FC2ブログ
2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

【熟女体験談】男二人と女一人の逆ハーレムで、新妻が松葉崩しでイカされた

kage

2017/04/06 (Thu)

私は25歳の新婚ホヤホヤの新妻。

それなのにナンパされて
ワンナイトラブを経験してしまうんて。

その上、なんとと4Pの乱交で
生挿入で中だしされてしまい
新婚当初から夫を裏切ってしまいました。

結婚式、ハネムーン旅行も無事に終わり、
ひさしぶりの女子校時代の友達と飲みに行って
店の客の男の子にナンパされてしまって
ついていってしまったんです。

「おもしろいカラオケが有るから行こう」

と誘われて、行った先はラブホ

友達と二人だから、
いいやと調子に乗ってしまったんです。

カラオケ唄ったり、
エッチなビデオ見たりしているうちに、

「みんなで、お風呂に入ろう」

ということになって

友達の麗子が男の子の
おちんちんを洗いはじめて
射精するとこ見たら変な気分になって

それまでは主人とは、
4年つき合って結婚、浮気なんて
一度もしたことなかったし、
男の人を2人しか知らなかった

お風呂場の中で体中を舐められて、
「もうどうにでもして!」って感じになった。

麗子は早くも、ベッドの上で
おちんちんを入れられて、
悶え狂っていた。

心の中で「あなた、ごめんなさい」を
何度も繰り返しながら、
私は他の人のおちんちんを受け入れてしまった。

いけない、いけない、もう人妻なのに・・・

と思いながら受け入れるおちんちんが、
こんなに気持ちいいとは知らなかった。

「コンドーム付けて」

と何度も言ったのに、
私は彼に生の精液を放出されてしまった。

私の中でぬるぬると動く
精液の感触を味わいながら、
主人にばれたらどうしよう、
と考えると、ぶるぶる震えがきた。

風呂から出ると、ベッドの上では
シーツをつかんで麗子が悶絶しながら狂っていた。

男の子は2回目なので
なかなか射精しないみたいだ。

「私も、あんな風に乱れてみたい」

と思ったら、またしたくなってきた。

麗子達の腰の動きが、
だんだん早くなってきて、
麗子が悲鳴をあげながら、
男の子にしがみつき、腰をくねくねさせ、

「いくーいくー」

と叫んだ。

男の子は眉間にしわを寄せ、

「だすよ! だすよ」

と言いながら股を大きく広げ
おちんちんを奥まで入れた。

射精の瞬間を見てしまった。

私は興奮のあまり、
いつのまにかクリトリスを手でこすっていた。

もう一人の男の子が後ろから抱きついてきて、
堅くなったおちんちんを私の股にすべりこませた。

「すごく濡れてるね」

恥ずかしくて、腰を動かしたが、
がっしりつかまれ、そのまま、
ベッドに倒された。

うつ伏せバックの体位で
おちんちんを入れられ松葉崩しに。

私は全身がしびれ、枕に顔をうずめて、
大声をあげて悶えてしまった。

主人とのエッチでも、ここまで大胆になれたことはないのに、
麗子のエッチを見て何かがふっきれた。

麗子のパートナーが私の顔の下に腰を入れ、
フェラをせがんできた。

私は麗子の愛液にまみれた、
おちんちんをくわえさせられた。

私の中でおちんちんがあばれまわっているのに、
口ではもうひとつのおちんちんをなめ回し

主人に内緒で
こんないい気持ちになるなんて

頭のなかから、主人が消えていく

麗子の愛液を全てなめつくしたころ、
口の中でもうひとつの
おちんちんが勃起してきた。

「わたしもして、いれて」

と麗子が私に入っている
おちんちんを求め始めた。

「麗子、もう少しまって
すごくいいの、気持ちいい」

私はよくばってしまった。

そういいながら、
私の中でふたたび男の子がいった。

嫌いなはずの精液のにおいが、
とてもいやらしく、いとおしく鼻にぬけた。

私の中に発射した
おちんちんも丁寧になめてあげた。

麗子に、主人に電話をかけてもらい、

「酔いつぶれて寝たから
麗子のとこに泊める」

と言ってもらった。

「人妻だとわかったら
なおさら燃えるなー」

と男の子二人は、
朝までエッチしようと言いだした。

若い子はすごい。

その夜、私と麗子は代わる代わる
男二人、女一人の逆ハーレム3Pを楽しみ、
私はあふれるほど、
二人の精液を注ぎ込まれた。

私は二人のおちんちんの感触を
体中に感じたまま、翌朝家に帰った。

眠りについて起きたら夕方だった。

急いで夕飯の支度をしていたら、
主人が帰ってきた。

台所に立つ私の耳や腰にタッチしながら、
主人は今夜のエッチをせがんでいる。

もし、あそこをなめられたら、
昨日の出来事がすべてばれる

そう思いながらも、
私は主人が欲しくなってきている

でも鈍感な夫は気付かず、
その夜、「いつもより激しいね」って
嬉しそうに夜の営みに励んでいました


関連記事
おすすめ記事

コメントフォーム

kage


Comment: