると、
それだけで彼女は喘ぎ声を上げるM女なのだ

彼女のマンコから大量の汁と、
ムンとした女性の匂いが香っていた。

汁を舐めようと舌で割れ目をなぞると、
彼女は体を反り反応してくれた。

彼女を甚振る様に激しく攻めると、
彼女は何度も絶頂を迎えハァハァと息をあらしている。

初めて見る彼女の乱れる姿に興奮し、
私も3度も抜く事になるのだ。

お互い体を味わうと、
風呂に行く事にした。

もちろん混浴だ。

下着は付けさせない状態で、
後ろに手を縛り胸にも帯で
締めている姿で上に浴衣を羽織らせた。

誰かが来れば彼女のエッチな体は見られてしまう

それを彼女は望んだのだ。

小さな旅館!

他の客と言っても、
今日は誰も見かけていない

それでもお互いドキドキしながら露天風呂を目指した。

露店風呂だけあって、
細い通路を歩き長い階段を下りると、
川の畔に温泉が作られていた。

更衣室に着くと、彼女の帯を外し辺りを見渡した。

浴衣が2セットある事から、
誰かが入っている事は
伺えた。

しかも男女だ。

彼女を連れ、
そっと中に入るとけっこう広い!

湯気で数メートル先が見えない。

彼女と一緒に風呂に浸かる。

「誰も見えないね・・・」

「きっと奥に居るんだろ?」

彼女と、他の人を探す様に
ゆっくり風呂を移動した。

人気が無い?

「誰も居ないんじゃない?」

その時だった。声が聞こえる

何処だ?

激しく喘ぐ声!

「随分、凄いプレーしてるのかな?こんな所で・・・」

「そうね!私達も・・・もう一回逝く?」

彼女が俺の股間を弄る。

ニョキニョキと大きくなる
俺のチンポを彼女は優しく撫でる。

見えない女性だが、
何とも言えない喘ぎ方が気になると同時に、
聞いたことがある声だった。

湯気の隙間に、
川に降りる事が出来る階段を見つけた。

そこから降りたんだ

下を覗くと、
男と女が絡み合っていたのだ。

うす月明かりに照らされた男女は
妻(千里)と浩さんだった。

後ろから激しく突かれる妻は
両手に手錠を食められ、身体を荒縄で縛られていた。

驚いた!妻が、そんな事をしているとは

そんな私を我が物にしようと美恵が
私のチンポを咥え激しく吸い付く。

彼女に連れられる様に、
私は風呂の奥に進んだ!

湯気で見えない中、
妻と浩さんが上がって来るのは分かった。

脱衣場に向かった2人が
風呂からは丸見えだった。

首輪も付けられ、身体には荒縄
マンコにバイブを入れられると
浴衣を羽織らせられる。

そんな姿で、妻は長い
階段を浩さんと昇って行った。

美恵に吸われた俺の股間も限界が来て、
彼女の口の中に放出した。

浴衣を羽織ると、彼女と一緒に長い階段を昇って行く。

そんな中、上から初老男性2人が
目を丸くして降りてきた。

「何だ!さっきの、
凄い事になってたな?」

「本当驚いたよ!美女があんな
エッチな事してるんだから堪らんなぁ!」

妻達と分かり、
私は急ぎ足になっていた。

ゲームコーナーの明かりが灯っいて、
中に人気が

浩さんは妻を縛った状態で
馬に跨らせゲームをさせていた。

妻もハァハァしながら、ゲームをしている。

俺に気づいた妻が”ハッ”とした表情で、
縛られた身体を隠そうとしていた。

「貴方!見ないで・・・」

「哲哉さん!驚いたでしょ
奥さんもドMでしたよ」

「前からそうだと思って居たんです。
かなりのM女だって」

「浩さん、そんな、
そこまでするなんて・・・」

「美恵にもしていいんですよ!美恵脱いだら」

美恵もその場で浴衣を脱ぎ、
妻の元に並んだ。

どっちも良い女だよね!

縄が良く似合う。

そんな美恵さんにも浩さんは縄で縛り、
千里以上に締め付けると
道具をマンコとアナルに押し込んだ。

そんな姿で、彼女たちはゲームをさせられ
興奮している様子だった。

もちろん私も妻の姿に異常な興奮を覚えた。

彼女たちは、さっきのおじさん達にも
そんな姿を曝け出し、
ジッと見られ続けたんです。

その後、私達2組の夫婦は
入れ替わりお互いの身体を
堪能し朝を迎えたんです。

その日から、お互い夫婦交換の日が
設けられお互いの家で
秘密のスワッピングパーテイをしてします。

妻も調教され、完全にドMの変態女になってしまい
当分子作りSEXよりも、
アブノーマルな夫婦の営みに
熱中してしまっていますw


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: